1. トップ
  2. アジア
  3. インドネシア
  4. マナド
  5. サム ラトゥランギ国際空港

サム ラトゥランギ国際空港行きの格安航空券

サム ラトゥランギ国際空港の画像

画像の出典元 de.wikipedia.org

正式名称サム ラトゥランギ国際空港(Sam Ratulangi Airport)
空港コードMDC
サム ラトゥランギ国際空港発の航空券情報はこちら

サム ラトゥランギ国際空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からサム ラトゥランギ国際空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。サム ラトゥランギ国際空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

サム ラトゥランギ国際空港行きの最安値を比較

ダイビングで有名なマナドの空の玄関

サム ラトゥランギ国際空港は、インドネシア・スラウェシ島北部スラウェシ州のマナドにある空港です。名称は教育者として名高いサムにちなんでつけられました。国際旅客ターミナルは毎年18万人、国内線旅客ターミナルは13万人の乗客に対応しています。スラウェシ島には2013年からエアアジアが就航し、国内線のLCCの価格競争も激化しています。マナドはダイビングの拠店として知られている地域で、数多くのダイビングスポットがあります。就航会社は、バティック・エア、Cebgo、シティリンク、ガルーダ・インドネシア航空、河北航空会社、ライオン・エア、シルクエア-、スリウィジャヤ航空、立栄航空、ウィングス航空、XpressAirなどです。

日本からの行き方

日本からの直行便は出ておりません。スカルノハッタ国際空港を経由してサムラトゥンギ国際空港に行くのが一般的です。

・日本からの就航会社
ガルーダ・インドネシア航空(ジャカルタ経由)
ANA(シンガポール経由)
JAL(シンガポール経由)
シンガポール航空(シンガポール経由)

空港の規模、設備情報

ケンタッキーフライドチキン、スターバックス、ダンキンドーナツなどのカフェやレストランがあります。ギフトショップ、旅行エージェント、レンタカー、タクシー乗り場などがあります。応急処置サービスや乳幼児の部屋、障害者のためのエレベーターなども設置されています。

両替/銀行 銀行、現金自動預け払い機が設置されています。
ラウンジ バーやVIPラウンジがあります。

空港から市街地へのアクセス

空港からマナド市内までは約13km。タクシーを使うのが一般的です。安心して乗るなら、ブルーバードと呼ばれるタクシーがオススメです。また、ミクロレットと呼ばれるミニバンバスもあります。

バス

空港から市内へDAMRIバスが運行しています。

タクシー

ブルーバードタクシーは安心なメーター制!空港にも待機しており、電話で呼ぶことも可能です。

レンタカー

空港に待機しています。トヨタがダイハツのファミリー車が中心。料金は時間制となります。

空港の搭乗手続き

21つのチェックインカウンターに5つのゲート、4つのエアブリッジがあり、航空会社ごとに分かれています。手続き後は、カフェ・バーで軽食を取ったり、ラウンジで休憩したりできます。

空港近くのホテル情報

インドネシアの観光地としても知られているマナド市には、数多くの観光客が訪れるため、ホテルの数も少なくありません。空港最寄のホテルには「ノボテル マナド ゴルフリゾート& コンベンションセンター」があります。寄せ木のフローリングと近代的なインテリアデザインが魅力。無料Wi-Fiはもちろん、屋外プールにテニスコートを利用することができます。