フィリピン航空で行く航空券+ホテルの格安旅行

フィリピン航空の航空券+ホテルの同時予約のセット旅行ツアーを格安でお申し込みいただけます。
フィリピン航空の航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

フィリピン航空の感想・口コミ

フィリピン航空について

フィリピン航空でご旅行へいくならスカイチケットのセット旅行のホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインでフィリピン航空のセット旅行プランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したらフィリピン航空の航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのセット旅行はフィリピン航空で行く皆さまの旅をサポートします。フィリピン航空は、フィリピンの航空会社で、1941年の設立から約80年の歴史を持つフィリピン国内最大の航空会社です。フィリピンパサイに本拠地を構え、社長であるギルバート・サンタマリア氏を筆頭に約6900名近い従業員数が在籍しています。フィリピン航空はイギリススカイトラックスによる航空会社の格付けではフィリピン国内のエアラインとしては初の4つ星を獲得しており、利用者からの信頼も非常に厚い会社です。日本国内からは関西国際空港や成田国際空港以外にも主要空港(福岡・名古屋・羽田・札幌)からほぼ毎日便があります。使用される機体は主に東南アジア、東アジア、オーストラリア、ミクロネシアと国内各地など中距離路線で活躍しているエアバスA320、短距離便に使われているエアバスA321、北米、オーストラリアの、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シドニー、メルボルンをつなぐエアバスA340、北米およびヨーロッパの路線にて運用されるエアバスA350XWB、ロサンゼルス、サンフランシスコ、バンクーバー、トロント、およびニューヨークなどの北米路線で運用されるボーイング777-300ERなどがあります。提供するシートサービスの種類にはビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの3種類に分かれており、プレミアムエコノミーと通常のエコノミープランの違いは、プレミアムエコノミーのほうがシートピッチが15センチ、座席幅は約5センチ、テレビモニターが約3インチほど大きくなる点です。機内食は中長距離国際線では全席で提供され、発着路線が日本の場合、卵焼きや旬の野菜を使った煮物など和食の提供も行っています。ちなみにビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスのチケットを購入のお客様にはウエルカムドリンクが提供されるようです。フィリピン航空の手荷物には機内持ち込み可能な手荷物と、航空会社に預ける受託手荷物と2種類に分かれます。エコノミークラス、ビジネスクラスによって、無料で預けられる受託手荷物の許容重量は変わってくるため注意が必要です。そちらは後程詳しく説明しましょう。まずは手荷物ですが、持ち込むためには以下の3つの条件をクリアする必要があります。まず1つ目に縦×横×高さのサイズが56センチ×36センチ×23センチで、3辺の合計が115センチ未満であること、2つ目に一つあたりの荷物の重量が7キロ未満であること、そして3つ目に個数が手荷物1個+身の回り品2個までであることです。そのため出来る限り手荷物にならないようコートなどは着こむなど工夫が必要です。受託手荷物は利用クラスに関係なく、預けられる荷物の個数は2つまでということと、縦×横×高さの3辺の合計サイズが158センチ以内と制限されています。重量は各利用クラスによって変わってきます。まずエコノミークラスの場合、許容重量は23キロ、プレミアムエコノミーは25キロ、ビジネスクラスは32キロまでです。ちなみに万が一この重量を越えてしまった場合は、航空会社に対して超過手荷物料金を支払う必要があります。マニラ発のフライトであれば100ドル、マニラ着のフライトであれば10,000円ですので、1キロでもオーバーすると大打撃となりますので、パッキングの際には逐一荷物の重量を確認することがお勧めです。フィリピン航空を利用した世界中の方からの口コミも多く投稿されており、おおむね満足した等の意見が多く見られています。どうしても日本の日本航空や全日空と比較されると機材や機内食などのサービスレベルの差を感じてしまうこともありますが、昨年からの直近の口コミを確認すると「日本語の話せるCAも同乗しているようで万が一の時に安心だと思いました」「安全に関するVTRがフィリピン各地で現地人が登場していて、好印象でした」など安全性に対する配慮がしっかりされているという点がとても好評でした。また機内食についても「ちょうど日本料理が恋しくなってきたタイミングで煮物や卵焼きなどおふくろの味が食べられて感動した」や、「アジア料理だったので、すごくスパイスが効いていて日本人の舌には合わないと思っていたが、どの料理も素晴らしかった」と非常に高い評価を受けています。日本からはオフシーズンの際には3万円台から乗れる場合もあるため、フィリピン航空を使ってみてはいかがでしょうか。

以下の地名のリンクをクリックすると空港の詳細情報が表示されます

フィリピン航空 直行便で行く  成田空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  羽田空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  関西国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  ニノイ・アキノ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  マクタン・セブ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  福岡空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  中部国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  ングラ・ライ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  スカルノハッタ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  フランシスコ・バンゴイ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  シンガポール・チャンギ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  スワンナプーム国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  ドーハ・ハマド国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  クアラルンプール国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  プノンペン国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  ロサンゼルス国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  タンソンニャット国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  ノイバイ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  サンフランシスコ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  ドバイ国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  ジェネラルサントス空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  バコロド・シライ空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  シドニー国際空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  ダニエル Z. ロモワデス空港 出発

フィリピン航空 直行便で行く  金海国際空港 出発

label[for="overseas"]{width:100%}
document.addEventListener('DOMContentLoaded',()=>document.getElementById('overseas').checked=true)

航空会社から航空券+ホテルの格安旅行を探す

全日空全日空
日本航空日本航空
ジェットスタージェットスター
ピーチピーチ
春秋航空日本春秋航空日本
チェジュ航空チェジュ航空
大韓航空大韓航空
キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空
アシアナ航空アシアナ航空
デルタ航空デルタ航空
タイ国際航空タイ国際航空
タイ・エアアジアXタイ・エアアジアX
アメリカン航空アメリカン航空
ユナイテッド航空ユナイテッド航空
中国国際航空中国国際航空
エアアジアXエアアジアX
スクートスクート
ティーウェイ航空ティーウェイ航空
ベトジェットエアベトジェットエア
ベトナム航空ベトナム航空
シンガポール航空シンガポール航空
フィリピン航空フィリピン航空
中国東方航空中国東方航空
エアソウルエアソウル
香港エクスプレス航空香港エクスプレス航空
ハワイアン航空ハワイアン航空
ノックスクートノックスクート
セブパシフィックエアーセブパシフィックエアー
エールフランスエールフランス
ジンエアージンエアー