ティーウェイ航空で行く航空券+ホテルの格安旅行

ティーウェイ航空の航空券+ホテルの同時予約のセット旅行ツアーを格安でお申し込みいただけます。
ティーウェイ航空の航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

ティーウェイ航空の感想・口コミ

ティーウェイ航空について

ティーウェイ航空でご旅行へいくならスカイチケットのセット旅行のホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインでティーウェイ航空のセット旅行プランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したらティーウェイ航空の航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのセット旅行はティーウェイ航空で行く皆さまの旅をサポートします。ティーウェイ航空(設立当時は韓星航空)は、2004年に韓国で初めて設立されたLCC(格安航空会社)です。韓星航空からティーウェイ航空と社名が変更されたのは2010年8月で、以降路線を国内から国外に拡大、着実に実績を重ね、国内有数のLCCとしての地位を築いてきました。ティーウェイ航空のロゴはT'wayですが、これは合理的かつ洗練された接客で、利用者に満足のいくサービスを提供する航空会社という意味があります。
ティーウェイ航空は仁川国際空港と金浦国際空港を拠点とし、国内線・国際線を就航しています。国際の就航地は、日本や中国などアジアの国を中心に、ロシアやサイパン、グアムにあります。日本では成田空港や関西空港、名古屋空港など主要空港に定期便が発着します。
ティーウェイ航空の機内クラスは全席エコノミーです。チケット代には航空運賃・航空施設利用料・燃料サーチャージが含まれています。ティーウェイ航空が販売している運賃は、イベント運賃・スマート運賃・正規運賃の3種類があります。一番安いのがイベント運賃で、正規運賃が一番割高となります。変更する予定などがなく、サービスを必要最小限に抑えたい場合は、イベント運賃が向いています。
サービスのほとんどはオプションで、機内ではミネラルウォーター以外の食事や飲み物(アルコール飲料も含む)、ブランケットは有料です。機内食や軽食は、事前予約をすることで利用可能になります。国際線では機内で免税商品の販売を行っています。
航空チケットは韓国国民を対象にした割引制度があるほか、会員限定に発行されたクーポンなどを利用することで、お得に購入することも可能です。その他にもオンラインを利用して予約をした人を対象にしたWeb割運賃や、季節やイベントにあわせて実施される割引プランもありますので、ティーウェイ航空のサイトで確認すると良いでしょう。
ティーウェイ航空では機内でのバルーンアートや写真撮影などの各種イベントを実施し、子供を始め幅広い年齢層の旅行客から好評を得ています。
座席はプレミアムクラス(非常口の横と最前列)・前方座席・一般席の3種類に分けられ、料金を支払うことで指定可能になります。料金は指定する座席によって違いがあります。一番高いのはプレミアムクラスです。

ティーウェイ航空の機内に持ち込める手荷物(ハンドバッグやショッピングバッグなど)は、1人1個までとなります。持ち込める荷物の大きさは3辺(55cm×40cm×20cm)の合計が115cm以内、重さは10kg以下です。機内に持ち込む手荷物は、できるだけ小さいものが良いと推奨されています。
イベント運賃を除き、無料で預けられる受託手荷物は(日本・韓国間)、1個15kgまでとなります。座席を必要としない幼児が、無料で預けられる手荷物は10kgまでです。折りたたみ式のベビーカーや車椅子などの預け入れに対しては、手数料はかかりません。重量は規定以下でも、3辺(縦・横・高さ)の合計が203㎝を越える荷物は受託手荷物として預け入れることができませんので注意しましょう。
グアムとサイパンは1個32kgまで無料です。重さが1個あたり32kgを越える手荷物は、原則として受託手荷物として預けることができません。重量を超える場合は2つに分けるなどして減らすようにします。手荷物は飛行機が出発する20分前に手続きを済ませて置く必要があります。荷物を預ける必要なければ問題ありませんが、荷物が多く重量が超過しているかどうか不安な場合は、早めに空港で手続を済ませるようにすることをおすすめします。

日本・韓国間をイベント運賃で利用する場合、受託手荷物は有料になり、料金は預ける荷物の重さによって変わってきます。当日空港で申し込むよりも、事前に購入を済ませたほうが料金が割安になります。
手荷物の重量が許容量をオーバーする、または持ち込む荷物の数が多い場合は有料です。国際線の場合、数の超過は50,000ウォン、重量が超過した場合は50,000ウォンの手数料が目安になります。手数料は利用する路線や荷物の個数、超過した重量などケースバイケースですので、数字はあくまでも目安として覚えておいてください。
機内持ち込みの手荷物が、搭乗ゲートで重量超過が認められた場合は、その場で手数料を支払うことになりますので注意が必要です。手数料は、国内線の場合10,000ウォン、国際線は20,000ウォンが目安になります。

以下の地名のリンクをクリックすると空港の詳細情報が表示されます

ティーウェイ航空 直行便で行く  関西国際空港 出発

ティーウェイ航空 直行便で行く  成田空港 出発

ティーウェイ航空 直行便で行く  福岡空港 出発

ティーウェイ航空 直行便で行く  仁川国際空港 出発

ティーウェイ航空 直行便で行く  ダナン国際空港 出発

ティーウェイ航空 直行便で行く  新千歳空港 出発

ティーウェイ航空 直行便で行く  タンソンニャット国際空港 出発

ティーウェイ航空 直行便で行く  金浦国際空港 出発

ティーウェイ航空 直行便で行く  済州国際空港 出発

label[for="overseas"]{width:100%}
document.addEventListener('DOMContentLoaded',()=>document.getElementById('overseas').checked=true)

航空会社から航空券+ホテルの格安旅行を探す

全日空全日空
日本航空日本航空
ジェットスタージェットスター
ピーチピーチ
春秋航空日本春秋航空日本
チェジュ航空チェジュ航空
大韓航空大韓航空
キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空
アシアナ航空アシアナ航空
デルタ航空デルタ航空
タイ国際航空タイ国際航空
タイ・エアアジアXタイ・エアアジアX
アメリカン航空アメリカン航空
ユナイテッド航空ユナイテッド航空
中国国際航空中国国際航空
エアアジアXエアアジアX
スクートスクート
ティーウェイ航空ティーウェイ航空
ベトジェットエアベトジェットエア
ベトナム航空ベトナム航空
シンガポール航空シンガポール航空
フィリピン航空フィリピン航空
中国東方航空中国東方航空
エアソウルエアソウル
香港エクスプレス航空香港エクスプレス航空
ハワイアン航空ハワイアン航空
ノックスクートノックスクート
セブパシフィックエアーセブパシフィックエアー
エールフランスエールフランス
ジンエアージンエアー