1. トップ
  2. オセアニア
  3. オーストラリア
  4. ダボ

ダボの概要

ダボ

画像の出典元: commons.wikimedia.org

人口-
都市コードDBO
人気の航空会社-
飛行時間10~13時間
ダボ発の航空券情報はこちら

ダボまでは飛行機でおよそ10~13時間で行くことができます。ダボの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてダボ旅行を有意義に楽しみましょう。

ダボ行きの最安値を比較

オーストラリア国内からのダボ行き 最安値を比較

オーストラリアの大地を満喫、自然豊かな町「ダボ」

ニューサウスウェールズ州の中央部に位置するダボ。発達した都会と手つかずの自然の両方が存在する、観光に人気の都市です。ダボの中でも有名な観光スポットは、「タロンガ・ウエスタン・プレインズー」と「ダボ・ゴール」。タロンガ・ウエスタン・プレインズーは、動物たちが野生同様にのびのびとした環境で暮らす動物園。普段近くで見ることのできない動物たちを間近で観察できます。園内は自転車やカートを使って移動することも可能。そしてダボ・ゴールはかつて刑務所だった建物です。現在は刑務所での生活を実際に体験できる施設として利用されています。普段できない体験を求め、たくさんの観光客が訪れています。

ダボの歴史

ダボという都市名は、アボリジニの「赤い大地」という意味の言葉が由来しています。19世紀の前半からヨーロッパ人による入植が始まり、羊などの家畜の飼育が行われました。その頃の牧場の経営者であったダンダリマルの邸宅が今も残っています。ダンダリマルの邸宅はニューサウスウェールズ州でも最古の建物といわれ、当時の雰囲気を今に伝えています。

ダボの経済

農業と牧畜業が盛んなダボでは、小麦や綿花の生産、広い土地を利用した羊や牛の放牧が中心に行われています。また、ダボは内陸の都市で商業の拠点としても発展しており、商業施設がたくさんあることから多くの人が買い物に訪れます。発展する近代的な街並みと、のどかな田舎の共存がダボの魅力の一つです。

ダボ行きの格安航空券について

ダボ空港は地方空港であるため、日本からの直通便はなく、オーストラリア国内での乗り継ぎが必須です。より価格をおさえたい方には、ブリスベンとシドニーの2都市を経由するプランが良いでしょう。利用する航空会社はジェットスター航空とカンタス航空です。ほかにも中国や香港など、アジア各都市を経由する格安航空券も多数販売されていますので、比較サイトなどでチェックしてみるのも良いかもしれません。

ダボの気候

ダボは海から遠く、乾燥した気候が特徴。南半球のため、6~8月に冬が訪れます。冬の平均気温が10度前後、夏の平均気温も25度程度と安定しています。ただ、夏は最高気温が30度を上回るため注意してください。年間を通して最高気温と最低気温の差が15度前後あるため、旅行の際は半袖と長袖両方あると便利でしょう。

ダボの主な交通手段

市内は広いため、車での移動が便利。レンタカーは空港で借りることができます。広い平原を走れば、オーストラリア観光を満喫できるでしょう。また、ダボからはシドニーとリスゴーへの直行列車が運行しています。約6時間30分と乗車時間は長いですが、オーストリアの大地を眺めながら列車の旅を楽しむのも良いかもしれませんね。

ダボ行き航空券利用者の声

大阪⇔ダボ 25歳女性

中国南方航空の広州経由でシドニー行きの航空券を買いました。オーストラリアへはダボという町に留学で行きます。格安航空券のサイトでしたが、ちゃんと大阪のカウンターで航空券を受け取れました。大阪から中国経由でシドニーのダボへ行くのは妙ですが、航空券が安かったんです!これは重要です。留学費用の大半は航空券で消えます!
当日はできるだけ軽くしたスーツケースをコロコロしながら、大阪の空港までバスで行きます。一旦、中国南方航空で広州へ飛び、乗り継ぎをしてシドニーへ向かうのですが、広州空港のお店が全部中国語で全くわかりません。なんとかメニューに絵のあるお店を探して、強引に注文した記憶があります。広州からシドニーまでも同じ中国南方航空です。中国南方航空ですが、シドニー行きの便は機内食もちょっと欧米風です。基本的に目的地のメニューが出ますね。機内食は。さて、本を読んだり、語学学校のクラス分けテストでいい点数がとれるように復習します。あまり、レベルの高いクラスに行っても大変ですが、低すぎてもつまらないので……。
シドニーの空港からは、バスでダボの町へ行きました。そんなに大きな町ではありませんが、観光地ではないので、日本人もあまりいません。留学にはぴったりだと思いました。

成田⇔ダボ 31歳男性

短期留学でオーストラリアのダボへ行くので、格安航空券のサイトから航空券を購入しました。けっこう簡単に買えたので、びっくりしました。航空券はジェットスター航空です。預け荷物など手続を終えて、出国審査、搭乗口へと歩きます。途中、免税店などものぞきながら、向かったのですが、出発まではだいぶ時間がありました。本を読んでひまつぶしをしていました。ジェットスター航空の飛行機はやや小さめでした。でも、シドニーまで行ってもらえば、それでOKです。直行便ですが、シドニーまでは12,3時間か、それ以上かかったような感じです。ジェットスター航空の機内食は自分で購入するスタイルなので、あまり食べたくないときにはちょうどいいです。また、食べる時間も調整できます。これはこれで、いいアイディアだなと思いました。私は1回だけ機内食を注文し、あとは寝ていました。やがて、目が覚めるとようやくオーストラリア大陸が近づいてきました。いよいよアボリジニーの国へ着陸です。ダボの町まではバスで行く予定です。ダボ行きのバスのチケットを購入し、留学の地、ダボへと向かったのであります。

成田⇔ダボ 19歳女性

ダボへは2週間の短期留学で行きました!大学の春休みが意外と長かったので、英語の勉強と友達づくりを兼ねての留学です。航空券はアイフォンで格安航空券のサイトをめぐって購入です。「カンタス航空」という飛行機のチケットを買いました。成田からの直行便ですが、10時間以上のフライトですっ!アイフォンにめっちゃ音楽ダウンロードしておきました。成田までは普通に電車です。二週間ですが、スーツケースです。あれこれと考えているうちに、ついつい荷物が多くなってしまいました…。映画や音楽をたくさん聞いても、かなり時間を持て余していた記憶が残っています。でも、カンタス航空の乗務員さんがとっても親切だったので、安心しました。
シドニー空港からはダボの留学先の運転手さんが送ってくれる予定でしたが、空港の出口にいたら、それっぽい人がいなくて内心あせりました。
行ったり来たりしているうちに、運転手らしき人が私の名前をかかげているのが見えたので、「ハロー!」と声をかけて無事に会うことができました。
とっても陽気なおじさんで、こっちまでテンションがハイになりました。ダボは交換留学とかが盛んでとても過ごしやすかった印象です。また、留学するときはダボにしたいと感じました。

ダボ旅行 よくあるFAQ

ミネラルウォーターは機内持ち込みできますか?

100ml以下の容器あれば問題ありません。それ以上の場合は、出国審査の入り口で廃棄するよう求められるので、飲み干しておくといいでしょう。

果物ナイフは預け荷物ですか?

はい。預け荷物になります。

ネットで航空券を買いました。実物はどこで受け取るのですか?

購入された航空会社のカウンターで出発当日にパスポートを提示して受け取ります。

トランジットとは何ですか?

乗り継ぎのことです。航空券によってはトランジットを利用することで値段が安くなる場合もあります。