1. トップ
  2. アジア
  3. インドネシア
  4. パレンバン

パレンバンの概要

パレンバン

画像の出典元: en.wikipedia.org

人口-
都市コードPLM
人気の航空会社
  • スクート
  • ガルーダインドネシア航空
飛行時間8~11時間
パレンバン発の航空券情報はこちら

パレンバンまでは飛行機でおよそ8~11時間で行くことができます。パレンバンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてパレンバン旅行を有意義に楽しみましょう。

パレンバン行きの最安値を比較

インドネシア国内からのパレンバン行き 最安値を比較

夜景の美しいスマトラ島第2の都市「パレンバン」

インドネシアのスマトラ島、南スマトラ州の州都でもあるパレンバン。海の近くのため、中国語では「巨港」と呼ばれています。サンフランシスコやミラノ、ヴェネツィア、フランクフルトと並んで、札幌市・大阪市と姉妹都市でもあるパレンバンは、スマトラ島で第2の都市。街の象徴でもあり、夜景が美しい事で有名な「アンペラ橋」は、訪れたい場所のひとつです。他にも、戦後賠償のため日本人によって建てられたアンペラ橋周辺には露店や市場、レストランがあり、週末には多くの人々で賑わいます。橋の近くには、18世紀に建てられたモスクもあり、こちらもパレンバンを訪れた際には抑えておきたいスポットのひとつです。

パレンバンの歴史

かつてはシュリーヴィジャヤという王国の都であり、交易の拠点として重要な役割を果たしていたパレンバン。しかし1025年にインドで勢力を拡大していたチョーラ朝からの襲撃を受けたことで、次第に勢力を失っていきます。1620年にはオランダ東インド会社が創立されました。オランダ統治下では、重要な産油地として開発され、太平洋戦争における蘭印作戦では日本軍の最重要攻略目標となった歴史もあります。

パレンバンの経済

パレンバンの経済は、2004年に行われたスポーツの国際イベントで発展を始めます。2007年に行われたサッカー大会「アジアカップ」の開催地となったことで、より一層知られるようになりました。インドネシア国内をはじめ、シンガポールやマレーシアへの就航便が運行されるスルタン・ムハンマド・バダルディン2世国際空港も、パレンバンの経済を潤しています。

パレンバン行きの格安航空券について

成田からパレンバンにあるスルタン・ムハンマド・バダルディン2世国際空港へは、1ヶ所以上の乗り継ぎが必要です。1ヶ所の場合だとジャカルタ、シンガポール、2ヶ所以上の場合だと韓国や中国の各都市、シンガポール・ジャカルタというルートを挙げられます。経由地が1ヶ所の場合、日本航空や全日空、ガルーダ・インドネシア航空、シンガポール航空からSilk Airへの乗り継ぎが可能。また、比較的安価で格安航空券を入手できるのは、ガルーダ・インドネシア航空です。

パレンバンの気候

年間を通じて平均気温が27度弱のパレンバン。平均最高気温も30度近いです。雨季と乾季に分かれており、通常乾季は5月~9月となっています。最も降水量が少ないのが8月で、旅行するならこの時期がオススメです。なお雨に関しては、特に11月から4月にかけて多く降るので、この時期には折り畳み傘や雨合羽などを準備しておくと安心でしょう。

パレンバンの主な交通手段

パレンバンの主な交通手段

画像の出典元: istockphoto.com

街のはずれのクタルパティ駅から約300kmにおよぶ鉄道路線は、周辺から産出する石炭の輸送ルートになっています。首都ジャカルタへは空路のほかに、直通バスが出ており、利便性が高いです。パレンバンからは各都市へのシャトルバスも出ているので用途に応じて使い分けましょう。また、市内での移動はタクシーが便利。ただしタクシー会社のウェブサイトは、アルファベット表記のインドネシア語で書かれたものがほとんどですので利用する際は注意が必要です。

パレンバン行き航空券利用者の声

関空↔パレンバン 27歳男性

インドネシアには、バリ島とジョグジャカルタには行ったことがありましたが、それ以外のインドネシアは行ったことがありませんでした。バリ島旅行中に知り合ったインドネシア人の故郷がパレンバンで、パレンバンの話をいろいろと聞いていたので、いつかパレンバンに行ってみたいと思っていました。バリ島ほど観光で栄えているわけではありませんが、見どころがたくさんあり大変おもしろい所でした。観光業に慣れている町ではないので、最初は閉鎖的な感じがしましたが、実際話をしてみるとやっぱりインドネシア人です、とても親切で親日家だとわかり、それからは安心して旅を続けることができました。
パレンバンまでは、ガルーダインドネシア航空を利用しました。行きはデンパサールで乗り継ぎ1回、帰りはジャカルタとデンパサールで乗り継ぎ2回の格安航空券でした。帰りも乗り継ぎ1回にしたかったのですが、できないということで仕方なく2回乗り継ぎを選ぶしかありませんでした。ガルーダインドネシア航空は、勝手知ったりの航空会社なので何の不安もなく利用しました。

羽田↔パレンバン 42歳女性

パレンバンまでは、ジャカルタを乗り継いで行きました。成田とジャカルタの間は全日空、ジャカルタとパレンバンの間はガルーダインドネシア航空でしたが、羽田発パレンバン行きの往復格安チケットで通しで買うことができました。全日空は、日本の航空会社なので安心できると思い利用しました。まず日本語は間違いなく通じるという安心感が大きかったです。サービスもいうことなし、機内食も美味しい。ただ、ジャカルタでの乗り継ぎが長く、1泊した翌日の夕方の便でパレンバンに行き、帰りもジャカルタで1泊しなければいけなかったので、パレンバンでの滞在時間がその分削られてしまったのが残念でした。ガルーダインドネシア航空だったら同じ日にパレンバンまで到着できていたのに、とこれはちょと選択ミスだったかもしれません。次回からは、利用航空会社だけに注目せず、しっかりとフライトスケジュールまで吟味しないといけないなと勉強になりました。
パレンバンでは、有名なアンペラ橋を観光したり、アンペラ橋近くの戦争時は日本軍の司令本部だったとうクトベサッ要塞などを見学しました。パレンバンでの目的は、グルメです物価が安くておいしいと聞いていたので、本場のインドネシア料理を満喫しました。

羽田↔パレンバン 44歳男性

出張でパレンバンまで行きました。羽田発ジャカルタ経由パレンバン行きのガルーダインドネシア航空の格安航空券が見つかったので、それを利用しました。羽田からジャカルタまでは全日空で、ジャカルタからパレンバンまではガルーダインドネシア航空というのもあり、日系の航空会社なのでそちらにしようか少し迷いましたが、やはり乗り継ぎ便がある場合は、同じ航空会社で結んだ方が安心だと判断して、ガルーダインドネシア航空に決めました。ジャカルタでの乗り継ぎがよく、同日にパレンバンに着けました。羽田発も早朝ではなかったので朝時間に余裕を持って出発できたのもよかったです。ガルーダインドネシア航空は、機内に乗ったとたんに客室乗務員の制服からインドネシアの雰囲気がにじみ出ていて、すでに異国を感じました。機内食はまあまあ美味しかったと思います。サービスは、特別なことをお願いしたわけではないので良かったか悪かったかと聞かれると、普通だったと思います。パレンバンでは仕事の空き時間に観光もしました。意外に観光スポットが多いのには驚きました。観光客になれていない感じがしますが、それがかえって煩わしくなく、ゆっくり観光することができてよかったです。アンペラ橋周辺の散策は楽しかったです。またケマロ島というのがありますがそこもお勧め観光スポットです。

パレンバン旅行 よくあるFAQ

日本出発のフライトが遅延して乗り継ぎができなくなった場合はどうすればよいですか?

乗り継ぎ便も日本発の航空会社と同じならば、空港カウンターの係員にご確認頂き指示に従ってください。乗り継ぎ便が違う航空会社の場合は、速やかに乗り継ぎ便の航空会社へ連絡をして指示に従ってください。

マイレージは加算されますか?

ご利用航空会社へ直接お問い合わせください。航空会社や航空券の種類により、マイレージ加算の対象外だったり、加算率が変わったりする場合もありますのでご確認ください。

楽器を持っていきたいのですが、大丈夫ですか?

航空会社によりそれぞれ規定があります。ご予約をいただく前に、あらかじめご利用予定航空会社へご確認ください。航空券ご予約後に楽器が理由でキャンセルされる場合でも、キャンセル料金が発生しますのでご注意ください。

パスポート申請の時の住所と現住所が違いますが予約できますか?

パスポート登録の住所と現住所が異なる場合でもご予約可能です。