ベトジェットエアで行く航空券+ホテルの格安旅行

ベトジェットエアの航空券+ホテルの同時予約のセット旅行ツアーを格安でお申し込みいただけます。
ベトジェットエアの航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

ベトジェットエアの感想・口コミ

ベトジェットエアについて

ベトジェットエアでご旅行へいくならスカイチケットのセット旅行のホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインでベトジェットエアのセット旅行プランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したらベトジェットエアの航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのセット旅行はベトジェットエアで行く皆さまの旅をサポートします。ベトジェットエアはベトナムの航空会社です。ベトジェットエアが設立されたのは2007年のことです。もともとはエアアジアとの合弁会社として運航される計画で作られた会社でしたが、ベトナム政府の方針によって外資の導入が規制されたことから、エアアジアの資本参加がない単独の会社として、2011年から運航を開始しています。2017年には日本のJALと包括的な業務提携を発表して、両社の業務提携の一環として、コードシェア便の運航が2018年から始まっています。2018年の5月には、日本の国土交通省から外国人国際航空運送事業の経営許可を受けたことから、大阪とハノイを結ぶ航空便を開業しました。また大阪とホーチミンを結ぶ航空路線を2018年の12月から開業し、翌年の2019年1月からは成田とハノイを結ぶ航空便を就航させています。同年の10月からは羽田とハノイを結ぶ路線も開業しました。ベトジェットエアの座席には三つのクラスがあり、プロモクラスとエコクラス、スカイボスクラスはそれぞれサービスの内容も異なっています。一番高額なスカイボスクラスはサービスの内容が非常に充実していることが特徴で、事前の座席指定も最優先で行うことができます。チェックインの際も優先されて、空港ラウンジを利用することも可能です。搭乗ゲートまでの移動は車両による送迎サービスがあります。他のクラスの乗客よりも優先して搭乗することができ、降りるときも同様に優先して降りることができます。その他に、機内で軽食のサービスを受けることも可能です。ベトジェットエアを利用する乗客は、手荷物の一部を機内に持ち込むことができます。持ち込むことができる荷物には制限があり、購入した座席のクラスによってそれぞれ異なっています。エコクラスとプロモクラスの乗客の場合には、一人に乗客につき、一つの荷物のみ客室に携帯することが可能です。この場合の乗客は、2歳未満の幼児は除かれます。主要な荷物以外にも乗客は小型の手荷物も別に、客室に持ち込むことが許されています。持ち込むことが可能な小型の手荷物の量も、一人につき一つだけです。主要な荷物と小型の荷物の重さの合計は、7キログラム以下でなければいけない決まりがあります。機内に持ち込むことができる荷物は大きさも厳密に決められています。荷物の各辺の長さが56セントメートル、36センチメートル、23センチメートル以内のものだけが、客室に携帯することを許されているのです。小型の手荷物も、持ち込むことが可能なサイズが決められていて、品物によって、許容されているサイズが異なっています。女性用のハンドバッグの場合には、各辺が30センチメートル、20センチメートル、10センチメートルを超えないものだけが、小型の手荷物として認められているので、雑誌、カメラ、子供用の食品、免税品なども、上記のサイズの条件を満たしているものに限り、機内に携帯できる小型の手荷物に該当します。ジャケットバッグを小型の手荷物として携帯する場合には、各辺の長さがそれぞれ114センチメートル、60センチメートル、11センチメートル以内のものだけが、認められています。ラップトップバッグの場合は40センチメートル、30センチメートル、10センチメートルが各辺の上限です。スカイボスクラスの乗客の場合には、規定が若干異なっていて、持ち込める荷物の数は同じですが、重量の合計が10キログラム以下であるのが大きな違いです。客室に持ち込むことができる荷物以外は、受託手荷物として航空機の別の場所にのせて輸送してもらうことができます。この受託手荷物を預けるための料金も、購入した座席のクラスにより異なっています。スカイボスクラスの乗客は一定の量まで無料で荷物を預けることが可能です。荷物は一つだけで、重さは32キログラム以下、サイズにも細かい条件があります。それ以外のクラスの乗客が受託手荷物を預ける場合には、その分の料金の支払いが必要です。預ける荷物の重さによって料金が異なっていて、15キログラムまでの重さの荷物は1100円の料金になっています。20キログラムまでの荷物の追加料金は1400円で、25キログラムまでの荷物は1600円の追加料金です。30キログラムまでの重さの荷物は2100円、35キログラムまでの荷物は5,000円、40キログラムまでの荷物は5,800円で、預けることができます。

以下の地名のリンクをクリックすると空港の詳細情報が表示されます

ベトジェットエア 直行便で行く  成田空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  関西国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  中部国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  羽田空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  ノイバイ国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  リエンケオン国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  ビン空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  プレイク空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  タンソンニャット国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  ダナン国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  バンメトート空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  カットビ国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  仁川国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  フーコック国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  スワンナプーム国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  カムラン国際空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  フーカット空港 出発

ベトジェットエア 直行便で行く  フバイ国際空港 出発

label[for="overseas"]{width:100%}
document.addEventListener('DOMContentLoaded',()=>document.getElementById('overseas').checked=true)

航空会社から航空券+ホテルの格安旅行を探す

全日空全日空
日本航空日本航空
ジェットスタージェットスター
ピーチピーチ
春秋航空日本春秋航空日本
チェジュ航空チェジュ航空
大韓航空大韓航空
キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空
アシアナ航空アシアナ航空
デルタ航空デルタ航空
タイ国際航空タイ国際航空
タイ・エアアジアXタイ・エアアジアX
アメリカン航空アメリカン航空
ユナイテッド航空ユナイテッド航空
中国国際航空中国国際航空
エアアジアXエアアジアX
スクートスクート
ティーウェイ航空ティーウェイ航空
ベトジェットエアベトジェットエア
ベトナム航空ベトナム航空
シンガポール航空シンガポール航空
フィリピン航空フィリピン航空
中国東方航空中国東方航空
エアソウルエアソウル
香港エクスプレス航空香港エクスプレス航空
ハワイアン航空ハワイアン航空
ノックスクートノックスクート
セブパシフィックエアーセブパシフィックエアー
エールフランスエールフランス
ジンエアージンエアー