都市部から山間部まで遊べる所が満載!新潟の観光スポット50選

都市部から山間部まで遊べる所が満載!新潟の観光スポット50選

米どころで有名な新潟は、美味しいご飯はもちろんのこと、新鮮な海の幸や日本酒など口にしたいグルメが盛りだくさん!そして、た豊かな自然を感じられる観光スポットも多くあります。夏は海水浴、冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを満喫できるので、お子さんと一緒に楽しめますよ。それでは、新潟県の訪れたくなる魅力的な観光スポットを見ていきましょう!

ビーチパラソルやスキー板などは持ち運びが大変。新潟県の格安レンタカーを予約して、荷物を多く積むことの出来るミニバンやワゴン車を借りれば、よりアウトドアスポーツを満喫できます!

目次

都市部から山間部まで遊べる所が満載!新潟の観光スポット50選

目次を閉じる

1. 新潟市歴史博物館(新潟市中央区)

新潟市歴史博物館(みなとぴあ)

新潟市中心部、信濃川沿いに建つ「歴史博物館」は、明治時代の2代目市庁舎をイメージして建設された建物がフォトジニック。新潟県の歴史や文化を学べる常設展示をはじめ、様々な手仕事を体験できるプログラムや講座なども行われている観光施設です。

また、博物館周辺の景観や雰囲気を活かしたイベントも多数開催。特にプロジェクションマッピングは観光客に人気が高いです。また、芝生広場に座ってまったり鑑賞する野外コンサートなどもおすすめですよ。万が一、観光で館内に入る時間がなかった場合は、見ごたえある外観を撮影してみましょう!年間通じて夜になるとライトアップされ、ロマンチックな光景に変身します。

2. 信濃川ウォーターシャトル(新潟市)

信濃川ウォーターシャトル

新潟が誇る日本一長い河川「信濃川」。新潟市内中心部を流れる下流域を行き交うのが、水上バス「信濃川ウォーターシャトル」です。始点の「みなとぴあ」、終点「新潟ふるさと村」の他、新潟市のシンボルである萬代橋(ばんだいばし/よろづよばし)や朱鷺メッセ(ときメッセ)など6つの乗り場を結んでいます。

料金は乗船区間によって異なりますが、相場は300~1100円。新潟観光の移動手段としてはもちろん、サンセットクルーズなどの遊覧や歓送迎会などのパーティーにもおすすめのプランが用意され、様々な目的でも利用できます。デッキにも屋根が付いているので、雨の日の観光でも安心。一日フリーきっぷは新潟市内を循環する観光バスと一緒に利用すると、割引になる特典もあるのでぜひチェックしてみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の魚沼行き格安航空券

魚沼でおすすめの記事

魚沼のアクセスランキング