岡山県のおすすめ観光スポット40選!定番から穴場まで満喫プランをご紹介

画像出典:y32keiji / PIXTA(ピクスタ)

南は瀬戸内海、北は中国山地に接し、変化に富んだ観光が楽しめる岡山県。倉敷美観地区や日本三名園の1つ後楽園、全国に12か所しかない現存天守を有する備中松山城などの名所があり、さらには桃太郎伝説ゆかりの観光スポットも点在しています。また「晴れの国おかやま」というキャッチフレーズのとおり、温暖で肥沃な岡山県はグルメ大国でもあるんですよ。穏やかな気候に恵まれた岡山県は子供連れの家族旅行やデート、さらには女子旅にもベスト!今回は、そんな岡山県のおすすめ観光スポットを一挙に40か所ご紹介します!

[x] 閉じる

岡山県のおすすめ観光スポット40選!定番から穴場まで満喫プランをご紹介:目次

1. 倉敷美観地区(倉敷市)

出典: うっちー / PIXTA(ピクスタ)

岡山県を代表する観光スポット「倉敷美観地区」。伝統的建造物群保存地区と伝統美観保存地区の2つのエリアから成り、倉敷川沿いの柳と蔵の白壁、そしてレトロな洋館の街並みが印象的です。また、日本最初の西洋美術館「大原美術館」は必見の観光スポットですよ!エル・グレコの『受胎告知』やアマン=ジャンの『髪』、晩年のモネから直接購入したという『睡蓮』など、近代画家の作品が目白押しです!ほかにもドガやルノワール、セザンヌなどの印象派や、ゴーギャン、ピカソ、ユトリロなどの近代画家まで、お馴染みの巨匠たちの作品が勢ぞろいしていますよ。

▶ 岡山県観光の定番エリア!倉敷美観地区のおすすめスポットを完全網羅!

一方、赤レンガとアイビー(ツタ)がモダンな倉敷アイビースクエアには、ホテルや工房、ショップなどが入っています。倉敷美観地区は岡山市から近いのも利点の1つ。写真を撮ったり、ショッピングしたり、蔵や町屋を利用したカフェでティータイムやランチなど、のんびり過ごせます。また、夜のライトアップされた町並みの観光もロマンチックでおすすめ!1日かけてじっくり巡りたい観光名所です。

2. 後楽園(岡山市)

出典: shimanto / PIXTA(ピクスタ)

金沢の兼六園、水戸の偕楽園と並ぶ日本三名園の1つ、岡山後楽園。江戸時代初期に造営されたいわゆる大名庭園で、岡山を代表する観光地となっています。観光の所要時間は1~2時間ですが、撮影スポットも多く長居してしまうかも。とくに、旭川越しに望む岡山城天守閣や高さ6mの唯心山から眺める沢の池、涼やかな水路の脇に佇む延養亭などは定番の風景です。

▶ 岡山県岡山市のおすすめ観光スポット7選!市内には歴史的名所がたくさん

また、池泉回遊式の広大な園内には茶店や御食事処がいくつもあり、それぞれメニューや景色に特徴があります。お殿様になった気分で、お庭を愛でながらのランチというのも優雅ですね。

夏季には、建物の下を水路が貫流している「流店(りゅうてん)」で、足を水に浸けて休んでみましょう。8月には開園時間を延長した「幻想庭園」が催され、ライトアップされた庭園と遠方に見える岡山城がとてもロマンチック!岡山観光の夜を美しく彩ります。岡山城との間は歩行者専用の橋で結ばれているので、両者セットでじっくり時間をかけて観光してください。

3. 岡山城(岡山市)

出典: 尼崎写真部D班43号仮名 / PIXTA(ピクスタ)

「烏城」と雅称される岡山城は、別名のとおりの美しい黒壁が特徴です。下剋上で戦国大名となった宇喜多直家が築き、江戸時代には池田家31万5千石の居城となりました。現在の天守閣は戦後に外観復元されたものですが、黒いボディと金色の鯱のコントラストが岡山の空によく映えます。

▶ 烏城と呼ばれる黒壁の天守に登ろう!岡山城の観光の見どころを徹底紹介!

岡山城を訪ねたら、天守閣の横にひっそりと佇む月見櫓も忘れずに見ていきましょう。江戸時代初期に建てられた月見櫓は、太平洋戦争の岡山空襲でも焼けずに残った唯一の現存遺構なんですよ!貴重なだけでなく、平和な時代の優美な櫓としても一件の価値ありです。ちなみに、旭川の対岸にある後楽園から眺める天守もきれいなので、ぜひ合わせて観光してみてください。

また本丸の外にも、武家屋敷の長屋門を移築した林原美術館や、旧内山下小学校の校庭に残る西の丸西手櫓など見どころがいっぱい!岡山城は石垣も美しいので、観光の際は随所に残る石積みにも注目してみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

岡山でおすすめの記事

岡山のアクセスランキング