【バングラデシュのお土産】NGOで雑貨や小物を買って社会貢献しよう!

画像出典:en.wikipedia.org

【バングラデシュのお土産】NGOで雑貨や小物を買って社会貢献しよう!

バングラデシュは仕事で訪れる外国人は多くても、観光客はまだ少なくお土産を探すのに苦労するかもしれません。そんな中でおすすめなのがNGOが運営するギフトショップ。貧困解消や生活支援のために、村で作っている布や革製品、雑貨などを販売しています。主に富裕層や外国人向けのショップなのですが、デザインもお洒落でおすすめ。これらの店で買い物を買うことは社会貢献にもつながるので、バングラデシュでお土産を買う際にはぜひ訪れてみてください。

目次

【バングラデシュのお土産】NGOで雑貨や小物を買って社会貢献しよう!

1. Aarongの雑貨

アーロン(Aarong)は、バングラデシュ発祥の「BRAC」というNGOが運営するギフトショップ。ビビットなオレンジのショップ袋を持って歩くことは、一種のステータスにもなっているとか。ダッカに数店舗あるほか、チッタゴン、シレット、クルナなどにも店舗があります。品揃えがいちばん豊富なのはラルマティアにあるアーロン。タクシーに乗っても「ラルマティア・アーロン」で通じるそうです。

サリーやサロワカミューズなどの衣服やバッグ、靴などのほかキャンドルや素焼きの置物とお土産なら何でも揃います。木の温もりが優しいコースター、ベンガル語の絵本、伝統刺繍「ノクシカタ」で彩られた小物入れなど、どれをとってもかわいく素敵なデザインばかり。バングラデシュを観光やビジネスで訪れた際に、はぜひお立ち寄りくださいね。

2.シャプラニールの伝統刺繍ノクシカタ

ノクシカタはベンガル地方の女性たちが作っていた刺繍を、農村女性の収入向上のために日本のNGOが新たに商品として開発したもの。フェアトレードとして日本で手に入れることができます。

カタと呼ばれる伝統的な刺繍はヒンドゥー教の象徴である神々の像、モスクなどの宗教的なモチーフ、当時の女性たちが日常生活で目にする生活用品や農耕器具などが刺繍されていました。美しいカタが作れることが、嫁選びの指標のひとつにもなっていたそうです。商品化されたノクシカタはそのような意味合いは薄れ、デザインとしての面白さや色使いの新しさなどの工夫がされているそうです。

観光土産というわけではありませんが、こちらも社会貢献の一環としてぜひ考えていただけたらと思います。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バングラデシュでおすすめの記事

バングラデシュのアクセスランキング