コンゴ民主共和国を観光!訪れるべき秘境の国のおすすめスポット5選!

コンゴ民主共和国を観光!訪れるべき秘境の国のおすすめスポット5選!

コンゴ民主共和国と聞いて、一体どんな観光スポットがあるのか見当もつかないという方も多いのではないでしょうか?しかし、そんなコンゴ民主共和国にも、秘めたる訪れるべきスポットがいっぱい!なんと、コンゴ民主共和国には自然遺産が5個もあるのです。世界で11番目に広大な国土を持つこの国には、それだけ美しく広がる自然があるということなのでしょう。加えて、観光客があまり訪れていない秘境なので、過度に観光地化されていないそのままの姿を見ることができるのもおすすめのポイントです。今回は、そんな秘境の中の秘境と呼ばれるコンゴ民主共和国の観光スポットを紹介させていただきます。

目次

[x] 閉じる

コンゴ民主共和国を観光!訪れるべき秘境の国のおすすめスポット5選!

1:ボノボ保護区(キンシャサ)

ボノボはチンパンジーなどと同じ類人猿ですが、食用などに使用されていた過去もあることから、その数は減少の一途をたどっています。おそらく、その姿を生で見た方はあまりいないでしょう。しかし、そんな生のボノボを見ることができる観光スポットが、コンゴ民主共和国にはあるのです。

▶ ボノボの生息地!コンゴ民主共和国の首都キンシャサの観光スポット4選

それが、ボノボ保護区です。こちらのボノボ保護区では、ジャングルを観光しながら、保護下にある愛らしいボノボの姿を見ることができます。二足歩行もできるボノボの生活を垣間見れば、生物の面白さ、そしてかわいい姿に癒しを得ることができるでしょう。

絶滅の危機にあるボノボを見ることができる世界でも貴重な場所ですので、コンゴ民主共和国へ観光に訪れたなら、ぜひ足を運びたいおすすめスポットと言えるでしょう。

2:オカピ野生生物保護区

世界三大珍獣のひとつオカピという動物はご存知でしょうか?馬のような、シマウマのような姿をしているオカピは、日本では横浜と上野の動物園でのみ飼育されています。

▶ オカピの保護に努めるコンゴ民主共和国の世界遺産オカピ野生生物保護区

オカピはコンゴ民主共和国の固有種なので、なかなかその姿を目にする機会はありません。しかし、コンゴ民主共和国へ観光に訪れたなら、そんなかわいいオカピを見られるおすすめスポットがあるのです。それが、世界遺産のオカピ野生生物保護区です。

14000平方キロメートルに及ぶこちらの保護区には、コンゴ民主共和国の代表的な動物オカピのみならず、多くの動物たちが生息しています。しかし、コンゴ民主共和国のオカピ野生生物保護区では密猟などが問題となっていて、危機遺産にも登録されています。マナーとルールを守って、観光を楽しんでみてください。

3:ゾンゴの滝(キンシャサ)

出典: www.flickr.com

アフリカであるコンゴ民主共和国を観光するなら大自然の迫力を味わいたいですよね。そんな、自然がつくった圧巻の滝がゾンゴの滝です。

アフリカ最大級の河川コンゴ川にそそぐ支流の滝「ゾンゴの滝」は、激しい水量が見どころの観光スポットです。そのけたたましい音に、耳が釘付けとなることでしょう。美しい自然が残るコンゴ民主共和国の中でも、随一の人気観光名所というのも納得でしょう。

首都キンシャサからおよそ100kmほど離れていますが、それだけの労力を払ってでも観光する価値は十分にありますよ。コンゴ民主共和国が誇る圧巻の大自然の力を見たい方はぜひ、訪れてみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コンゴ民主共和国でおすすめの記事

コンゴ民主共和国のアクセスランキング