韓国第2の都市・釜山が持つ歴史と魅力に迫る!おすすめスポット24選

画像出典:SeanPavonePhoto

韓国第2の都市・釜山が持つ歴史と魅力に迫る!おすすめスポット24選

韓国第2の都市と呼ばれ、港町としても有名な釜山(プサン)広域市。毎年国際映画祭が開催されることでも知られていますよね。そんな釜山は人口約300万人前後で土地もあまり広くない都市ですが、気軽に観光を楽しめるスポットがたくさんあります。都会の煌びやかな雰囲気とはまた違う、どこか素朴でアットホームな空気が釜山の持つ魅力。そんなホッとする瞬間を求めて、多くの外国人が集まるのです。
それでは、釜山でおすすめの観光スポット24選をご紹介していきましょう!

目次

韓国第2の都市・釜山が持つ歴史と魅力に迫る!おすすめスポット24選

目次を閉じる

1.釜山タワー

出典: 空/PIXTA(ピクスタ)

釜山市民の憩いの場である龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)。その龍頭山公園にそびえ立つ釜山のシンボルこそが、釜山(プサン)タワーです。地上120メートルのタワーから見えるのは大パノラマの絶景。釜山の主要観光スポットはもちろんのこと、夜には美しい夜景を望むことができます。

タワーの中には日本語のガイドおり釜山の歴史などを分かりやすく語ってくれるので、釜山観光のスタート地点としては最適ですよ。龍頭山公園には、他にも見どころがたくさんあります。

「文禄・慶長の役」(韓国では「壬辰倭乱」)で釜山を守った李舜臣(イスンシン)将軍の銅像や花時計、釜山市民の募金によって作られた鐘などなど、タワーだけではありませんので退屈することはないでしょう。お子様との観光やカップルのデートにもおすすめです。

2.チャガルチ市場

出典: MASIA/PIXTA(ピクスタ)

こちらは、新鮮な海産物がリーズナブルなお値段でゲットできる釜山市民の台所・チャガルチ市場(シジャン)です。海産市場としては韓国最大規模を誇るチャガルチ市場には、常時300種類以上もの新鮮な海の幸が揃っています。遠方からわざわざ買い付けに来る方が多いのも頷けますね。

チャガルチ市場では、購入した食材を2階の食堂で調理してもらうことが可能。新鮮な魚介を買ったその場で食べられるなんて贅沢ですよね。早朝から深夜まで地元民たちが足繫く通うこの市場で、ローカルに混ざって食事を楽しむも良し。焼酎やマッコリで1杯なんていうのも良いでしょう。

各店舗の店員さんはほとんどが日本語を話せるとのこと。コミュニケーションまで楽しめるチャガルチ市場で、心もお腹も大満足な観光を体験してみませんか?

3.ヌリマルAPECハウス

出典: やまかづ/PIXTA(ピクスタ)

ヌリマルAPECハウスは、会議やイベントなどで使用されているコンベンションセンターです。2005年のAPEC首脳会議のために建てられ、現在は記念館や国際会議場として活用されています。

豊かな自然と海沿いの絶景を楽しめることから観光スポットとしても人気。ヌリマルAPECハウスはビーチリゾートとして有名な海雲台(ヘウンデ)にあり、周辺にはホテルや飲食店、娯楽施設が充実しているのでとても便利ですよ。ここを拠点に釜山観光をすると良いでしょう。

隣にある展望台からは、釜山でも有名な五六島(オリュクド)や広安大橋(クァンアンテギョ)、タルマジ峠などを見渡すことができます。夜景を見に訪れるのもおすすめ。敷地内の遊歩道には、APEC参加国の名物とも言える品々が展示されているのでお見逃しなく!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

釜山でおすすめの記事

釜山のアクセスランキング