アイルランドの世界遺産。海鳥と遺跡と映画の島、シュケリッグ・ヴィヒル

画像出典:www.flickr.com

アイルランドの世界遺産。海鳥と遺跡と映画の島、シュケリッグ・ヴィヒル

自然・食・文化と三拍子そろった国アイルランド。とくに自然の美しい景観は人々を惹きつけてやみません。そんなアイルランドには「ブルー・ナ・ボーニャ ボインの遺跡群」とこれからご紹介する「シュケリッグ・ヴィヒル」のふたつの世界遺産があるんですよ。世界遺産シュケリッグ・ヴィヒルは、アイルランドの南西にあるケリーの沖合16kmに位置する孤島。その山頂には1500年以上もの間佇む修道院の姿があります。そんな歴史的絶景の世界遺産シュケリッグ・ヴィヒルの魅力を紹介しましょう。

目次

アイルランドの世界遺産。海鳥と遺跡と映画の島、シュケリッグ・ヴィヒル

目次を閉じる

シュケリッグ・ヴィヒルとは?

出典: www.istockphoto.com

アイヴァラ半島の沖、大西洋に浮かぶシュケリッグ・ヴィヒルには2つの島があります。リトル・シュケリッグは立ち入りが許可されておらず、今は鳥たちの楽園です。運が良ければ野生のアザラシも見ることができますよ。そしてもう1つの島、グレート・シュケリッグが見どころである世界遺産です。

シュケリッグ・ヴィヒルはアイルランド語で「ミカエルの岩」という意味。アイルランドの初期キリスト教僧侶たちが石を積んで礼拝堂や住居を作り暮らしていました。切り立った崖の下に造られた建造物は島の位置や地形によって良く保存され、現在も修道院の遺跡を見ることができます。ケルト人たちによって建てられたのではないかと考えられていますが、詳しいことはまだわかっていません。残されている建物や十字架のモニュメントは、僧侶たちが過酷な環境で禁欲生活をしていた様子が伺えます。

さらに最近ではスター・ウォーズの撮影地としても使われ、ますます人気が上がっているアイルランドの世界遺産。残念ながら観光客の増加とともに遺跡の損傷が進み、現在は島への渡航人数は制限されています。

シュケリッグ・ヴィヒルへのアクセス

まずはケリー周辺の観光の起点となる町キラーニーへ向かいましょう。ダブリンから列車で3時間半から4時間。飛行機でダブリンからキラーニー近くのケリー空港まで約1時間。キラーニーのインフォメーションでボートや宿泊場所の情報を調べられます。シュケリッグ・ヴィヒルへの玄関口、ポートマギーまで送迎してくれるプランもあります。

ポートマギーまでタクシーやレンタカーで向かう場合、ポートマギーのインフォメーションでボートを探すことができます。4月から10月頃までしかボートは運航していないので、注意してくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アイルランドでおすすめの記事

アイルランドのアクセスランキング