芸術や歴史も感じられる!美食の街ボローニャのおすすめ観光スポット18選

画像出典:bellena/shutterstock

芸術や歴史も感じられる!美食の街ボローニャのおすすめ観光スポット18選

GoToキャンペーンバナー

「美食の街」と呼ばれているボローニャ。様々な美味しい食事を楽しむことができる観光地として知られています。そして芸術や文化、歴史を感じることができる観光スポットも数多く存在しているんですよ。古代ローマ時代から様々な民族が定住していたボローニャでは中世以降の建築物を見学することができたり、他にもヨーロッパで最古の大学やポルティコと呼ばれる柱廊アーケードなど見どころ盛りだくさん。そんなボローニャのおすすめ観光スポット18選をご紹介します。ぜひボローニャを訪れる際は参考にしてみてくださいね。

目次

芸術や歴史も感じられる!美食の街ボローニャのおすすめ観光スポット18選

目次を閉じる

1.旧ボローニャ大学(アルキジンナジオ)

出典: commons.wikimedia.org

1088年に創立された旧ボローニャ大学「アルキジンナジオ」はヨーロッパで最古の大学であり、イタリア国内でも2番目に大きな規模でした。今日でもボローニャで定番の観光スポットとなっております。現在は大学としてではなく市立図書館の閲覧室として利用されています。

世界初の人体解剖室があることでも知られる旧ボローニャ大学。2階にあるこの人体解剖室では当時のキリスト教ではタブーであった人体解剖を、科学・学問の発展のため多くの反対を押し切り行っていました。室内の壁一面は木造の装飾でおおわれており、天井には黄道十二星座が彫られている人体解剖室。この人体解剖室に足を運んでみて、当時の医学の最先端であったボローニャを肌で体験してみてください。

大学の壁や天井にぎっしりとある紋章は教授と卒業生の家紋。11世紀に創立された大学だけあり、一つ一つの装飾や紋章も趣たっぷり。観光の際はぜひチェックしてみてくださいね。

2.マッジョーレ広場

出典: commons.wikimedia.org

約800年前から現在までボローニャの中心スポットであるマッジョーレ広場は、ボローニャの人々の憩いの場。周囲は聖ペトロニオ大聖堂、ポデスタ宮殿、市庁舎、バンキ宮殿と四方を歴史的な建造物で囲まれていますので、広場に立てば様々な歴史的建造物を見渡せます。ボローニャの主要観光スポットへのアクセスが非常に便利なので、ボローニャ観光の基点となりうるスポットといえますね。

この広場のおすすめは、ポデスタ宮殿のアレンゴの塔の真下の空間です。1259年に建設されたアレンゴの塔の鐘は当時、非常時の市民への警報として使用されていました。その四隅に4人の守護聖人の像が置かれた空間があるのですが、ここでは二人で対角線上にお互いに背を向け合う形で立って壁に向かって話しかけてみてください。するとまるで相手が壁の中にいるかのように声が聞こえてくるんですよ。マッジョーレ広場に訪れた際はぜひ試してみてくださいね。

その他にも幻想的な夜のライトアップにボローニャ市民の待ち合わせ場所として定番の海神ネプチューンの噴水、そして多様な大道芸など見所満載のマッジョーレ広場。ぜひ足を運んでみてください。

3.市庁舎(コムナーレ宮)

出典: commons.wikimedia.org

マッジョーレ広場の西側にある市庁舎(コムナーレ宮)は、ボローニャの中でも人気の観光スポット。もともとは裕福な大学教授アックルーシオ氏の邸宅だったこともあり、とても豪華な造りで中世らしい雰囲気が感じられます。マリア像や、ボローニャ出身で1582年にグレゴリウス暦を発布したローマ教皇・グレゴリウス13世の銅像も市庁舎の正面にありますので、ぜひ探してみてください。

外観を見学するだけでも楽しむことができますが、市庁舎の内部も必見。3階には20世紀の画家であるジョルジュ・モランディの作品を展示したモランディ美術館があり、美術愛好家には外せない観光スポットとなっています。市庁舎はマッジョーレ広場に面した形で建っていますので、アクセスが便利ですぐに訪れることができるのも魅力の一つですよ。近隣にガラス張りの床から地下のローマ時代の遺跡が見れるようになっている無料の市立図書館もありますので、あわせて観光してみてくださいね。中世からの歴史が感じられる市庁舎、ぜひ一度足を運んでみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ボローニャでおすすめの記事

ボローニャのアクセスランキング