巨大マングローブ林にベンガルトラが生息!世界遺産シュンドルボン

画像出典:gregorioa / shutterstock

巨大マングローブ林にベンガルトラが生息!世界遺産シュンドルボン

シュンドルボンはバングラデシュにある3つの世界遺産のうちの一つで、その中でも唯一、世界自然遺産に指定されています。世界遺産「シュンドルボン」は、インドの西ベンガル州とバングラデシュにまたがる総面積100万ヘクタールの大森林地帯でそのうちの62%がバングラデシュ側にあります。

「シュンドルボン」はバングラデシュの公用語であるベンガル語で「美しい森」を意味しています。それでは広大で美しい大森林をもつ世界遺産「シュンドルボン」についてご紹介しましょう。

目次

巨大マングローブ林にベンガルトラが生息!世界遺産シュンドルボン

シュンドルボンとは?

出典: upload.wikimedia.org

世界遺産「シュンドルボン」は、1997年に世界遺産に登録されました。インド・西ベンガル州とバングラデシュにまたがるシュンドルボンはインド側ではヒンディー語でスンダルバンと呼ばれ、インド・西ベンガル州のスンダルバンス国立公園も同様の保護区でありインドの世界遺産となっています。

世界最大のマングローブ天然林を持つシュンドルボン。総面積の62パーセントがバングラデシュ側にあります。世界遺産として「シュンドルボン国立公園」「シュンドルボン西野生生物保護区」「シュンドルボン東野生生物保護区」 そして「シュンドルボン南野生生物保護区」が登録されています。

シュンドルボンには絶滅危惧種であるベンガル虎が生息していることでも有名で、その他には240種類以上の鳥類、シカ、ワニ、サルなどが生息。海岸には希少種のイルカなど海洋生物も多く、動物たちの楽園となっています。

シュンドルボンの特徴①:世界最大のマングローブ天然林とベンガル虎

出典: Anuradha Marwah / shutterstock

世界遺産「シュンドルボン」は、世界最大のマングローブ天然林として知られています。マングローブとは海水と淡水が混ざり合う水域に生える植物で、主に熱帯の地域にあります。インドとバングラデシュの2つの国にまたがるガンジス川とブラマプトラ川により形成されているデルタ地帯に位置するシュンドルボンは、泥が平に蓄積される湿地帯。いくつもの川と入り江が複雑に入り組み、この環境がマングローブ天然林を育みました。

またこの世界遺産「シュンドルボン」のマングローブ天然林には絶滅危惧種に指定されているベンガル虎が300頭以上生息しています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バングラデシュでおすすめの記事

バングラデシュのアクセスランキング