1. トップ
  2. アジア
  3. インドネシア
  4. マナド

マナドの概要

マナド

画像の出典元: 

人口-
都市コードMDC
人気の航空会社
  • シンガポール航空
  • 全日空
飛行時間10~13時間
マナド発の航空券情報はこちら

マナドまでは飛行機でおよそ10~13時間で行くことができます。マナドの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてマナド旅行を有意義に楽しみましょう。

マナド行きの最安値を比較

インドネシア国内からのマナド行き 最安値を比較

美人が多いといわれるインドネシアの都市「マナド」

インドネシアに属するスラウェシ島にあるマナドは北スラウェシ州の州都で、インドネシア国内ではトップクラスの治安の良さ。最近ではマナドの近代化の象徴ともいえる、マナド湾を埋め立てて作った商業エリアが観光客に人気です。その一方でマナド港の南には「パサール・ウンパッリマ」という昔ながらの商業地帯があるため、新旧の雰囲気が感じられる都市となっています。また、インドネシアの中でも上位に入るであろう激辛好きとしても知られているマナドには古くから香辛料を求めてきたスペイン系の混血が多いため、「美人の産地」としても有名です。

マナドの歴史

マナドの歴史は、1658年にオランダの東インド会社が砦を建設したことから始まります。1919年にセルベス教皇県が設立したことで、マナドは教区へと昇格しました。さらに、日本の南洋庁によるパラオ統治により、太平洋戦争以前のインドネシア・マナドには多くの日本企業が進出。支店の中には南洋進出を視野にいれた国策会社が多数だったといわれています。そうした歴史により、マナドには現在も日系人の姿がみられます。

マナドの経済

港町であるマナドでの主産業は貿易で、昔から香辛料の輸出を行っていました。また、観光業にも力を注いでおり、マナドは近年ダイビングスポットとして注目を集めています。観光客に人気があるのはタンココ国立公園。園内では野生のマカカ猿や世界一小さい猿の一種とされるタルシウスなどを間近で見ることができます。

マナド行きの格安航空券について

日本からマナドへの直行便はありません。そのため、インドネシアの首都ジャカルタや、バリ島のデンパサールから国内線を利用しましょう。おすすめはガルーダインドネシア航空。ジャカルタを経由する格安航空券を多数販売しております。時間重視の方にはANAが良いでしょう。こちらも経由地は同じくジャカルタのみですが、空港での乗り継ぎ時間が少なめです。詳細はスカイチケットのホームページにてご覧になれます。

マナドの気候

インドネシアに属するマナドは熱帯雨林気候のため、1年を通して雨が多いです。平均気温は24度から27度程度で、日中は30度を超える日が多くなっています。なお、5月~10月頃が乾季、11月から4月頃が雨季にあたります。ちなみに、雨季は南国のフルーツがおいしく食べられるベストシーズンといえるでしょう。

マナドの主な交通手段

マナドにはサム・ラトゥランギ国際空港があります。空港から市内へのアクセスは、空港タクシーが便利です。マナド市内では主にルート上であればどこでも乗り降り可能な、「ミクロレット」と呼ばれる乗り合いのワゴン車が利用されています。ほかにもタクシーやレンタカー、「オジェック」と呼ばれるバイクタクシー、馬車があるので、目的や予定に合わせて選ぶと良いでしょう。

マナド行き航空券利用者の声

福岡⇔マナド 28歳女性

ずっと憧れていたマナドのブナケン国立海洋公園内にあるシラデンリゾートに泊まりたくてマナドに行ってきました。目的はダイビングです。世界有数のサンゴ礁がある有名ダイビングスポットなので一度は潜ってみたいと思っていました。航空券を予約する際、インドネシアなのでガルーダインドネシア航空がいいのかなとは思いましたが、私は福岡発なので国内線を乗り継がなければ利用できず、国内で乗り継ぎはしたくないという思いから、シンガポール航空に決めました。どうぜならシンガポールにも行ってみたかったし、シンガポールからマナドまでは直行便が飛んでいるので私にはもってこいのルートでした。ガルーダインドネシア航空よりは高かったですが、自分の目的と利便性を考えたら大正解の航空券選びだったと思います。それにシンガポール航空は、世界で評判が高い航空会社で、信頼感が安心感になるフライトでした。サービスも文句なし。空港のスタッフしかりそつがない対応には関心するばかりでした。どうやったらあんな教育ができるんだろう?とまで思ってしまいました。インドネシアは良くも悪くもアバウトな国ですが、シンガポール航空のインドネシア人地上スタッフの対応のきびきびしたこと。目を疑ってしまいました。シンガポール航空最高です!

羽田⇔マナド 34歳男性

羽田発ジャカルタまでの往復は、全日空で、ジャカルタからマナドまでの往復はガルーダインドネシア航空を利用しました。マナドではダイビングと観光が目的でした。前にバリ島やロンボク島などでも潜ったことがありましたが、マナドは初めてだったし、ガルーダ航空以外でインドネシアに来るのも初めてだったのでちょっとばかり興奮しました。羽田から利用した全日空は、なかなか快適でした。やはり日本の航空会社というのは安心できるものです。それに格安航空券を利用すると本当に安く行けるので助かりました。ジャカルタ到着後に入国審査をしてから国内線ターミナルまで移動です。空港は広々としていますが、割とシンプルな作りなので迷うことはありません。夜遅くになりましたが目的地のマナドに無事到着。空港近くのホテルで一晩過ごしてからマナド滞在のアクティビティをスタートさせました。帰りの便は、ジャカルタで乗り継ぎ時間が相当ありましたが、ジャカルタは渋滞がすごいらしいので空港から市街地まで行って帰ってくるには時間が足らなさそうなので、空港周辺にあるシェラトンバンダラホテルのスパでマッサージなどして出発まで時間を過ごしました。

成田⇔マナド 53歳男性

毎度ガルーダインドネシア航空を利用してバリ島まで行くが、今回は趣向を変えてマナドに行った。デンパサールからマナドまでは直行便が飛んでいるので、アクセスは便利だと思う。成田を出発してデンパサール到着が夕方の5時頃。入国審査を終えた後に国内線ターミナルへ移動する。この国内線ターミナルは、以前は国際線ターミナルだったのにデンパサールの空港も随分と変わったものだ。ガルーダインドネシア航空は、乗り慣れているので毎度快適な空の旅ができるが、文句を言うならば、ワインの注ぎ方がけち臭いこと。グラスに半分くらいしか注いでくれず、お代わりを頼むのが面倒くさい。ヨーロッパ線のように小ボトルで配給してくれればいいのに、といつも思う。それ以外は文句なし。機内で履く用の靴下が用意されているのがありがたく、足元が冷えずにすむ。さてマナドだが、これが実に素晴らしかった。バリ島のような奥深さはないので、それほど頻繁に訪れたいところかと聞かれればNOだが、時間を空けて必ず行ってみたい所となった。日本とデンパサールの往復よりはもちろん航空券は高くなるけれど、乗り継ぎの便利さを考えたらバリ島で改めてデンパサールとマナドの往復航空券を買うよりも相当安いと思う。インドネシアには格安航空券と言うのがないので。帰国日は、デンパサールでかなり時間があるので、空港の外にでて時間をつぶした。

マナド旅行 よくあるFAQ

航空券を確認したらMsがMrになっていましたが大丈夫ですか?

航空券は、パスポート名表記と一文字でも違っていたらご搭乗できません。性別も然りです。すぐに予約先に連絡して変更手続きをしてください。お客様が間違えた情報にてご予約された場合は、変更手数料および同じクラスの格安航空券がない場合は差額もお支払い頂くことになります。ご予約の際にはお名前の綴り、性別を間違えないようにしてください。

eチケットをなくしてしまいましたが飛行機に乗れますか?

eチケットですから印刷しなおせばご搭乗頂けます。印刷できない環境にいる場合は、すみやかに航空会社へ連絡をしてください。お出かけの際は必ず航空券の予約番号を控えるようにしてください。

機内に持ち込む荷物はキャリーバッグとパソコンで大丈夫ですか?

航空会社により機内持ち込みの大きさ、重量、個数の規定が違いますのでご利用航空会社へご確認ください。多くの航空会社では身の回りの手荷物(ハンドバッグなど)1個と機内持ち込み用キャリーバッグなど1個となっています。

スルーチェックインとは何ですか?

乗り継ぎがあったとしても、出発地から目的地まで一括して荷物をお預かりすることです。乗り継ぎがある場合でスルーチェックインができれば、荷物の受け取りや預けなど面倒な手間が省けて乗り継ぎすることができるので便利です。ご予約の際は事前にお問い合わせください。またすでに発券済みの場合は、ご利用航空会社へ直接ご確認ください。