1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. スペイン
  4. バレンシア(スペイン)

バレンシア(スペイン)行き国際線格安航空券を比較・検索

バレンシア(スペイン)の概要

バレンシア(スペイン)

画像の出典元: sanfamedia.com

人口-
都市コードVLC
人気の航空会社
  • ルフトハンザドイツ航空
  • KLMオランダ航空
  • エールフランス
飛行時間14~16時間

バレンシア(スペイン)発の航空券情報はこちら

バレンシア(スペイン)までは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。バレンシア(スペイン)の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてバレンシア(スペイン)旅行を有意義に楽しみましょう。

バレンシア(スペイン)行き航空券の最安値を比較

奇祭で賑わう歴史ある都市「バレンシア」

スペインの北東部、地中海西部に位置する港湾都市バレンシア。市内にはトゥリア川があり、地中海へと流れています。古くから地中海貿易と北アフリカ貿易の拠点として繁栄し、現在ではマドリード、バルセロナに次ぐスペイン第3の都市として高い経済成長率を誇っています。バレンシアと言えば、スペイン三大祭の1つ「バレンシアの火祭り」も有名です。3月19日の「サン・ホセの日」に沢山の張子人形が焼かれるさまは、息を呑む光景です。また、火祭りをはじめとする観光業も、現在急成長。旧市内には徒歩圏にカテドラルや市庁舎など、歴史が詰まった見どころが凝縮しており、多くの観光客で賑わっています。

バレンシアの歴史

バレンシアの歴史は紀元前に遡ります。紀元前3世紀頃、古代ギリシア人が交易のために市を設立しました。その後、西ゴート人、イスラム圏の支配下に入ります。さらに11世紀以後は、キリスト教徒による再征服活動レコンキスタの舞台になり、激しい争いが繰り広げられました。キリスト教徒の手に戻った13世紀頃から繁栄を極め、現在に至っています。

バレンシアの経済

金属機械、光学・医療器具、繊維、陶器などを中心としたバレンシアの産業。国内第2の輸出港であるバレンシア港を有し、その2割は輸出されています。また、年間を通して温暖な気候と晴天率が高いことから、農業も盛んです。特に、バレンシアオレンジとバエリアの本場として名を馳せています。

バレンシア行きの格安航空券について

日本からの直通便は就航していません。そのため、ヨーロッパなどの主要都市を経由します。東京からはエールフランスやスイスエアラインズ、ルフトハンザドイツ航空、KLMオランダ航空などの格安航空券がおすすめです。また、マドリードまでの格安航空券を購入し、スペインが誇る高速鉄道「AVE」に乗車。最高時速300kmの電車の車窓から風景を楽しみ、スペインの大地を走り抜けながらバレンシアへ行くのも良いでしょう。

バレンシアの気候

地中海性気候に属しています。冬は穏やか、夏は長く暑い気候が特徴。年間を通して晴天率が高い地域です。フェーン現象により冬場は欧州内で一番温暖な地域になります。観光のベストシーズンは春から夏。通年、穏やかな気候とはいえ、冬にバレンシアを訪れる際はコートなどの防寒対策が必要です。

バレンシアの主な交通手段

バレンシアの主な交通手段

画像の出典元: ja.wikipedia.org

公共交通機関が発達しており、バスやメトロ、トラム、タクシーなどが利用できます。メトロとトラムの料金システムは共通。チケットはバスのみ有効のタイプや、バスとメトロ・トラム共通のタイプ、日数や利用可能なゾーンが違うタイプなど、さまざまな種類があります。そのため、滞在日数や行動エリアに応じて購入すると良いでしょう。

バレンシア行き航空券利用者の声

成田⇔バレンシア 男性 32歳

スペインプロサッカーリーグに所属しているバレンシアCFの大ファンなので、毎年1回会社の長期休暇を利用して現地観戦をしにバレンシアを訪れています。2016年に訪れた時は、スイス・インターナショナル・エアラインズを利用してチューリッヒ経由でバレンシアに入りました。
成田からチューリッヒまでは約12時間。仕事柄アジア圏には頻繁に出張しているので飛行機には慣れていますが、ヨーロッパは年1回のみですので心なしか緊張してしまいます。スイス・インターナショナル・エアラインズのエコノミー席の座席についている枕のようなものは、ANAやJALのものより断然良く本物の枕のようで満足しています。
チューリッヒでのトランジットは1時間だけなので、すぐにバレンシアに向けて出発。そこから約2時間のフライトです。バレンシア空港から市内までは地下鉄が通っているので20分程度で行くことができます。楽しみにしていた試合は見事バレンシアが勝ち、終始大満足な旅行でした。

羽田⇔バレンシア 女性22歳

バレンシア大学に語学留学をしており、現地に在住しているものです。バレンシアに住んで3年目になりますが、バレンシアはとても過ごしやすい場所で気にいっています。私の実家は川崎にあるので、年に2回帰国する時は羽田空港を利用しています。
国際線が本格利用されるようになってから羽田空港はとても綺麗になり、レストランやショップが増えたので、空港でお寿司やラーメンなど日本食をお腹一杯食べて飛行機に乗るのが私の定番です。お陰で搭乗して少し経って出てくる機内食はほぼ手がつけられませんが…。
帰国する時期は値段によっていくつかの航空会社を使い分けていますが、直近で帰国した際にはエールフランスを利用しました。フランスまでは約12時間のフライトですが、平日出発のせいか搭乗客も少なく、隣が空席だったのでゆったりスペースを使うことができました。日本の映画やドラマも気兼ねしなく見ることが出きてとにかく快適な空の旅でした。 パリ・シャルル・ド・ゴール空港でトランジットをして、約2時間でバレンシアに到着。空港について地下鉄に乗ると「あぁ帰ってきたな」という気分になります

成田⇔バレンシア 男性61歳

息子が日本の会社から現地駐在員として出向しているため、息子を訪ねて家内と一緒にバレンシアに行ってきました。スペインといえばバルセロナやマドリードしか知りませんでしたが、スペイン第3の都市がバレンシアなんですね。利用した航空会社はトルコ航空。成田を21:25に出発するTK53便です。
総飛行時間でいうとスイス航空の方が短かったのですが、トルコ航空はANAと同じスターアライアンスに加盟しており、AMAのマイルが貯まるため選びました。バレンシアまでは直行便の就航がないので、イスタンブールのアタチュルク国際空港経由になります。イスタンブールでは約4時間半のトランジット時間があったので、朝食を食べてスターバックスで寛いでいました。
イスタンブールからマレーシアまでは約4時間。空港到着後は地下鉄に乗り換えて市内中心部まで行き、息子家族と会うことが出来ました。近年ヨーロッパでは度々テロが起きているので警戒していましたが、何事もなくてホッとしています。ヨーロッパ訪問が初めての私達にとって、バレンシアの風景や食べ物はとても新鮮でした。ぜひまた訪れたいです。

バレンシア旅行 よくあるFAQ

食品アレルギーがあるのですが、機内食は特別食を用意してもらえますか?

チケット予約時にその旨を伝えていただければ、事前に該当アレルギーが含まれない食事を用意することができます。ただし、他社のサイトを経由してチケットを購入するよりも、航空会社のホームページから直接購入し、購入時にリクエストするのが一番確実です。

ゴルフバックは別料金ですか?

航空会社によって規定が異なります。各航空会社のホームページをチェックしましょう。

チケットのキャンセル・変更は可能ですが?

チケットの種類や条件によります。例えば、プロモーション価格のものは発券後のキャンセルや変更が不可のことがほとんどです。それ以外は無料で可能なところもあれば、いくらかキャンセル料を払って変更する場合もあります。

機内持ち込み手荷物の条件はありますか?

基本的にどこの航空会社も7kgの手荷物を1つという規定があります。詳細は各航空会社のホームページをチェックしましょう。