マリ観光ならココ!神秘的な砂漠の国のおすすめスポット 6選

マリ観光ならココ!神秘的な砂漠の国のおすすめスポット 6選

マリは、西アフリカに位置する国土の約30%がサハラ砂漠に覆われた共和制国家です。日本人からすると、旅行先としては少しマイナーなイメージがあるかもしれませんが、マリにはかつてマリ帝国と言われる人類上で最も多くの資産をもつ王が治める巨大な帝国があり、その当時の遺跡が世界遺産に数多く登録されているんです!神秘的で魅力に溢れたそんなマリのおすすめ観光スポットを6つご紹介いたします!

目次

マリ観光ならココ!神秘的な砂漠の国のおすすめスポット 6選

目次を閉じる

1.トンブクトゥ

トンブクトゥは、1988年に世界遺産にも登録された、砂漠の民であるトゥアレグ族の都市です。かつてマリ帝国、ソンガイ帝国があった時代に繁栄したとされ、その栄えっぷりは「黄金郷」と呼ばれるほど。現在のトンブクトゥの街は砂漠化の進行により、郊外の村はすでに埋もれている状態です。2012年にイスラム過激派の組織により、一部が破壊されてしまったものの、ユネスコの協力と、地元職人の手により、復元されました。

2016年現在、危機遺産リストに登録されており、世界遺産として知名度が高まったことで、観光客は増加傾向にあります。かの有名なサクラダファミリアを設計したアントニ・ガウディも、この地の泥でできたモスクの様式に啓発されたともいわれています。市内は日干し煉瓦でできた家々が並び、独特の雰囲気を醸し出しています。

2.泥のモスク

1988年にユネスコの世界遺産に登録されたジェンネ旧市街は、なんと全域が泥ぬりの建物でできている観光地!ジェンネ旧市街に位置する泥のモスクは世界最大の泥でできた建造物といわれています。マリの雨季の季節に備えて、毎年数千もの職人の手により新しい泥に塗り替えられているのですが、その作業の様子は圧巻です!しかし、ジェンネ旧市街は砂漠化、乾燥化が年々深刻化しており、この泥のモスクは悲しいことに100年後には見られない可能性が一番高い世界遺産としても選定されています。訪れるなら今のうちですね!!

世界中から泥のモスクを見るために観光客が集まりますが、こちらは宗教施設であるため、中の立ち入りはイスラム教徒だけに許可されています。しかし一面が砂に覆われた街にそびえたつ泥のモスクは荘厳で、外から見るだけでも大満足できちゃいます。マリの首都バマコからバスで10時間かかりますが、一見の価値はありますよ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マリでおすすめの記事

マリのアクセスランキング