2000年の歴史を持つブルガリアの首都ソフィア。人気観光スポット16選

画像出典:Dark_Eni

2000年の歴史を持つブルガリアの首都ソフィア。人気観光スポット16選

GoToキャンペーンバナー

ブルガリアの首都ソフィアは、国内最大の都市。ブルガリアの西部、ヴィトシャ山のふもとソフィア盆地の中に位置しています。ソフィアは、西ヨーロッパと中近東、アドリア海と地中海を結ぶ交通の要所にあり、古くから数々の民族が混じり合い独自の文化を築き上げてきました。

また2000年以上の歴史を持つ歴史ある都市で、紀元後1世紀にはセルディカという古代ローマ帝国の都市を建設。ソフィアには多くの教会があり、歴史的観光スポットや見ごたえのある博物館も多く、街歩きも楽しい都市です。そんなソフィアの観光スポットをご紹介します。

目次

2000年の歴史を持つブルガリアの首都ソフィア。人気観光スポット16選

目次を閉じる

1. アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

出典: Arseniy Rogov

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、ソフィアで最初に訪れてほしい観光スポット。この大聖堂は、ブルガリア総主教の本拠地で、多くの観光客が訪れる聖地となっています。聖堂の建設が開始されたのは1882年で、ネオ・ビザンティン建築様式で建てられた聖堂は遠くからでも見られますよ。

この大聖堂は、ロシア皇帝アレクサンダル2世を記念して建てられたもの。聖堂には5000人が一同に集まることができます。壁には大理石製のイコノスタスや国王の王座や総主教座、国王フェルディナンドと王妃エレオノラが描かれたモザイク壁画など必見。ソフィアに来たらぜひ観光に訪れてくださいね。

2.ペトカ教会

出典: commons.wikimedia.org

ペトカ教会は中世ブルガリアに建てられたブルガリア正教会の聖堂で、ソフィアの観光名所の一つ。地下鉄のセルディカ駅から地下道を東側に歩いたところにあります。

一室の身廊を持つ小さな聖堂で、半分は地下に埋もれています。14世紀のオスマントルコ時代に建てられたため、入口は狭く地中に隠れるように建っているのが特徴。

内部のところどころに残されている16世紀の壁画を見ることができます。小さな教会ではありますが、観光客が多く訪れています。ソフィアに来たらぜひ観光に訪れてみてください。

3. ボヤナ教会

出典: zh.wikipedia.org

ボヤナ教会は、ソフィア郊外のボヤナ地区に建っているブルガリア正教会の教会堂。時代の違う3つの聖堂が調和する教会で、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。東棟は10世紀後半~11世紀に、中央棟は第2次ブルガリア帝国時代の13世紀に、そして西棟が19世紀半ばに造られました。

この教会を有名にしたフレスコ画は、中央棟増築時に描かれたもの。保存状態がよく、東ヨーロッパ中世の芸術を後世に伝える貴重なものとなっています。『最後の晩餐』、『キリストの変容』、『王座に聖母マリアとキリスト』など、有名な壁画を観光客も見ることができます。ソフィアに来たら忘れずに観光に訪れてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ソフィアでおすすめの記事

ソフィアのアクセスランキング