シンガポール航空で行く航空券+ホテルの格安旅行

シンガポール航空の航空券+ホテルの同時予約のセット旅行ツアーを格安でお申し込みいただけます。
シンガポール航空の航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

シンガポール航空の感想・口コミ

シンガポール航空について

シンガポール航空でご旅行へいくならスカイチケットのセット旅行のホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインでシンガポール航空のセット旅行プランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したらシンガポール航空の航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのセット旅行はシンガポール航空で行く皆さまの旅をサポートします。シンガポール航空は、シンガポール共和国に本社を置く航空会社です。シンガポール航空が設立されたのは1947年、当時の社名はマラヤンエアウェイズ・リミテッドでした。1963年、シンガポールとマラヤ連邦などの統合によってマレーシアが誕生したことを受け、社名はマレーシアエアウェイズ・リミテッドに改称されました。シンガポールがマレーシアから独立した2年後の1967年には、マレーシア・シンガポール航空と再び名前を変え、現在のシンガポール航空となったのは1972年です。
シンガポール航空は、アジアをはじめ北アメリカやヨーロッパなど世界各都市に路線を持ち、特にアジアのフライトネットワークが充実しています。日本・シンガポール間には直行便が毎日飛び、発着便には日本人客室乗務員が乗務していることがほとんどで、移動しやすさに特徴があります。
シンガポール航空では、クリスフライヤー・PPSクラブ・ヤングエクスプローラークラブと3種類のマイレージプログラムを実施しています。ヤングエクスプローラークラブは、2~12歳を対象にした子供向けのプログラムで、クリスフライヤーとPPSクラブは13歳上なら無料で会員登録できます。どのプログラムもマイレージを獲得したり、獲得したマイレージを使ってスターアライアンス(シンガポール航空が加盟している、世界大手の航空連合)が提携しているサービスを受けることが可能です。PPSクラブはクリスフライヤーよりワンランク上のプログラムで、対象はビジネスクラスやファーストクラスの乗客で、規定された条件をクリアすることで会員となることができます。
シンガポール航空全席に出される機内食はすべて、SATS(シンガポール・エアポート・ターミナル・サービス)社が作っています。SATSはチャンギ国際空港内にあり、食事の製造から納品までスムーズに行える環境を整えていますが、工夫しているのはそれだけではありません。社内には、減圧器つきの地上1万メートルと同じ環境を作り出すことが可能になる部屋があります。この部屋では機内食のプレゼンテーションなどが行われますが、質の良い機内食を出すための工夫といえるでしょう。一部の路線では、プレミアムエコノミー以上の搭乗クラスにブック・ザ・クックと呼ばれるメニューが用意されており、利用客は好きな料理を選択することができます。ベジタリアンミールなど特別機内食のリクエストも可能です。

シンガポール航空の機内に無料で持ち込める手荷物の大きさは、3辺の合計が115cm以内と制限されています。搭乗クラスによって許容量に違いがあり、エコノミーとプレミアムエコノミーは7kgの荷物1個まで、スイート・ファーストクラス・ビジネスクラスは2個までです。
受託手荷物にもサイズ制限があり、預けられる荷物の大きさは、200cmx75cmx80cm以内とされています。無料で預けられる許容量は、エコノミークラスなら30kgまで、プレミアムエコノミークラスは35kg、ビジネスクラスは40kg、スイートとファーストクラスは50kg以下です。乳幼児の受託手荷物は10kg以下となっています。PPSクラブ会員の場合、無料受託手荷物許容量の上限は各搭乗クラスの倍になります。

サイズ超過手荷物は、無料手荷物許容量をオーバーした荷物のことで、超過した重量や個数によって、料金が発生します。追加手荷物料金は1度支払ったら終わりではなく、チェックインするごとに支払う必要があります。たとえば東京、シンガポール、ジャカルタ合計3回チェックインした場合、追加手荷物料金の支払いは3回になりますので、注意が必要です。
追加手荷物料金は超過分や登場する地域などによって違いがあります。重量オーバーの場合、料金は1kgごとに4~56米ドルです。
クリスフライヤー会員になると、割引が適用され、通常の追加手荷物料金よりも安くなります。料金の支払いは当日または事前に支払いが可能で、予め超過分の料金を支払っておくと、通常料金よりも10~15%安くなるのでお得です。
大型の楽器は原則として受託手荷物はとして預ける必要がありますが、追加座席を購入することで持ち込みが可能になります。安全のため楽器はしっかりと梱包することが前提で、サイズは高さ127cmx幅45.72cm以内、重量の上限は40kgまでと制限されています。サイズ超過手荷物についても超過手荷物料金が生じます。

以下の地名のリンクをクリックすると空港の詳細情報が表示されます

シンガポール航空 直行便で行く  関西国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  羽田空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  成田空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  シンガポール・チャンギ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  フランクフルト国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  中部国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  シェムリアップ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  福岡空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  プノンペン国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  クアラルンプール国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  トリブバン国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ングラ・ライ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  シャルル・ド・ゴール国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  スカルノハッタ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  スワンナプーム国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  メルボルン空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ミラノ・マルペンサ空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ジュアンダ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ペナン国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  オークランド空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  インディラ・ガンディー国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  プーケット国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  バンダラナイケ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  O・R・タンボ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  シャージャラル国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  パース空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  チャトラパティー・シヴァージー国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  シドニー国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ダナン国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  マレ・フルレ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ヒースロー空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  タンソンニャット国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  バルセロナ・エル・プラット空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ブルネイ 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ノイバイ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  フィウミチーノ国際空港 出発

シンガポール航空 直行便で行く  ケープタウン国際空港 出発

label[for="overseas"]{width:100%}
document.addEventListener('DOMContentLoaded',()=>document.getElementById('overseas').checked=true)

航空会社から航空券+ホテルの格安旅行を探す

全日空全日空
日本航空日本航空
ジェットスタージェットスター
ピーチピーチ
春秋航空日本春秋航空日本
チェジュ航空チェジュ航空
大韓航空大韓航空
キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空
アシアナ航空アシアナ航空
デルタ航空デルタ航空
タイ国際航空タイ国際航空
タイ・エアアジアXタイ・エアアジアX
アメリカン航空アメリカン航空
ユナイテッド航空ユナイテッド航空
中国国際航空中国国際航空
エアアジアXエアアジアX
スクートスクート
ティーウェイ航空ティーウェイ航空
ベトジェットエアベトジェットエア
ベトナム航空ベトナム航空
シンガポール航空シンガポール航空
フィリピン航空フィリピン航空
中国東方航空中国東方航空
エアソウルエアソウル
香港エクスプレス航空香港エクスプレス航空
ハワイアン航空ハワイアン航空
ノックスクートノックスクート
セブパシフィックエアーセブパシフィックエアー
エールフランスエールフランス
ジンエアージンエアー