1. トップ
  2. オセアニア
  3. オーストラリア
  4. バリナ

バリナの概要

バリナ

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードBNK
人気の航空会社-
飛行時間11~13時間
バリナ発の航空券情報はこちら

バリナまでは飛行機でおよそ11~13時間で行くことができます。バリナの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてバリナ旅行を有意義に楽しみましょう。

バリナ行きの最安値を比較

オーストラリア国内からのバリナ行き 最安値を比較

温暖な気候が魅力、絶好のサーフポイント「バリナ」

オーストラリアの都市バリナは、シドニーを有するニューサウスウェールズ州にあり、リッチモンド川の河口に位置しています。美しい砂浜と過ごしやすい温暖な気候が人々を惹きつけ、オーストラリアの中でも退職後の移住者が増えてきている街です。バリナの海岸はサーフィンのスポットとしても知られており、サーファーたちで賑わいます。また、バリナ市内には大きなショッピングモールがあり、買い物には不自由しません。さらに観光地化されていないことから、他都市よりも安い価格でショッピングを楽しめるのも魅力の一つです。

バリナの歴史

元々は先住民であるバンジャラングのアボリジナルの居住地だったとされるバリナ。この地域に最初に足を踏み入れたのが、ヨーロッパ人のヘンリー・ラウスです。その後の1840年代に木こりがバリナを訪れ、ニューサウスウェールズ州最古の製材所が建設されてました。さらに1860年代には砂浜で金が発見され、それ以降1900年まで金の採掘が続きます。その後もサトウキビの栽培や、フェリー事業など、その恵まれた自然を生かし繁栄。現在も、地元の方はもちろん観光客にも愛されるのどかな都市として歴史を刻んでいます。

バリナの経済

バリナの主産業のひとつが牡蠣の養殖産業です。バリナという都市名は、先住民族の言葉で「牡蠣」を意味するという説もあるほど、牡蠣はこの地に根付いています。そのほかにも、エビの漁獲が盛んなことで知られているバリナ。街にはその代名詞といえるエビの巨大なオブジェ「ビッグ・プロウン」が飾られています。また、11月には海老の殻むき競争「バリナ・プローン・フェスティバル」が開催され、街は活気で溢れます。

バリナ行きの格安航空券について

日本からバリナへ直行便は運航していませんので、乗り継ぎが必要です。主な経由地としてシドニーやメルボルンなどがあります。格安航空券をお探しの方には、アジア各都市とオーストラリアの計2都市を経由するプランが良いでしょう。香港経由のキャセイパシフィック航空や、ホーチミン経由のベトナム航空等があります。オーストラリアの国内線は、ジェットスター航空などのLCCを利用するとより価格を抑えることが出来るのでおすすめです。

バリナの気候

温暖湿潤気候に属しているオーストラリアのバリナ。老後の移住者が増加するほどの温暖な気候が特徴。ただ、冬の海で泳ぐことは難しいようです。10月から3月頃の夏が観光のベストシーズンといえるでしょう。また、1年を通して雨が多いため雨具は必須です。

バリナの主な交通手段

バリナの主な交通手段

画像の出典元: wagon16

効率的に移動したい方にはレンタカーの利用がおすすめです。レンタカーは空港と市内どちらからでも利用することができます。また、バリナ・バイロンベイ空港から市内へは、タクシーやレンタカーなどの車で7分程度です。

バリナ行き航空券利用者の声

大阪⇔バリナ 22歳女性

友達と4人でバリナへ旅行へ行ってきました。友達の1人が2年前にバリナに短期留学していて、とても楽しかったと言っていたので、仲の良い友達みんなで遊びに行くことにしました。みんな貯金があまりないので、貧乏旅行です。航空券は、もちろん格安航空券。一番安かった航空券を購入し、宿泊先は安宿を予約しました。関西空港を朝の9時に出発して中国国際航空で約3時間半かけて北京へ。北京の空港に着いたら、まずその広さに驚きました。人もたくさんいました。乗り継ぎ時間が13時間もあったので、空港の外へ出て地下鉄で市内に移動して、北京の街を少し観光しました。短い時間でしたが、グルメやショッピングを楽しめました。空港が広いので、迷って飛行機に乗り遅れるのが怖かったので、早めに空港へ戻りました。

現地時間の夜中の1時に、北京から中国国際航空でシドニーへ出発。北京からシドニーまでは約12時間の長い飛行時間でした。みんな北京観光で疲れていたのでゆっくり寝れました。起きたらもうすぐで到着の時間になっていました。シドニーでも乗り継ぎ時間が約16時間もあったので、入国検査を済ませてシドニー観光。オペラハウスも見れて最高でした。早めに空港へ戻り、国内線でバリナへ。バリナには4泊し、美しい海や川に癒されました。

東京⇔バリナ 42歳男性

仕事でバリナへ行きました。移動時間が少ない方がいいので直行便が良かったのですが、成田からバリナまでの直行便はないので、乗り継ぎが1回のカンタス航空を利用しました。夜の8時に成田空港を出発し、約10時間半かけてメルボルへ向かいました。夜の便だったので、機内ではぐっすり眠ることが出来ました。カンタス航空は、機内食も美味しくて、サービスも良かったです。メルボルンに到着し、入国検査を済ませて国内線へ移動。メルボルンからバリナまでは2時間ほどで到着しました。

バリナに着いたのは夜だったので、そのままタクシーでホテルへ向かい、移動で疲れた体を休めました。バリナには3日間しか滞在できなかったので、観光する時間はほとんどなかったのが残念でした。帰りもカンタス航空を利用して、メルボルン経由で成田空港へ戻りました。帰りは、メルボルンでの乗り継ぎ時間が12時間ほどあったので、空港の外へ出ることにしました。空港からタクシーでメルボルンの中心部へ移動して、ご飯を食べたり観光スポットなどを回りました。メルボルンの街は、とても美しく、まるでヨーロッパのようでした。空港へ戻り、出国検査などを済ませて成田空港行きの飛行機に乗りました。遅延などもなく、予定通りに帰って来れたので良かったです。

東京⇔バリナ 32歳女性

彼氏と二人でサーフィンが有名なバリナへ行ってきました。私も彼氏もサーフィンが大好きなので、バリナに旅行へ行くことを決めました。昼過ぎに成田空港を出発して、上海経由でメルボルンへ。メルボルンまでは中国国際航空を利用しました。中国国際航空を利用したのは今回が初めてでしたが、スタッフがとてもフレンドリーでした。機内食も美味しかったです。メルボルンからバリナまではカンタス航空を利用。夕方に空港に到着して、タクシーでホテルへ。毎日サーフィンをする予定だったので、海の近くのホテルを予約していました。プールもついているホテルでした。

利用しませんでしたが。翌日から毎朝早く起きてサーフィン三昧。ビーチには地元のサーファー達がたくさんいました。バリナには4日間滞在しましたが、帰りたくなくなるほど素敵な街でした。
帰りは、シドニーと北京で飛行機を乗り継いで成田空港へ戻りました。一番安い航空券を購入したので、遅延やトラブルなどがないか不安でしたが、特に問題もなく無事に帰ってこれました。また、お金を貯めてバリナへ旅行したいと思います。

バリナ旅行 よくあるFAQ

渡り鳥と飛行機がぶつかることはないのでしょうか?

飛行機は通常、渡り鳥が飛んでいる高さよりも、かなり高い位置を飛行しているため、ぶるかることはほとんどありません。

車いすのまま機内に入ることは出来ますか?

飛行機の機種や空港によっては機内で車いす利用することが出来ない場合もあります。そのため、事前にご利用される航空会社にお問い合わせください。

スキーは、機内に持ち込めますか?

60㎝以下のスキーであれば、機内に持ち込めます。60㎝を超えるものは、受託手荷物としてご利用される航空会社のチェックインカウンターでお預けください。

アイススケートの靴は機内に持ち込めますか?

アイススケート靴は、機内持ち込みが禁止されていますので、受託手荷物としてご利用される航空会社のチェックインカウンターでお預けください。