タイ・エアアジアXで行く航空券+ホテルの格安旅行

タイ・エアアジアXの航空券+ホテルの同時予約のセット旅行ツアーを格安でお申し込みいただけます。
タイ・エアアジアXの航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

タイ・エアアジアXの感想・口コミ

タイ・エアアジアXについて

タイ・エアアジアXでご旅行へいくならスカイチケットのセット旅行のホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインでタイ・エアアジアXのセット旅行プランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したらタイ・エアアジアXの航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのセット旅行はタイ・エアアジアXで行く皆さまの旅をサポートします。タイ・エアアジアXは、マレーシアの大手格安航空会社の子会社として、2013年にバンコクのドンムアン空港を拠点にしている航空会社です。長距離路線を専門とする格安航空会社となっており、2014年2月にタイ航空当局から航空運送事業許可を受けたのちに、韓国の仁川を始め、日本の成田・大阪・名古屋などへ路線を拡大しています。タイ・エアアジアXでは、価格を抑えた形で好みのシートの選択が可能です。シートの種類は、プレミアムフラットベッドとスタンダードシート、ホットシートの3つになります。プレミアムフラットベッドは、大手航空会社などがビジネスクラスで導入しているのと同様に、横になって寝ることができます。フルフラットになるシートでは、掛け布団や枕、ユニバーサル電源なども完備されていて、座席指定もできるほか、40kgまでの受託手荷物が含まれた料金で、機内食も1食を選ぶサービスが用意されています。優先搭乗ができるようになっており、預け入れた受託荷物を優先的に受け取ることもできるので、スタンダードシートに追加された料金と比較しても、値段以上のサービスを受けることができるのが人気の理由です。スタンダードシートですが、シートの大きさは変わらないもののシートの位置などを選択できます。まず、クワイエットゾーンですが、位置としてはプレミアムフラットベッドシートの後ろの機内前方の座席となっていて、機内のノイズを最小限に抑えているので、名前の通り他のスタンダードシートよりも静かな空間が楽しめます。さらに機内食も早めに提供されるメリットもあります。こちらのクワイエットゾーンのシートは静かさを売りにしているため、10歳以上の人で乳児を帯同していない方に限定されるので注意が必要です。機内で睡眠を確保したいなどには喜ばれているシートです。スタンダードシートの中でも最前列ホットシートと呼ばれる場所と機内中央にある非常口付近の座席は、足元に余裕があるため人気があるシートです。ホットシートは通常の座席指定料金に加えてさらに追加料金がかかるものの、優先して搭乗できるのもメリットです。ですが非常口付近の座席は、万が一の時に機内クルーをサポートする役割があるため、機内クルーの言われることを理解して行動がとれる人である必要がありますから、条件に合わないと座ることができない場合があります。スタンダードシートのサービスですが、機内食や飲み物は他の格安航空会社と同様、有料となります。タイ・エアアジアXの機内食の特徴は選択肢の多さと、満足できる内容であるにも関わらず値段が手ごろだと言う点でしょう。東南アジア各地の機内食が食べられるのもタイを拠点に置く航空会社ならではと言えます。
タイ・エアアジアXの機内持ち込み荷物ですが、最大合計が7kgで、2つまでの荷物に限られます。その2つの荷物の内容についても細かく規定されており、まず大きい方の機内持ち込み荷物は、ハンドル・キャスター・サイドポケットを合わせて56cm×36cm×23cmを超えないものとされています。そして、機内では座席の上の収納棚に収納できるものに限られます。また、小さい方の機内持ち込み荷物ですが、40cmx30cmx10cmを超えないもので、ラップトップバッグ・ハンドバッグ・バックパックなどの小さなバックで、前の座席の下に収納できるものとなります。なお、この機内持ち込み手荷物のルールについてはタイ・エアアジアXの各空港のカウンター付近にも目立つように記載されています。
タイ・エアアジアXでは機内持ち込み手荷物が規定を超えてしまうと受託手荷物として預ける必要が出てくるため、伴って追加料金が発生することになります。特に大きめのリュックやハードケースタイプのバッグは重量を量られることが多いため、注意が必要です。また、受託手荷物は事前に購入する必要があり、購入した分以上の重量となってしまった場合にはやはり追加料金が発生します。なお、事前購入の料金より予約後の料金は高めに設定されています。また、各主要都市までの距離などによっても金額が変わってくるので、よく確認し、超過がないよう事前に予約して受託荷物料金を払っておいた方が良いでしょう。お子さんや身体の不自由な方が使用されるベビーカーや車いすは預け入れが無料で、搭乗口まで使用ができるようになっているのは配慮がされていて評価できます。

航空会社から航空券+ホテルの格安旅行を探す

全日空全日空
日本航空日本航空
ジェットスタージェットスター
ピーチピーチ
春秋航空日本春秋航空日本
チェジュ航空チェジュ航空
大韓航空大韓航空
キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空
アシアナ航空アシアナ航空
デルタ航空デルタ航空
タイ国際航空タイ国際航空
タイ・エアアジアXタイ・エアアジアX
アメリカン航空アメリカン航空
ユナイテッド航空ユナイテッド航空
中国国際航空中国国際航空
エアアジアXエアアジアX
スクートスクート
ティーウェイ航空ティーウェイ航空
ベトジェットエアベトジェットエア
ベトナム航空ベトナム航空
シンガポール航空シンガポール航空
フィリピン航空フィリピン航空
中国東方航空中国東方航空
エアソウルエアソウル
香港エクスプレス航空香港エクスプレス航空
ハワイアン航空ハワイアン航空
ノックスクートノックスクート
セブパシフィックエアーセブパシフィックエアー
エールフランスエールフランス
ジンエアージンエアー