ヨーグルトだけじゃない!ブルガリアのおすすめ観光スポット厳選6選

ヨーグルトだけじゃない!ブルガリアのおすすめ観光スポット厳選6選

GoToキャンペーンバナー

「ブルガリアと言えばヨーグルト」というイメージが強いですが、ブルガリアの魅力は食べ物だけではありません。あまり知られていませんが、ワインやバラの国としても有名なんです。

ブルガリアには世界遺産に登録されている古代都市や歴史的建造物も多く、ブルガリアの歴史や文化を深く学ぶことができます。今回はそういった目で見て学び、楽しめる観光スポットから、スキーや乗馬などアクティブな体験ができるリゾート地まで幅広く観光地をご紹介します。

目次

ヨーグルトだけじゃない!ブルガリアのおすすめ観光スポット厳選6選

目次を閉じる

1.リラ修道院(リラ)

リラ修道院(別名:リラの僧院)は、ユネスコの世界文化遺産に登録されたブルガリア国内で最大の、ブルガリア正教会の修道院です。

▶極彩色の建物が美しい!ブルガリア共和国の世界遺産リラ修道院

行き方はブルガリアの首都ソフィアからバス利用がメインで、直行バスも運行しています。バスでの移動時間は約2.5時間。観光シーズンでは満席になる場合があるので、朝早めに出発するのが良いでしょう。また、ホテルからタクシーを呼んで直接修道院へ向かう観光客も多くおり、この場合席の空きや乗り継ぎ時間を気にすることがなくスムーズにアクセスできるのでお勧めです。

また、リラの修道院は巡礼者のための宿泊施設があります。事前予約は難しく、当日に直接行けば宿泊できる可能性も高いですが、もし空きがない場合には修道院の外にもホテルがあるので、安心して観光できますね。

2.ネセバルの古代都市(ネセバル)

約3000年前を起源とする古代都市ネセバルは、その歴史的・文化的価値を評価され、1983年に世界遺産に登録されました。

ネセバルはその長い歴史の中で、古代ギリシアやローマ帝国、オスマン帝国から支配されてきました。支配者が変わる度に作られた聖堂や神殿など、ブルガリアの各時代の文化を知ることができる建造物が今でも残されており、歴史的価値に加えて文化的価値も高い観光スポットとなっています。

▶ブルガリアの世界遺産、古代都市ネセバルの見どころをたっぷりご紹介!

またネセバルは、ブルガリア東部の黒海に面した陸繋島にあり、遺跡の他にも黒海の景色や木造式の建物など、温かみのある街並みを楽しむことができます。島は外周2キロメートルほどしかないので、ゆっくりと散歩しながら観光するのもお勧めです。

3.アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(ソフィア)

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、ブルガリアの首都ソフィア中心部に位置し、黄金色のドームの輝きは離れたところからでも確認することができるほど美しいです。エストニアのタリンにも同名の大聖堂がありますが、まったくの別物なので観光の際には注意してください。この大聖堂は、ロシアの皇帝アレクサンダル2世がブルガリアをオスマン帝国の支配から解放した記念に建設しました。

▶2000年の歴史を持つブルガリアの首都ソフィア。人気観光スポット16選

大聖堂を訪れた際にぜひ見ていただきたいのが、豪華絢爛で美しい外装と内装。金箔をあしらった美しいドーム、直径15mまで様々なサイズの鐘、大理石で作られた聖像や装飾、歴史的な芸術家たちによって描かれた壁画など、目で見て楽しめる魅力的なものばかりです。

中でも注目していただきたいのが、大理石でできた国王の王座や総主教座、そして王妃エレオノラが描かれたモザイク壁画など偉大な作品の数々。ぜひチェックしてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ブルガリアでおすすめの記事

ブルガリアのアクセスランキング