ハワイアン航空で行く航空券+ホテルの格安旅行

ハワイアン航空の航空券+ホテルの同時予約のセット旅行ツアーを格安でお申し込みいただけます。
ハワイアン航空の航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

ハワイアン航空の感想・口コミ

ハワイアン航空について

ハワイアン航空でご旅行へいくならスカイチケットのセット旅行のホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインでハワイアン航空のセット旅行プランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したらハワイアン航空の航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのセット旅行はハワイアン航空で行く皆さまの旅をサポートします。ハワイアン航空は、アメリカ合衆国のハワイを拠点にしている航空会社です。ハワイの都市とアメリカ国内の各都市を結ぶ国内線のほかに、日本などの海外の都市とハワイを結ぶ国際線も運航しています。座席クラスにはビジネスクラスとエコノミークラスがあり、持ち運ぶことができる荷物の量など、サービスの内容がクラスにより若干異なっています。乗客が機内で楽しむことができるサービスは、使用する旅客機により異なり、ボーイングB767型機で利用できるサービスが、タブレットの貸し出しです。映画作品やテレビ番組の鑑賞ができるほか、タブレットを利用してゲームを楽しむことができます。A330型機では最新式のシステムが各座席に設置されていて、各種の映像を機内で楽しむことができます。乗客は手荷物のうち、一定の量の荷物を機内持ち込み手荷物として、客室に携帯することが可能です。携帯することができるのは一つの荷物に限られていて、ハンドバッグ、ブリーフケース、ノートパソコン用のバッグ、リュックサックまたは同じようなバッグの、いずれかのもの一つに限られています。携帯できる手荷物は大きさにも制限があり、長さが22インチ(約55.9cm)、幅が14インチ(約35.6cm)、高さが9インチ(約22.9cm)以下のもの、もしくは3つの辺の合計が45インチ(約114.3cm)以下のものだけを持ち込むことが可能です。客室に携帯できる荷物は重さにも制限があり、25ポンド(11.5kg)以内のものに限られています。荷物は座席の上に設置されている棚や、前の座席の下に収納することができます。客室に持ち込むことが可能な荷物としては、上記のもの以外にも一部例外があります。子供と一緒に旅行している乗客の場合、ベビーシートやチャイルドシート、ベビーカーは、収納棚や座席に収納できるサイズのものに限り、上記の荷物とは別に機内に持ち運ぶことが許されています。また日本を含む国外からアメリカへ向かう国際便では、2018年の6月から、粉末状の飲み物で12オンスを超える量のものは、機内に持ち込むことができないようになっています。12オンスはmlに直すと、350mlです。これらの品物に該当するものとしては、粉末のコーヒーや粉ミルク、香辛料などがあります。そのために、許可された量以上の粉末を持ち運ぶ必要がある場合には、受託手荷物のほうへ分けておく必要があります。国際線の受託手荷物に関する規定は、目的地となっている国によっても規定がそれぞれ異なっています。日本の都市を目的地とする国際線の場合、ビジネスクラスとエコノミークラスでそれぞれ、許容されている受託手荷物の上限が異なります。エコノミークラスの場合、長さと幅と高さの合計が62インチ(157cm)以下のサイズのものが許可されています。重さにも制限があり、50ポンド(23kg)以下のものに限られています。ビジネスクラスの場合、サイズが62インチ以下のものに限られているのは共通していますが、重さの上限が70ポンド(32kg)になっているのが、エコノミークラスと異なる部分です。これらの規定を超えている荷物を持ち込む場合には、重量超過料金とサイズ超過料金がそれぞれ課せられます。日本の都市からハワイへ向かう国際便の場合、受託手荷物の運送にかかる料金は、二つの荷物まで無料になっています。三つ以上の荷物を預ける場合には、一つにつき15000円の追加料金がかかります。重量オーバーしている荷物がある場合に課せられる超過料金は、51ポンド(23kg)以上70ポンド(32kg)以下の重さの場合には、一つにつき5000円です。71ポンド(32kg)以上100ポンド(45kg)以下の場合には、40000円の追加料金がかかります。100ポンドを超える重さの荷物は預けることができません。サイズを超過している荷物にも同様の規定があり、三つの辺の長さの合計が62インチ(157cm)以上で80インチ(203cm)以下のものの場合は、一つにつき15000円の超過料金が必要です。上記のサイズを超える大きさの荷物も預けることができません。ハワイから日本の都市へ向かう航空便の場合も同様の規定ですが、三つ目以上の荷物を預けるときに必要になる追加料金は一つあたり150USドルです。重量超過料金も重さによりそれぞれ、50USドルと400USの料金になります。サイズの超過料金は150USドルです。

以下の地名のリンクをクリックすると空港の詳細情報が表示されます

ハワイアン航空 直行便で行く  成田空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  関西国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル) 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  羽田空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  ジョン・F・ケネディ国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  ポートランド国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  ハリー・リード国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  コナ国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  ロサンゼルス国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  サンフランシスコ国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  シアトル タコマ国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  カフルイ空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  サンディエゴ国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  リフエ空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  ヒロ国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  サクラメント国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  福岡空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  オンタリオ国際空港 出発

ハワイアン航空 直行便で行く  フェニックス・スカイハーバー国際空港 出発

label[for="overseas"]{width:100%}
document.addEventListener('DOMContentLoaded',()=>document.getElementById('overseas').checked=true)

航空会社から航空券+ホテルの格安旅行を探す

全日空全日空
日本航空日本航空
ジェットスタージェットスター
ピーチピーチ
春秋航空日本春秋航空日本
チェジュ航空チェジュ航空
大韓航空大韓航空
キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空
アシアナ航空アシアナ航空
デルタ航空デルタ航空
タイ国際航空タイ国際航空
タイ・エアアジアXタイ・エアアジアX
アメリカン航空アメリカン航空
ユナイテッド航空ユナイテッド航空
中国国際航空中国国際航空
エアアジアXエアアジアX
スクートスクート
ティーウェイ航空ティーウェイ航空
ベトジェットエアベトジェットエア
ベトナム航空ベトナム航空
シンガポール航空シンガポール航空
フィリピン航空フィリピン航空
中国東方航空中国東方航空
エアソウルエアソウル
香港エクスプレス航空香港エクスプレス航空
ハワイアン航空ハワイアン航空
ノックスクートノックスクート
セブパシフィックエアーセブパシフィックエアー
エールフランスエールフランス
ジンエアージンエアー