養老渓谷の観光スポット12選!千葉の秘境を巡ってみよう

画像出典:ジュン/PIXTA(ピクスタ)

養老渓谷の観光スポット12選!千葉の秘境を巡ってみよう

養老渓谷は、千葉県の大多喜町から市原市にかけて続く渓谷です。春はツツジ、秋は紅葉の名所として知られており、特に紅葉が見頃を迎える11月頃には全国から多くの観光客が足を運びます。ただ一口に養老渓谷と言っても「小沢又の滝」や「弘文洞」など見どころはいろいろ。今回は、そんな千葉の秘境・養老渓谷でぜひ訪れておきたい観光スポットを厳選して12ヶ所ご紹介していきます。

目次

[x] 閉じる

養老渓谷の観光スポット12選!千葉の秘境を巡ってみよう

1.金神(こんじん)の滝

出典: 小野真志/PIXTA(ピクスタ)

養老八景の一つとして知られる「金神の滝」は、川廻しのトンネル奥で発見された落差35mの滝です。日帰り温泉施設「ごりやくの湯」の駐車場から続く道の先に位置し、滝の前には大きな鳥居が構えています。
滝周辺の岩壁には水の神と土の神、太陽の神が祀られているほか、滝壺のそばにはお賽銭箱の姿も。さらに下流には「知恵の穴」と名付けられた川廻しがあり、トンネル越しに金神の滝を眺めることもできます。

2.大福山(だいふくざん)

出典: sorakara/PIXTA(ピクスタ)

標高292mの「大福山」は市原市の最高峰。山頂近くにある展望台からは、養老渓谷の山々を一望することができます。梅ヶ瀬渓谷へと続くハイキングコースは、養老渓谷の定番観光ルートとなっており、紅葉の季節には特にたくさんの観光客で賑わいます。山頂には日本武尊を祀る白鳥神社があるので、ぜひ立ち寄って旅の安全祈願をしておきましょう。

※千葉県を襲った台風15号の影響により、2019年10月現在入山禁止となっています。
 最新の情報は、市原市観光協会にお問い合わせください。

3.梅ヶ瀬渓谷

出典: 椎名 康之/PIXTA(ピクスタ)

養老川の支流である梅ヶ瀬川によって形成された渓谷が「梅ヶ瀬渓谷」です。梅ヶ瀬渓谷という名前は、かつてこの地に住んだ明治時代の教育学者・日高誠實(のぶざね)によるもの。梅林で有名な奈良の「月ヶ瀬梅林」にちなんで名付けられました。

梅ヶ瀬渓谷もまた、紅葉が美しいことで有名。中でも注目は日高邸のそばに根を張るカエデの大木で、秋にはたくさんの観光客が赤く色づいた紅葉をカメラに収めるため足を運びます。この辺りは、落葉の季節も見応えがありますよ。カラフルな絨毯に彩られた壮観は一見の価値ありです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

養老渓谷でおすすめの記事

    養老渓谷の記事はまだありません。

養老渓谷のアクセスランキング