東京駅にきたら周辺も観光しちゃおう!丸の内のスポットまとめ13選

画像出典:鶴野紘之

東京駅にきたら周辺も観光しちゃおう!丸の内のスポットまとめ13選

東京駅に降り立ったら、おしゃれなレストランやカフェが集まる丸の内へ足を延ばして観光してみませんか?東京駅は規模が大きく、毎日たくさんの人々が行き交うターミナル駅。丸の内は日本の金融・経済の中心として、ビジネス街でありながら大人のデートスポットとしても人気を博しているエリアです。今回は目まぐるしく変化する丸の内の人気観光スポットからグルメまで、魅力をたっぷりお伝えします!

目次

東京駅にきたら周辺も観光しちゃおう!丸の内のスポットまとめ13選

目次を閉じる

1. 東京駅赤レンガ駅舎

日本を代表する駅として多くの人々が降り立つ「東京駅」。東京駅の丸の内南口改札、丸の内北口改札を出て振り向くと、赤いレンガ造りのレトロで重厚感のある「東京駅赤レンガ駅舎」を間近で見ることができます。毎日見れる夜のライトアップはうっとりしてしまうほど美しいです。

出典: voyata / PIXTA(ピクスタ)

そして素晴らしい外観だけではなく、内側も通り過ぎないようにしましょう。天井を見上げると、八角形ドームに8つの干支のレリーフが装飾されているので、ぜひその目で確認してみてください。

また、2012年の駅舎のリニューアルと同時にオープンした「東京ステーションホテル」も要チェック。丸の内側の駅舎内にあるホテルで、東京駅直結なところはもちろん、窓から皇居が見渡せるお部屋もあるんですよ。観光には絶好の立地と豪華な内装になっているのが魅力です。

2. JPタワー

丸の内にそびえ立つ40階建ての超高層ビルの「JPタワー」。ショップやレストラン、観光インフォメーションセンターも入ったおすすめのスポットです。東京駅丸の内南口を出たすぐのところにあるので、アクセスもしやすいでしょう。

♦KITTE

出典: t.sakai / PIXTA(ピクスタ)

日本郵便が手がける人気の商業施設「KITTE(キッテ)」。JPタワーの地下1階から6階にあたる部分がKITTEです。ビルの中へ入ると5階まで吹き抜けになっていて、開放的で明るい空間が出迎えてくれます。カフェやレストランはもちろん、ファッションや雑貨などのショップもあるので、観光客だけではなく仕事終わりのOLさんも気軽に立ち寄っていますよ。

お腹が空いた方は地下階にも足を運んでみましょう。全国各地の選りすぐりの美味しいものが集まるフロアが地下階にあっています。お弁当からスイーツまで、普段買えないものに出会えるでしょう。

出典: 有坂 / PIXTA(ピクスタ)

おすすめは6階にある屋上庭園・キッテガーデン。芝生の緑と遊歩道のウッドデッキがあり、都会の中の憩いの場になっています。そして、ここは東京駅の赤レンガ駅舎や皇居、丸の内の高層ビルなどが見渡せる穴場のビュースポットでもあるんですよ。ライトアップされた東京駅はとてもロマンチック!観光だけではなく、デートスポットとしても人気です。KITTEに訪れたらぜひ、屋上に立ち寄ってみてくださいね。

♦東京中央郵便局

出典: commons.wikimedia.org

JPタワーの1階にある「東京中央郵便局」。JPタワーを背景に、歴史ある建物とのコントラストがフォトジニックです。中へ入ると街の郵便局と大きく変わりませんが、グッズや記念切手などが豊富にあり、観光の記念のお土産が見つかるかもしれません。また、休日も郵便窓口が開いているので、観光の合間にお土産や荷物を送る際にはとても重宝されています。

3. 三菱一号館美術館

出典: Satomin / PIXTA(ピクスタ)

「三菱一号館美術館」は、丸の内に建てられた初のオフィスビル・三菱一号館を美術館として復元した人気の観光スポット。場所は東京駅と有楽町駅の中間辺りにあって、どちらの駅でもアクセスすることが可能です。周辺が高層ビルで囲まれた中にあるため、赤レンガの目立つレトロな外観がひときわ目立つでしょう。

この建物が出来た19世紀末の作品を中心に鑑賞することができ、時期によっては様々な展覧会も開催されています。趣のある館内と作品を同時に楽しめますよ。また、銀行営業室だった部屋を見事に改装して出来た、天井の高い「cafe 1894」も必見。ランチからスイーツ、夜はお酒も飲める人気のカフェ&バーです。特にカフェタイムは混んでいるので、前もって予約することをおすすめします。

4. 丸の内ブリックスクエア

オフィスビルが立ち並ぶ丸の内に、オシャレなショップやカフェがたくさん入っている「丸の内ブリックスクエア」。おすすめは中央にある中庭です。赤いレンガの建物ときれいに手入れされた緑が、まるでヨーロッパにいるような気持ちにさせてくれるでしょう。お昼になるとこの中庭で食事をする人や読書をしたりなど、憩いの場として親しまれています。

また、この中庭を囲むようにおしゃれなカフェがあり、テラス席は常に人気です。たくさんのショップやレストランが入っていますが、中でもフランスの高級バターを使ったお菓子とパンのお店「エシレ・メゾン デュ ブール」が大好評。並ばないと買えないほどの人気のお菓子もあるそうです。訪れた際には一度味わってみたいですね。

5. 丸の内イルミネーション

出典: tk219 / PIXTA(ピクスタ)

表参道や六本木と並び、東京のクリスマスシーズンを盛り上げてくれる「丸の内のイルミネーション」。丸の内仲通りの街路樹がライトアップされた光景は、一度見たことある方も多いのではないでしょうか。有楽町から大手町まで一直線に続く仲通りのイルミネーションは、大人な街にふさわしいシャンパンゴールドのライトアップがデートにもぴったりです。

出典: momo / PIXTA(ピクスタ)

他にも東京駅から皇居に伸びる行幸通り(ぎょうこうどおり)のイルミネーション「東京ミチテラス」や、KITTEの白いクリスマスツリーも素敵ですよ。まだ見たことない方はぜひ、今年のイルミネーションは丸の内でクリスマス気分を満喫しましょう。なお、クリスマスイブ・当日は交通規制がかかるほど混雑するため、注意が必要になります。

6. GRANSTA MARUNOUCHI

「GRANSTA MARUNOUCHI(グランスタ丸の内)」は、隣接する改札内にある商業施設「GRANSTA」が改札外まで伸び、東京駅の地下階を賑わせています。より充実したのが、様々なテーマのコスメショップ!人気のコスメ商品から、外国人観光客にも喜ばれそうな日本の和のコスメブランドまで豊富に揃っています。ショップもいくつかあるので、何店舗か巡ってみるのもいいでしょう。

また、グランスタ限定のお土産も販売し、パッケージに丸の内駅舎が描かれたクリームや、「TOKYO」の文字が施されたタオルなど、魅力的な品ばかりです。観光のお土産にじっくり選んでみてください。もちろんグルメも充実していますよ。とんかつまい泉の「東京丸の内駅舎 三階建弁当」や江戸前寿司の人気店・築地竹若の「上にぎり」など、東京駅限定の美味しいお弁当も外せません。

7. 大丸東京店

出典: Renoir / PIXTA(ピクスタ)

老舗百貨店「大丸東京店」は、東京駅八重洲口に直結する「グラントウキョウ ノースタワー」の中に入っています。老舗ですが、常に新しい商品を提供し続けている人気ショッピングスポットです。館内でも特に混雑しているフロアは、大丸の食品街「ほっぺタウン」。1階は美味しいスイーツが悩んでしまうほど並んでいて、帰省する人や観光のお土産を買う人で常にごった返しています。

また、地下へ行くと食欲をそそられる美味しそうな匂いが。駅ナカでお弁当を買うこともできますが、ここでしか買えないお弁当を持って新幹線で食べるのも一つの楽しみですね。もちろん観光客だけではなく、東京周辺に住んでいる方にも、お弁当や夕飯の惣菜もたくさん種類があるのでおすすめですよ。

8. 丸の内仲通り

「丸の内仲通り」は丸の内エリアを代表する観光スポットです。通りに入ると、一気におしゃれな雰囲気が漂います。石畳の道路にある緑の街路樹は、まるで異国にいるかのような感覚になるでしょう。通り沿いにはレストランや高級ショップが建ち並んでいて、ウィンドウショッピングや、テラスでランチやカフェを楽しむ人々で賑わっていますよ。東京駅から有楽町方面へも歩いていけるので、丸の内仲通りを散策しながら観光してみましょう。

9. 丸の内ビルディング

出典: Shells / PIXTA(ピクスタ)

通称「丸ビル」で親しまれている「丸の内ビルディング」は、東京駅と直結するビルです。おしゃれな丸の内OLに人気のファッションから雑貨、カフェやレストランまでたくさんのショップが入っています。35・36階フロアにあるレストランからは、丸の内の高層ビル群が見渡せるお店もありますよ。特に夜景がきれいなので、大人のデートスポットとしてもおすすめです。丸の内を見下ろしながらの食事は、観光の合間に優雅な時間を過ごせそうですね。

10. 新丸の内ビルディング

出典: YMZK-Photo / PIXTA(ピクスタ)

丸ビルと地下の連絡口で繋がっている「新丸の内ビルディング」。通称「新丸ビル」も丸ビルと同様に、オシャレなショップがたくさん入っています。観光に訪れた際のショッピングにもおすすめです。7階の「丸の内ハウス」と名付けられているフロアには、オフィスビルに囲まれていながら、緑いっぱいのテラスがあります。7階フロアでテイクアウトしたものなら、このテラスで食事ができるので観光の合間に休憩してもアリですよ。

11. 東京ステーションギャラリー

出典: hallucion7 / PIXTA(ピクスタ)

東京駅の赤レンガ駅舎内に美術館があることを知っていますか?丸の内北口の改札を出た前のところにあるこの美術館には、古くからある赤レンガやシャンデリアが残され、東京駅の歴史に浸れることができます。モットーが「小さくとも本格的な美術館」とされているため、観光で訪れた際には名品に出会えるかもしれませんね。入館者しか入れない貴重なミュージアムショップもあるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

12. 東京駅一番街

東京駅の八重洲口に直結する「東京一番街」。迷ってしまうほどのショップやレストランが立ち並び、常に多くの観光客で賑わっています。その中でも特に人気のあるスポットをピックアップしました。

♦ラーメンストリート

出典: Richard, enjoy my life!

地下1階にある「ラーメンストリート」は、東京で有名な8店のラーメン屋の味を楽しめるグルメスポットです。東京で勝ち抜いたラーメン店が集結しているため、どこに行こうか迷ってしまいます。観光のランチとしてはもちろん、朝から夜までオープンしているお店もあるので、朝ラーメンや夜のシメに一杯を人気店の味でご賞味ください。

つけ麺を食べたなら「六厘舎」がおすすめ。大崎の住宅地であまりの行列のため、惜しまれながら移転した名店です。濃厚な魚介豚骨の出汁がファンの間で人気を呼んでいます。塩ラーメンなら「ひるがお」でしょう。世田谷区の環七通り沿いにある塩ラーメン専門店で、あっさりめの塩味でありながら味わい深く人気の逸品です。他にも味噌ラーメン専門店やとんこつラーメンの名店など様々な味が楽しめますよ。

♦東京おかしランド

「東京おかしランド」は、日本のお菓子メーカーを代表する「カルビー」「江崎グリコ」「森永製菓」の3社のショップが一度に楽しめる観光スポットです。ガラス超しにお菓子を作る様子が見れ、子供たちが真剣に囲んでいる姿も。ここでしか買えないお菓子や限定商品があるので、観光のお土産としても喜ばれる品が盛りだくさん!

グリコからは、通常は名の通りコロンとした丸っこいお菓子の「コロン」が、ここではカットされていない長いバージョンの「コロンの棒」として提供しています。カルビーからは、今や定番のお菓子とも言える「じゃがりこ」の「ポてりこ」が登場。温かくホクホクする食感がたまりません。また、地域限定のじゃがりこもありますよ。

森永からは、可愛い名で親しまれている「キョロちゃん」の刻印がされたスポンジケーキや、「ダースのフォンダンショコラ」など大人にも嬉しいお菓子まで揃っています。お土産だけではなく、つい自分へのお土産にも買いたくなってしまいそうなほど、普段なかなか見掛けないお菓子に出会えますよ。

♦東京キャラターストリート

「東京キャラクターストリート」は東京おかしランドと同様に、子供たちに人気のエリアです。キティちゃんやウルトラマン、リラックマやミッフィー、プリキュアやスヌーピーなど。他にもここで紹介しきれないほど人気のキャラクターが集結! トミカやプラレールのショップも人気で、東京駅限定のグッズもゲットできますよ。

さらに、楽しめるのは子供たちやそのキャラクターのファンだけではありません。各テレビ局や松竹歌舞伎本舗からもオリジナルグッズを販売しています。各テレビ局で放送しているドラマの関連商品や江戸の雰囲気を感じられるものもあるので、大人も楽しめるでしょう。観光の記念にお気に入りのグッズを見つけてみてくださいね。

♦TOKYO Me+

お土産を買うなら「TOKYO Me+(トウキョウミタス)」がおすすめです。カステラの名店「文明堂 東京」の定番土産をはじめ、卵黄を使わないロールケーキが人気のスイーツ店「 ARINCO TOKYO STATION(アリンコ トウキョウ ステーション)」、ラスクの名店「東京ラスク」など魅惑のスイーツが目白押し!

そして、「浅草今半」や「人形町志乃多寿司總本店」などと言ったお菓子以外のお土産もゲットできますよ。ここでしか買えない限定品もあるので、観光の合間にぜひお気に入りを見つけに行ってみてくださいね。

13. 銀の鈴

日本で広さ、路線とも規模の大きい東京駅。待ち合わせするとしたら、どこで待ち合わせますか? 「八重洲口出たところで待ち合わせよう! 」といざ着いてみると、「八重洲北口、八重洲中央口、といったいどこに行けば…」という経験がある方も多いのではないでしょうか。東京駅の改札は大きく八重洲と丸の内に分かれていて、さらに北・中央・南とそれぞれ分かれています。さらに1階と地下1階があるので複雑なんです。

そこで東京駅で有名な待ち合わせスポットは「銀の鈴待ち合わせ場所」です。多くの人が待ち合わせ場所として利用されています。場所は八重洲中央口の地下。現在は4代目の銀の鈴で、近くで見ると大きいですよ。周辺にはベンチなど、休憩ができる広場になっているので利用しやすいです。

◎ まとめ

東京駅から徒歩圏内でアクセスできる丸の内は、オフィス街だけではありません。丸の内仲通りのテラスでランチやカフェを楽しんで、夕方は周辺のスポットでショッピング、夜はきれいにライトアップされた東京駅を眺めながら食事を堪能すると言うおしゃれな観光プランが実現可能です。そして東京駅には魅力的なお土産やお弁当はもちろん、東京駅を中心にホテルも充実しています。ますます外国人観光客も増える東京。どんどん進化する丸の内を、その目で確かめにぜひ観光してみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

丸の内でおすすめの記事

丸の内のアクセスランキング