1. トップ
  2. オセアニア
  3. オーストラリア
  4. アバロン

アバロンの概要

人口-
都市コードAVV
人気の航空会社-
飛行時間11~13時間
アバロン発の航空券情報はこちら

アバロンまでは飛行機でおよそ11~13時間で行くことができます。アバロンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてアバロン旅行を有意義に楽しみましょう。

アバロン行きの最安値を比較

オーストラリア国内からのアバロン行き 最安値を比較

航空機が空を舞う、ビクトリア州の玄関口「アバロン」

ビクトリア州のジーロングという都市の郊外にある小さな町、アバロン。ビクトリア州第2の都市ジーロングまで車で30分とほど近く、町には空港や住宅街のほか、アバロンカレッジなどの教育機関もあります。そんなアバロンの有名なイベントが「オーストラリア国際航空ショー」です。国内外の空軍が集まり、華麗な飛行を披露します。火の壁を使ったりとスリリングな演出に圧巻です。さらに、ビクトリア州の州都メルボルンにも近いことから、少し足を延ばせば多彩な観光が楽しめるのも魅力的。長期の旅行でオーストラリアを満喫したい方にもおすすめの町です。

アバロンの歴史

アバロンのあるビクトリア州は、もともとイギリスの植民地でした。19世紀の半ばに始まったゴールドラッシュによって人口が増加し、町は発展。1956年にはメルボルンでオリンピックが開催されましたが、アバロン空港は軍用だったため、当時はあまり活躍しませんでした。しかし現在は空港が民営化され、ビクトリア州のメルボルン、ジーロングの玄関口となっています。

アバロンの経済

注目の産業は観光業です。2年に1度開催される「オーストラリア国際航空ショー」には毎回たくさんの人が訪れます。また、アバロン空港から近いジーロングは海沿いにある都市。クイーンズクリフ海洋博物館などの観光地がたくさんあることも、玄関口であるアバロンの観光業を支えています。

アバロン行きの格安航空券について

日本からアバロンへ直通便は就航しておらず、シドニーを経由するルートが便利です。コストパフォーマンスを重視する方には、ジェットスター航空が良いでしょう。アバロン空港はジェットスター航空のハブ空港であるため、航空券を格安で手に入れることができます。より安価な航空券をお求めの場合は、アジア各都市を含む計2都市以上を経由するプランをおすすめします。

アバロンの気候

ビクトリア州の北西は気温が高く乾燥していますが、北東は雪が降るほど厳しい寒さに見舞われます。そのため、州内でも行く先々で天気予報をしっかりと確認しましょう。また、アバロン近郊に位置するメルボルンは天気が変わりやすいため、アバロン空港からの移動には注意が必要です。折りたたみ傘や、脱ぎ着しやすいカーディガンなどを用意しておくと、いざというとき役立ちます。

アバロンの主な交通手段

アバロンはメルボルンに近いことで知られる都市です。そのため、空港からメルボルンまでバスが運行。50分ほどでメルボルンのサザン・クロス駅に到着します。そのほかにも、空港にはレンタカーの営業所があり、他都市の空港などに乗り捨てができるため便利です。

アバロン行き航空券利用者の声

成田⇔アバロン 36歳 男性

観光地化されていない静かな環境で自然に癒されたいと思い、有給休暇を取ってオーストラリアのメルボルン郊外のアバロンに行ってきました。成田・羽田からオーストラリアのアバロンまでは、直行便が就航していませんので、私は成田からLCCのジェットスターでまずシドニーまで行き乗り継いでアバロンという行程。
ジェットスターのようなLCCは乗客が少ないと突然キャンセルしてしまうことがあるなどと聞きますが、とくに観光する予定もなく時間に余裕があったので航空券を取ってみました。コスパを重視するなら、だんぜんジェットスター航空がおすすめですね。日系航空会社の格安航空券よりももっと安い値段で、オーストラリアまで行けるのですから。
ジェットスターの座席は全席自由席で、航空券に止められている紙の色で座席が決まります。安い割にそれほど乗り心地が悪くありませんでした。アメニティーなどもろもろ全て有料なのは承知のうえです。サービス面ではそれほど高評価はされていませんが、スタッフがきびきびしていて気持ちよく、欠航時には日本航空への振替があるのがLCCとしては珍しいと思います。とはいえ、やはりいきなり欠航するのは困りますね。
幸い私が乗った便は欠航せず、無事にシドニーに到着。そこからの乗り継ぎもスムーズでした。アバロンまでは約1時間半ほどのフライト。たっぷりと自然に癒され、何もしない贅沢な休日を楽しみました。

成田⇔アバロン 29歳 男性

オーストラリア人との結婚を期に移住した友人に会いに、メルボルン近くのアバロンに行くことに。まずは航空券探しです。格安航空券も魅力的ですが、私は外国に行く時も、つい日系の航空会社を選んでしまいます。全日空は料金的には激安とはいえませんが、時期によっては10万を切る価格で航空券が手に入ることもあります。同じ日系の日本航空もサービスの評価は高いですが、私の好みは全日空。機内食もとても美味しく、親子丼などのメニューも嬉しいです。フライトはシドニー経由で長いので機内食が楽しみの1つになります。このフライトではクリーミーな海の幸のグラタンのような洋食で、まずまずでした。シドニーからアバロンはあっという間でした。アバロン空港到着後は市街まではバスで移動し、無事友人夫婦と再会。
アバロンにはワーホリで滞在する人も多いらしく、意外にも日本人の姿をちらほら見かけました。滞在中は友人夫婦がメルボルンも案内してくれて、楽しい時間を過ごせました。

羽田⇔アバロン 30歳 女性

趣味のサーフィンを楽しみに、羽田からシドニー経由でアバロンまで行ってきました。利用したのはいつものカンタス航空の航空券。カンタス航空の格安航空券は時期によっては、LCCを除いたどの航空会社よりも安い時もあり気に入っています。カンタス航空は接客サービスは許容範囲、機内食は美味しいほう、機内エンターテイメントが凄い、シートピッチが広いなど、LCCとの価格差を考えてもメリットは多いと感じます。特に最新鋭の機内エンターティメントはタッチパネルを使い、オンデマンドで映画が観れるなど、とても優れていて、10時間以上のフライト時間もあっという間に感じました。アバロンではサーフィン三昧の日々を過ごし、大満足の休暇を過ごしました。また次回もカンタスの航空券で行きたいと思います。

アバロン旅行 よくあるFAQ

アバロンからメルボルンへの行き方は?

アバロンへはシドニーを経由していくルートが一般的ですが、地理的にはメルボルンに近い街です。空港からメルボルンへはバスやタクシーで移動可能ですが、バスは本数が非常に少ないので注意しましょう。

アバロン空港はどんな空港?

アバロン自体が人口10,000人規模の小さな街ですので、空港もそれほど大きくはありません。アバロン空港にはカンタス航空をはじめ、日本航空、全日空など格安航空券で乗れる飛行機も就航しているのですが、人気が高いLCC、ジェットスターには専用ターミナルがあります。アバロンはこのジェットスターのハブ空港となっており、乗り換えで利用する人も多い空港です。

アバロン空港内の設備は?

アバロン空港には、飲食店やギフトショップもあり、携帯の充電器や公衆電話、トイレなど、長時間いても必要なものは完備されています。またキッズゾーンもあるので、小さな子供連れの旅行にも便利です。