1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. スウェーデン

スウェーデン旅行へ行く前に確認するポイント

Kingdom of Sweden

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E7%A9%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E9%A2%A8%E6%99%AF-stockholm-sweden-gm163731559-23346685?st=bd2a08c

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称スウェーデン王国
人口約950万人
首都ストックホルム
国コードSE
言語スウェーデン語、フィンランド語、メアンキエリ、ロマ語、サーメ語、英語など
国番号(電話用)46
スウェーデン発の航空券情報はこちら

スウェーデンまでは飛行機でおよそ11~12時間で行くことができます。スウェーデンの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なスウェーデン旅行を楽しみましょう。


スウェーデンは、北欧スカンディナヴィア半島の半にある立憲君主制国家です。所得税が高く、そのぶんで福祉を充実させる社会民主主義国としても知られ、老後が安泰な国といわれています。ノルウェーとフィンランドに挟まれていて、南西は細いエーレスンド海峡を挟んでデンマークの首都コペンハーゲンと向かい合っています。

スウェーデン行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 札幌 (新千歳空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からスウェーデンへの渡航について

直行便と飛行時間

日本発の直行便はないので、ヨーロッパ主要都市を経由して入国するのが一般的です。所要時間は12~19時間程度です。ストックホルムに本社を置くスカンジナビア航空が日本の成田空港に乗り入れていますが、直行便はデンマークのコペンハーゲン空港行きとなっています。

日本との時差

日本との時差はマイナス8時間です。なお、サマータイムを導入しているため、期間中は時差が7時間になります。

スウェーデンにおけるビザ・入国手続きについて

パスポートの有効残存期間が出国予定日から3カ月以上あり、10年以内に発行されたものであれば、ビザは必要ありません。180日の期間の中で、90日以内でしたら滞在することができます。入国審査の際はパスポートのみを提示し、審査官から返却された際には入国スタンプが押されているか必ずチェックしましょう。なお、スウェーデンはシェンゲン協定に加盟しているので、他の加盟国に入る際の手続きは不要です。

スウェーデンの気候について

スウェーデンは北欧諸国で最大の面積をもっています。その国土の約53%が森林でおおわれ、9万個以上の湖が点在しています。気候は全体的に冷涼で乾燥しています。南部のスコーネ地方だけが緯度のわりに温暖な気候のため、豊かな穀倉地帯となっています。国土の北部はラップランドと呼ばれる極北の地で、夏は白夜で1日中陽が沈まず、冬は太陽が昇らない事もあります。

スウェーデンの免税について

チェックイン前に出発ロビーのグローバル・リファンド・カウンターで購入品を提示し、承認スタンプ受領後、トランジット・ホール内のグローバル・リファンド窓口で換金します。

必要最低払い戻し購入額 200スウェーデン・クローネ
VAT税率 25%、12%(食品類)、6%(書籍)
払い戻し率 8.3~17.5%、3.3~8%(食品類)
税関スタンプ受領期限 購入月から3ヶ月以内
免税書類申請期限 購入日より1年
免税条件
必要な税関スタンプ ・スウェーデンまたはEU圏最終出国税関 ・ノルウェー、フィンランドの代行 印 ・デンマークのグローバルブルーで受領で きる税関代行スタンプでも有効
特記事項 レシート原本添付が必要になります。 税関代行スタンプが押されている場合はパスポートコピーを書類に添付が必要です。税率6%の書籍は払戻対象ではありません

スウェーデンの通貨とチップ

画像の出典元: upload.wikimedia.org

通貨について

通貨は、スウェーデン・クローネとオーレ(1/100クローネ=1オーレ)。紙幣は20、50、100、500、1000クローネの5種類。コインは1、5、10クローネと50オーレ。

チップについて

基本的にスウェーデンにチップの習慣はありません。特別な用事を頼んだときのみ、お礼として渡すとよいでしょう。飲食店でサービス料が料金に含まれていない時のみ、7%~10%程度のチップを渡しましょう。ただし、タクシーでは通常の乗車でも料金の端数分はチップとして、おつりから差し引くようにします。

旅のお役立ち情報

スウェーデンのコンセント形状はtype-b

スウェーデンの電圧とコンセント

スウェーデンの電圧は220vで周波数は50Hz。日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。プラグタイプはBタイプとCタイプです。

77

スウェーデンのネット環境

Wi-Fiが普及されているため、たいていの場所でインターネットに接続可能です。有料だったりログインにアクセスコードが必要なところもありますが、接続方法は簡素化されているので気軽に利用することができます。

103

スウェーデンの飲料水

スウェーデンの水道水は水質がよく、そのままでも飲用可能です。ミネラルウォーターを購入する場合は炭酸水が多いので、よく確認してから購入することをおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

スウェーデンの文化

青い目の日本人ともいわれるほど、スウェーデン人の性格は日本人に似ています。規律を守り、控え目で無口。IKEAやH&Mなど日本でもおなじみの店も、真面目な商売気質ゆえに世界規模にまで発展したともいえます。健康志向が強く、エコに対して関心が高いのも特徴です。また、高税率高福祉の社会制度は世界的に知られています。そのためか、シングルマザーでも生きていけるが故に離婚率が高いです。福祉が整っていることから将来が安泰なため、貯蓄しようとか儲けようという気持ちがなく、今を楽しんでいる人が多いようです。

スウェーデンの宗教

人口の約8割が、キリスト教福音派ルーテル教会に所属しています。

スウェーデンのマナー

お店に入る時は、必ずあいさつを。商品を手に取る時は、店員さんにひとこと声をかけましょう。アルコールが購入できるのは、政府直営のリカーショップ、システム、ボラシェットのみとなっています。公共の場での喫煙は禁止です。

スウェーデンの食文化

画像の出典元: istockphoto.com

スウェーデンは国土が南北に長く、地域によって食文化にも違いがあります。北部ではトナカイやジビエを食し、南部では野菜を多く摂ります。また、対照的な味の組み合わせを好み、代表的なものではスパイスのきいたミートボールに苔桃ジャムをつけて食べるショットブラールが有名です。また、「ヤンソンの誘惑」や「空飛ぶヤコブ」といった変わった名前のキャセロール(グラタンの一種)が、家庭料理としては定番のご馳走です。どの料理にも、付け合わせとしてマッシュポテトがついていることが多いです。毎週木曜日はスープの日となっていて、黄色いエンドウ豆のスープ「アートソッパ」をパンケーキと共に食べます。毎年8月には伝統のザリガニパーティーがあり、茹でて塩と砂糖少々と大量のイノンドで調理し、ブロスで漬け込んだものが振る舞われます。

スウェーデンの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

スウェーデンの主要観光地

スウェーデン首都ストックホルムは「水の都」や「北のヴェネツィア」などと謳われ、市庁舎や王宮、大聖堂にヒョートリエット市場などのきらびやかな観光名所が美しい街並みにとけこんでいます。また、ノーベル賞の授賞式が行われることでも知られ、ノーベル賞設立100周年を記念して作られたノーベル博物館もみどころの1つです。北部には、オーロラと鉄鉱山の町キールナや氷のホテルで知られる村ユッカスヤルヴィがあります。南部のマルメやヘルシンボリはデンマークとの間で幾度となく争奪戦が繰り返された歴史都市。今では、フェリーや鉄道で気軽に対岸のデンマークへ渡れる便利な観光スポットとなっています。

スウェーデンの世界遺産

スウェーデンには、複合遺産も含めれば15の世界遺産があります。文化遺産はドロットニングホルムの王領地、ビルカとホーヴゴーデン、エンゲルスバーリ製鉄所、ターヌムの岩絵群、スコーグスシュルツコゴーデン、ハンザ同盟都市ウィスビュー、ルスドのガンメルスタードの教会街、カールスクルーナの軍港、エーランド島南部の農業景観、ファールンの大銅山地域、ヴァールベリの無線局、シュトルーベの測地弧、ヘルシングランドの装飾農家群の13か所。自然遺産はヘーガクステンとクヴァルケン群島の1件です。また、複合遺産として自然やサーメ人の伝統文化が残るラポニア地域が登録されています。

スウェーデンのお土産について

スウェーデンのお土産で人気なのは、ダーラヘストというスウェーデンを代表する馬の人形です。そのほかには、寒い地域ならではの優れた防寒用品やテキスタイルの商品、ノーベル賞メダルのチョコレートもおすすめです。

スウェーデン行き航空券利用者の声

羽田⇔ストックホルム 39歳男性

昨年、ストックホルムに家族で行ってきました。子供も一緒なので、飛行機はいいものを利用したいと思い、ANAとルフトハンザ航空を利用しました。行きは成田からフランクフルトまではANA、フランクフルトからストックホルムまではルフトハンザ航空を利用し、帰りはミュンヘンで乗り継ぎをして帰ってきました。せっかくの家族でのヨーロッパへの旅行だったので、少し奮発をしてANAの区間だけプレミアムエコノミークラスを利用するようにしました。食事の内容はエコノミークラスと同じだったので少しがっかりしましたが、足もゆったりと延ばすことができ、快適なフライトとなりました。出発時にラウンジも利用することができたので、とてもよかったです。しかし、帰りのフライトの際は、ルフトハンザ航空のクラスがエコノミークラスだったため、荷物にプライオリティタグを付けてもらうことができませんでした。ANAの区間がプレミアムエコノミークラスであれば、添付をしてほしかったと思います。
ストックホルムはとても寒かったですが、日本とは違った雪景色を楽しむことができとてもよかったです。寒いながらも晴れ間がさす日も多かったので、観光も満喫できました。

成田⇔ヨーテボリ 29歳女性

フィンランド航空を利用してヨーテボリまで行ってきました。ヘルシンキにて乗り継ぎがありましたが、行きも帰りも所要時間が20時間もかからないとてもいい旅程でした。しかし、航空券購入後によく旅程を見てみると、行きのヘルシンキでの乗り継ぎが40分しかありませんでした。私はとても不安になってしまい、航空券を変更しようと思ったのですが、格安航空券だったために一切変更はできないといわれ、不安なままこの旅程で出発をすることにしました。行きの搭乗手続きカウンターでも乗り継ぎが間に合うかの確認をしたのですが、みんな口をそろえて心配ないとの回答でした。結局飛行機は30分ほど早く着いたので問題なかったのですが、少しリスクがありましたし、ずっとひやひやしてしまったので、次ももっと乗り継ぎ時間も確認して航空券を購入したいと思います。ヨーテボリでは主にショッピングを楽しみましたが、博物館や美術館も豊富にあり、1週間いても飽きませんでした。また、ユニバーシウムという科学館や植物館が入った複合施設があり、1日楽しめました。自然も豊かで、ヨーテボリはのんびりと過ごすには最適です。

成田⇔ストックホルム 22歳女性

最近の北欧雑貨のブームからスウェーデンに興味を持ち始め、友人とスウェーデンへの旅行を計画しました。都市は一番観光スポットが多そうなストックホルムを選び、中国国際航空の格安航空券があったので、それを購入しました。北京での乗り継ぎが20時間以上あったので、その間に市街を少し観光することにしました。荷物の預けたまま空港を離れることができたので、とても便利で北京も満喫することができました。また、乗り継ぎ前にいい気分転換ができたのでよかったと思います。中国国際航空はフライト自体はよかったのですが、スーツケースがものすごく汚れてターンテーブルに流れてきました。多少の汚れは仕方がないものの、あまりにも黒くなっていたので、ものすごくひどい扱いをされたんだなというのが容易に想像できました。こういうところが中国らしいというかがっかりしました。ストックホルムには夏に行きましたが、それでも長袖は欠かせませんでした。気候は寒いですが、いたるところにかわいい雑貨屋さんやカフェがあり、散歩をしているだけでテンションが上がります。人も優しく美男美女も多い素敵な街でした。

スウェーデン旅行 よくあるFAQ

ウェブチェックインをした際の2次元バーコードはプリントアウトをした方がいいですか?

プリントアウトをしなくても、スマートフォンで提示するだけで、荷物の受託や搭乗をすることができます。
海外ではネット環境がない場合もあるので、スクリーンショットを撮っておくといいでしょう。

スウェーデンでは英語は通じますか?

ホテルや観光地以外は英語はあまり通じません。

天候を理由に欠航することはよくありますか?

雪や霧、雷などは飛行機の欠航理由の代表的なものです。また、出発地だけでなく、到着地の天候を理由に欠航となる場合もあります。
その場合は早めに欠航が決定されるので、頻繁に情報を確認するようにしましょう。

搭乗は出発の何分前に開始されますか?

たいていの航空会社は30分から45分前を設定しています。
しかし、旅客数や搭乗口の種類によって異なるので、搭乗手続きカウンターや搭乗券にて確認をしましょう。