アーティスティックで個性的な砂漠の国!マリのお土産4選

アーティスティックで個性的な砂漠の国!マリのお土産4選

西アフリカに位置する国「マリ」。国土の3分の1がサハラ砂漠で、非常に乾燥した気候です。マリ国内にはアスキアの墓やジェンネ旧市街などユネスコの世界遺産が4件あり、黄金の都トンブクトゥやジェンネの大モスクなど、見ごたえある観光名所がたくさんあることでも知られています。

マリでは伝統文化のひとつとして音楽が盛んで、そのサウンドは西アフリカを代表するものといわれています。また芸術・工芸大国とも呼ばれており、彫刻ではドゴンやマリンケなど世界的に有名なものもあるんですよ。そんなマリでおすすめのお土産をご紹介します。

目次

アーティスティックで個性的な砂漠の国!マリのお土産4選

1. 各種打楽器

出典: www.istockphoto.com

マリでは今でもアフリカ伝統の音楽を守り続けています。なかでも打楽器はマリの音楽で欠かせないパート。そんな打楽器の代表的なもののひとつが「ジャンべ」です。スタンダードなサイズのものは大きく重いのでお土産向きとはいえませんが、音楽愛好家には是非おすすめしたい一品です。アフリカの大地を感じさせるディープな音色は非常に魅力的ですよ。インテリアとして雰囲気を楽しむだけなら軽くて小さいミニチュアサイズのものもありますよ。

ジャンべの他にもシェイカーや小さな太鼓など、お土産にしやすい打楽器もたくさんの種類が売られていますので、旅行トランクの空きを考慮して選んでみてもいいですね。

2. 綿製品

出典: www.istockphoto.com

世界の様々な場所で同時多発的に発案されたと考えられている「機織り技術」。その技術は、ここマリでも11世紀ごろから先住民ドゴン族が発展させていったとされています。そんな古くから伝わる伝統的な機織りの製法で作られるマリの綿製品はお土産にもピッタリ。首都のバマコには染色工場もあり直売ができるようになっています。アフリカ独特の模様や染色の美しさは観光客にも好評です。

伝統の染め方にはインディゴ染めとボゴ染めがあります。鮮やかなブルーが美しいインディゴ染めはお部屋の壁掛けとして人気。泥で染めるボゴ染めもアーシ―な風合いが魅力的です。お土産店でも気軽に買うことができますが、マリの職人が実際に造っている様子をみるのもよい観光になります。また工場直売は低価格で手に入りますので、とっておきの商品をマリのお土産として買って帰りたいですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マリでおすすめの記事

マリのアクセスランキング