1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ギリシャ
  4. アテネ

アテネの概要

アテネ

画像の出典元: 

人口-
都市コードATH
人気の航空会社
  • ターキッシュ エアラインズ
  • ルフトハンザドイツ航空
  • アエロフロートロシア航空
飛行時間14~16時間
アテネ発の航空券情報はこちら

アテネまでは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。アテネの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてアテネ旅行を有意義に楽しみましょう。

アテネ行きの最安値を比較

数多の古代遺跡が現存する、ギリシャの首都「アテネ」

ギリシャにおけるアテネの歴史はかなり古く、それゆえ市内には多くの古代遺跡が存在します。特に観光地として人気なのが、紀元前に造られた有名なパルテノン神殿や野外演劇場であるヘロドス・アッティクス音楽堂。この劇場は毎年、アテネ祭の会場になることでも有名です。ほかにもビザンティン博物館やアクロポリス博物館、アテネ国立考古学博物館といった考古学に特化した博物館が多いのも、歴史あるアテネの特徴。また、市内には国立公園も充実しているため、観光の最中に地中海の豊かな自然を堪能することができるでしょう。

アテネの歴史

今から3400年ほど昔、古代ギリシアの時代から歴史が続いている都市・アテネ。中でも黄金時代と呼ばれるほど栄えたのが紀元前5世紀で、民主主義が進み、政治的・芸術的に大きく栄えました。その顕著な例として、「パルテノン神殿」といった巨大建造物を含むアクロポリスが政治政策により建設されたことが挙げられます。そして、現代までその名が残るほど優秀な劇作家や哲学家、歴史家などが誕生したのもこの時代。観光地として、また芸術都市として知られるアテネはまさに、黄金時代から始まったといっても過言ではありません。

アテネの経済

アテネはギリシャ経済において重要な役割を担っており、伝統工業に関しては多くの国内企業が市内にオフィスを構えています。有名どころには老舗のブランデー会社・メタクサ社や、ヨーグルト産業で名高いフェージ社があります。また、2004年のアテネオリンピック以降インフラが改善されたことも手伝い、観光業も主産業のひとつとなっています。それゆえ、観光客が使いやすい観光地直通バスが数多く整備されています。

アテネ行きの格安航空券について

日本とアテネ間の直行便はなく、乗り継ぎが必要です。移動時間を短縮したい場合は、トルコ・イスタンブール経由がオススメ。およそ15時間で到着可能です。そのほかの行き方として多いのがヨーロッパ経由。時間としては16時間から20時間程度かかりますが、乗り継ぎの選択肢が豊富なため利用しやすくなっています。また、値段を抑えていきたい場合はアエロフロートロシア国際航空から格安航空券が出ているので、チェックしてみると良いでしょう。

アテネの気候

北半球に位置するギリシャ・アテネの夏は長く、6月からすでに最高気温が30度を超える日が続きます。ですが空気はかなり乾燥しているため、体感としては気温よりも涼しく感じることでしょう。しかし、近年のアテネは都市化にともないヒートアイランド現象が起こっており、知らぬ間に熱中症になってしまう可能性もあるので要注意。また、10月から4~5月までは雨が続く日が多いですが、平均気温が10度前後と過ごしやすくなっています。

アテネの主な交通手段

アテネの主な交通手段

画像の出典元: en.wikipedia.org

鉄道やトラム、市内バスといった交通機関が非常に整備されているアテネ。特に市内バスに関してはアテネ全域をカバーしているため、利用が便利。ただし、停車するバス停のアナウンスが車内に流れることがないため、降車の際は注意が必要です。また、遺跡や美術館、博物館などの観光地へは直通のバスも運行しているので、そちらを利用するのもオススメ。

アテネ行き航空券利用者の声

成田⇔アテネ 29歳女性

成田からモスクワを経由してアテネまで行きました。利用した航空会社はアエロフロート・ロシア航空。アエロフロート・ロシア航空は以前に墜落事故があったという事で家族には反対されたのですが、航空券が11万ととても安かったので思い切って購入してみました。
実際に利用してみての感想ですが、サービスはいたって普通。ほかの外資航空会社と同じように、そこまでフレンドリーではない接客とスタッフ同士の会話など、とても自由に仕事をしているといった印象です。これらに関して特に私は気にならなかったのですが、帰りのフライトで心配していたことが起こりました。
元々モスクワでの乗り継ぎ時間が1時間40分しかなかったのに、出発が1時間も遅延したのです。結局モスクワには50分遅れで到着。走って乗り継ぎをしなければならなくなりました。到着口にてアエロフロート・ロシア航空の係員の人がおり、乗り継ぎ旅客の名前を控えながら何人かには途中まで案内をしていました。予想の範囲内ではありましたが、実際にこういう状況になるととても焦りますね。なんとか今回は間に合ったので良かったですが、外資航空会社への不信感が増した旅行でした。

成田⇔アテネ 24歳女性

一人旅で大好きなアテネへ。今回もターキッシュ・エアラインズの格安航空券を利用して行ってきました。ターキッシュ エアラインズは以前にも利用したことがあり、トルコらしい雰囲気を感じられるのが良かったので今回もあえて選択。イスタンブールでの乗り継ぎが必要ですが、航空券がとても安いのが魅力的です。ターキッシュ・エアラインズは、機内食でもトルコ料理を出してくれます。ケバブのようなものや「ロクム」という甘いトルコのお菓子が提供され、まるでトルコを観光したような気分になります。
しかし、今回の旅ではちょっとドキッとした出来事も。帰りにアテネでチェックインをしようとした際に、なかなかカウンターがオープンせず、結局チェックインができたのが出発の1時間前でした。アテネの空港はそこまで大きくないので問題なかったですが、もう少し早めにカウンターをオープンして余裕をもって搭乗口に行けるように配慮してくれると良いと思います。
また、私は8月にアテネに行きましたが、とにかく暑いので対策を充分にする必要があります。水分補給や休憩をこまめに取り、街中にはトラムが走っているのでそれらをうまく利用しましょう。徒歩での移動を極力減し、体力を温存しつつ上手く観光できようスケジュールを組むと良いですよ。

羽田⇔アテネ 23歳女性

大学の友人と卒業旅行でアテネに行ってきました。なるべく旅費を抑えたかったので、航空券は羽田空港からドーハを経由してアテネまで行くカタール航空のものを選びました。羽田空港を深夜0時に出発してアテネにも0時に到着するというスケジュールだったので、アテネ空港から市内までは乗り合いバスなどは利用せず、すべて旅行会社を通して送迎を予約。ここは少し奮発しておいて正解でした。
アテネの治安についてはあまり心配していなかったのですが、やはり夜はとても物静かで人影もあまりありませんでした。飛行機の到着後もすぐに帰路についてしまうので、夜は空港自体も静まり返っています。深夜のフライトを利用する際は、事前にしっかりと準備しておくことをおすすめします。
一方、昼間のアテネは多くの観光客であふれていて活気があります。また、至るところに遺跡が見られ街自体が博物館のような感じでした。歴史やギリシャ神話が好きな方はきっと楽しめると思います。

アテネ旅行 よくあるFAQ

予約の際に、パスポート番号の入力を間違えてしまいました。どうしたらいいですか?

航空会社のウェブサイトの予約確認ページから修正するか、予約センターに電話をして修正してもらいましょう。

復路の変更は可能ですか?

航空券の種類によります。予約センターに確認をしましょう。

機内での電子タバコの利用は可能ですか。

機内での喫煙は電子タバコであっても不可となっています。喫煙をした場合、運航に支障をきたす場合もあるので、いかなる理由があっても喫煙はしないようにしましょう。

機内にも何キロまで荷物を持って行けますか?

航空会社によりますが、ほとんどの航空会社が10キロ以下と設定しています。わざわざカウンターにて重量の確認はされませんが、あまりに大きい荷物の場合は声をかけられる場合もあります。