乗り継ぎ時間も楽しもう!トランジットの基本知識からおすすめの空港まで

画像出典:www.istockphoto.com

トランジットとは、飛行機を乗り継ぎで経由地の空港に立ち寄ることを指します。寄港地の滞在時間が24時間以内だとトランジット、それを超えるとストップオーバーと呼ばれます。トランジットは一時的な立ち寄りであるのに対し、ストップオーバーは途中降機と見なされ、航空券によっては割引に制限がかかったり、追加料金が課されたりすることも。格安航空券などでは、とくにトランジットが多くなります。行先によってはかなりの待ち時間になるので、トランジットでいかに過ごすかは重要なポイントの1つです。最近では、逆にトランジットの時間を有効に使えるプランやお店も増えています。そこで今回は、トランジットの基礎の耳より情報までたっぷりお届けしましょう。

[x] 閉じる

乗り継ぎ時間も楽しもう!トランジットの基本知識からおすすめの空港まで:目次

トランジットでの荷物や航空券の扱い

◆乗り継ぎ便と経由便

トランジットには、飛行機を乗り換える場合と乗り換えない場合があります。後者のものは経由便と呼ばれ、長いフライトで補給が必要だったり、島々を巡るアイランドホッピングを行ったりする便にみられます。経由便では乗客は機内で待機するか、空港内のトランジットエリアで過ごすことになります。飛行機は変わらないので、荷物や搭乗券について心配する必要はありません。

◆乗り継ぎ用の航空券はどうすればいい?

飛行機を乗り換えるケースは注意を要します。同じ航空会社の飛行機を乗り継ぐのであれば、1枚の航空券で足りることもあります。ですが、基本的に搭乗券はフライトごとに必要なものなので、最初の出発空港で複数枚のチケットを受け取ることになります。航空会社によっては乗り換え便の航空券は乗り継ぎ空港で発券されることもあるので、チェックインカウンターで確認しましょう。

ただし、最近はオンラインチェックインが普及しているので、乗り継ぎ先のチケットを端末上で事前に発行することも可能になっています。あらかじめスマホなどにダウンロードしておいて、念のためにチェックインカンターで紙の搭乗券を入手しておくのが万全でしょう。

◆荷物は預けなおさないといけない?

もう1つ心配なのが荷物の行方ですよね。預けた荷物を目的地まで運んでもらえるのか、あるいはトランジットの空港でいったん受け取らなければならないのかはケースバイケースです。たとえば、トランジットの間に荷物を預かってもらえる(チェックスルーできる)時間は、空港ごとに異なっています。チェックスルーの条件をオーバーする場合は、滞在時間がそれほど長くない場合でも、一度荷物を受け取って預けなおさなければなりません。

また、日本やアメリカなどいくつかの国では、国際線で入国して国内線に乗り継ぐ場合に税関検査が必要です。そのため、到着した空港で荷物を受け取り、税関検査の後で再度預けなおすことになります。

とはいえ荷物も電子的に管理されている今日では、基本的に乗り継ぎでも荷物は最終目的地まで運んでくれることがほとんどです。ただ上述のケースのほか、航空会社や経由国によって扱いが異なるので、必ず出発前にカウンターで確認するようにしましょう。

トランジットの間どう過ごす?

出典: www.istockphoto.com

◆空港内で過ごす

たいていの場合、乗り継ぎの待機時間はトランジットエリアで過ごすことになります。トランジットエリアとは、一般には搭乗手続きと保安検査を経た後に通される空港内のフロアを指します。

乗り継ぎの空港に到着したら、まずは「Transfer」または「Connection Flights」と書かれた乗り継ぎ口に向かいましょう。入国はしないので、人の流れにつられて「Passport Control(入国審査)」へ行ってしまわないよう気を付けてください。

トランジットエリアは普通の待合エリアと同一です。空港のフロアでショッピングや食事などを楽しみながら待ちましょう。空港によっては、ゲームコーナーや仮眠のとれる休憩施設、マッサージフロアなどの娯楽施設もあります。条件を満たしていれば、ラウンジの利用ももちろん可能です。

ただし、乗り遅れには十分注意してください。買い物に夢中になり過ぎたり、うっかり飲み過ぎてしまったり、あるいは広い空港では迷ってしまうことも考えられます。時間には余裕をもって、チェックインなどが必要なときにはあらかじめ手続きを済ませておくようにしましょう。

◆入国して観光する

トランジットの待機時間がかなり長くなる場合は、空港を出て経由国を観光することもできます。方法は普通にその空港で降りる人と同じで、入国審査を受けるだけです。ただし、短期の入国でもビザが必要な国では、もちろんビザを取得しなければなりません。その場で発行してもらえる国もありますが、そうでなければ事前に日本で取得しておかなければならないので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

また、預け荷物は最終目的地まで受け取り不要なことが多く、その場合は手荷物だけで空港外へ繰り出すことになります。入国するかどうかにかかわらず、トランジットがあるときは持ち込み荷物だけで出歩けるように持ち物の配分を調整しておくことをおすすめします。

トランジットで空港外に出るかどうかの判断は、待ち時間の長さだけでなく、交通機関の利便性や市街地までの距離などさまざまなファクターを加味して考えなければなりません。空港に戻ってきたら、また出国審査や手荷物検査も受けることになります。これだけの乗り継ぎ時間があれば大丈夫!という基準はありませんが、トランジットでの観光には最低でも4、5時間は余裕がないと難しいでしょう。

トランジットでおすすめの空港

国際便のハブ空港として多くのトランジット客が利用するような空港では、そこを拠点とする航空会社がトランジットツアーを催していることがあります。

たいていは送迎も付いていて、トランジットという限られた時間で満喫できるようしっかりとプランが練られています。トランジットツアーのために、わざわざ乗り継ぎ時間を長めにとる人も少なくありません。以下に、トランジットツアーで人気の空港をご紹介します。

◆ドバイ国際空港とアブダビ国際空港

出典: www.istockphoto.com

ドバイとアブダビはどちらもアラブ首長国連邦の都市ですが、お互いに100kmほどしか離れていません。ドバイはエミレーツ航空、アブダビはエティハド航空の拠点となっていて、両社は世界中の多くの都市を結んでいることで知られています。

▶ ドバイ国際空港の便利情報!
▶ アブダビ国際空港の便利情報!

トランジットツアーはエミレーツ航空がとくに積極的に運営していて、ドバイやアブダビの市内観光はもちろんのこと、砂漠をラクダや4WDで巡るデザートサファリやダウ船でのディナークルーズも人気です。

トランジット客向けなので、朝から午前中だけ、あるいはディナータイムのみなどさまざまな時間帯のツアーが用意されているのも特徴。朝食や昼食を豪華な高級ホテルでとることもできますよ。観光目的であればトランジットでビザが不要なのも人気の理由です。

◆イスタンブール空港

出典: Naruto_Japan / PIXTA(ピクスタ)

トルコのイスタンブールも、世界的なハブ空港として知られています。とくに日本からは、ヨーロッパやオリエント方面への乗り継ぎで利用する機会の多い空港です。

▶ イスタンブール行きの最安値を比較

イスタンブール空港を拠点とするターキッシュ エアラインズ(トルコ航空)は、2018年時点で世界最大の就航国数を誇っています。トルコ航空ではイスタンブールでのトランジット客向けに、なんと無料のトランジットツアーを連日催行しているんですよ!2019年4月にそれまでのアタテュルク国際空港からイスタンブール(新)空港への全面移転が完了しましたが、その後も無料トランジットツアーは維持されています。参加条件は、ターキッシュ エアラインズの利用者で待ち時間が6時間以上24時間以内であること。予約も必要なく、到着ロビーのホテル・デスクで申し込みをします。

行く先はその日その日の条件によって変わりますが、効率的にイスタンブールを巡ることができます。各観光施設の入場料も無料!ターキッシュ エアラインズが負担してくれるので、本当に飲食とお土産以外はタダで観光できてしまいます。

ツアーの時間は、2019年現在で8:00~11:30、8:30~15:00、8:30~18:00、12:00~18:00、16:00~21:30、18:00~23:00の6通り。参加を希望する人は、この時間帯に収まるようにトランジットの時間を調整しましょう。

◆シンガポール・チャンギ国際空港

出典: boule / PIXTA(ピクスタ)

空港に限らず、物流や金融などさまざまな面でアジアのハブとなっているシンガポール。チャンギ国際空港では、5時間半以上の待ち時間があれば、シンガポール航空とシンガポール政府、そして空港が共同企画するトランジットツアーに参加できます。

▶ シンガポール・チャンギ国際空港の便利情報!

所要時間は約2時間半で、シンガポール市内の観光名所をしっかり見て周ることができますよ。こちらはシンガポール到着の72時間前までに予約が必要です。参加できるのはシンガポール航空またはシルクエアーの利用客ですが、細かい条件があるうえに人気が高く定員オーバーになりやすいので、できるだけ早めに問い合わせた方が良いでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ハウツーでおすすめの記事

ハウツーのアクセスランキング