銚子のおすすめ観光スポット15選 銚子って超いいところ!

画像出典:sorakara / PIXTA(ピクスタ)

千葉県北東部にある「銚子市」は、言わずと知れた日本屈指の港町です。そんな銚子市には犬吠埼灯台をはじめ、雄大な太平洋が望める観光スポットが目白押し!他にもバラエティに富んだ名所が盛りだくさん。レトロな見た目がかわいい銚子電鉄に乗って、市内を回ってみるのもおすすめです。それでは、ぜひ訪れて欲しい銚子おすすめの観光スポットを紹介します。

[x] 閉じる

銚子のおすすめ観光スポット15選 銚子って超いいところ!:目次

1. 犬吠埼灯台

出典:バブルリング / PIXTA(ピクスタ)

関東平野の東端にある犬吠埼(いぬぼうさき)。その岬にそびえ立つのが「犬吠埼灯台」です。1874年に完成した犬吠埼灯台は、日本に5つしかない第1等灯台のひとつ。その歴史的価値が評価され、国の有形文化財に登録されている他、「世界の灯台100選」にも選出されています。

展望台までの階段は99段。九十九里浜にちなんだ遊び心たっぷりの段数になっているんですよ。また、犬吠埼は山頂や離島を除き、日本で最も早く初日の出を拝める場所としても有名!元日は様々なイベントも開催され、多くの観光客で賑わいます。犬吠埼はまさに銚子のシンボル。銚子観光には外せないスポットです。

2. 犬吠テラステラス

「犬吠テラステラス」は2019年1月にオープンした、銚子の新たな観光スポットです。白で統一された建物はシンプルな造りですが、それがまたおしゃれ。無料で気軽に行けるのも魅力的ですね。2階にある展望テラスには、ユニークなイスやハンモックが用意されているので、ゆったり景色を楽しむことができます。屋外にもベンチがあるんですよ。

また、2階には銚子の特産品を扱うセレクトショップがあります。お土産を探しに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。1階はカフェがあって、ここでも海を眺めながら休憩することができます。さらに、レンタサイクルの手続きもここで行っているので、自転車で銚子観光するのもアリです。犬吠埼展望台とセットで観光してみましょう!

3. 満願寺

銚子電鉄「犬吠埼駅」から歩いて約5分のところにある「満願寺」。犬吠埼からほど近いため、初日の出を拝める寺院としても有名です。そんな満願寺には、西国や坂東などの188ヶ所ものご本尊が祀られています。一度に189の寺院をお参りしたのと同じくらいのご利益があると言われている、なんともありがたい寺院なんですよ。

本尊に祀られている「ご本尊十一面観音」は、その年一番の願いを叶えてくれる観音様として知られ、参拝客が後を絶ちません。思わず何をお願いするか迷ってしまいそうですね。冬には約6000本の椿も楽しむことができるなど、魅力がたくさんの満願寺。ぜひ一度訪れてみたい名所です。

4. イルカ・クジラウォッチング

親潮と黒潮がぶつかる銚子沖。日本有数の漁場であるともに、ほぼ1年中イルカやクジラを目にすることができるスポットでもあるんです!「イルカ・クジラウォッチング」では、雄大な自然とそこで泳ぐ生き物たちをどちらも楽しめる、なんとも贅沢な時間を過ごせます。約8割を超える高確率でイルカに遭遇でき、タイミングが良ければイルカの大群を見ることもできますよ!

このイルカ・クジラウォッチングを運営している銚子海洋研究所では、サンセットクルーズやサンライズクルーズも実施しています。目の前に広がる絶景は息をのむ美しさ。ロマンチックな銚子観光を楽しみたい方におすすめのクルーズです。

5. 銚子電鉄 ぬれ煎餅駅

「銚子電鉄 ぬれ煎餅駅」は銚子電鉄直営の煎餅直売店です。鉄道の停車駅ではないため注意してくださいね。赤と焦げ茶色が印象的なお店の外観は、銚子電鉄の旧車両をイメージしたものなんですよ。 

鉄道会社直営というだけあって、店内には銚子電鉄の歴代ポスターがズラリ。ファンの方や電車好きのお子さんにはたまらない空間となっています。そして観光客に一番人気があるのは、ぬれ煎餅の手焼きコーナーです。自分で焼いた煎餅に好きなトッピングができるので、自分好みの煎餅を作ることができます。ここでしか買えないお買い得品も多数揃っているので、銚子観光の際はぜひ足を運んでみましょう。

6. 地球の丸く見える丘展望館

出典:kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

愛宕山は千葉県北東部で最も高い山。そして、その頂上にあるのが「地球の丸く見える丘展望館」です。屋上の展望スペースからは九十九里浜や屏風ヶ浦、天気が良ければ富士山も見ることも可能です。弧を描く水平線に、「地球の丸さ」を感じることができますよ。とりわけ夕暮れ時の景色は言葉にできない美しさです!

1階と2階には銚子土産を購入できるお店とイベントホールが完備。また、3階には喫茶コーナーも設けられているので、目の前に広がる海を見ながらゆったり過ごすことができますよ。

7. 妙福寺

出典:髙橋義雄 / PIXTA(ピクスタ)

「妙福寺」は1314年、浄行院日祐聖人によって開創されました。また、本殿には聖徳太子が造ったとされる、北辰妙見大菩薩像が祀られていることでも有名です。銚子駅から歩いて約5分のところにあることから、アクセスもしやすいでしょう。

最大の見どころは、境内の4ヶ所にある藤棚。中でも「臥龍の藤」と呼ばれる、樹齢750年余りの藤の花は見ごたえ抜群です!毎年5月には、紫色のカーテンを見ようと多くの観光客が訪れます。この期間はライトアップもしているので、幻想的な風景も楽しめるんですよ。藤の開花に合わせて、ゴールデンウィークに銚子観光を計画するのもいいですね。

8. ハーブガーデン・ポケット

夏は涼しく冬は暖かい銚子。「ハーブガーデン・ポケット」はその気候を最大限に生かし、一年を通してラベンダーを楽しむことができます。特に女性に人気があるスポットで、5500平方メートルの敷地内には庭園やレストラン、ハーブショップなどがあり見どころ盛りだくさん!

ハーブショップには、ここでしか買えないオリジナルグッズもあるんですよ。入浴剤や香水は女性へのプレゼントとしても喜ばれそうですね。また、レストランではパスタやピザなど、園内で採れた無農薬ハーブを使用した料理を味わえます。ドッグランコーナーもあるので、愛犬と一緒に銚子観光を満喫したい方にもおすすめのスポットです。

9. 屏風ヶ浦

出典:Hills System / PIXTA(ピクスタ)

銚子半島の南西側に広がる「屏風ヶ浦」。はるか遠くまで続く絶壁は迫力満点です!名洗層などの4つの層から構成され、ところどころに火山灰層を見つけることもできます。また、その見た目がヨーロッパのドーバー海峡を連想させることから、「東洋のドーバー」の呼び名でも親しまれているんですよ。遊歩道も整備されているので、間近で屏風ヶ浦を眺めることもできます。自然が作りだした銚子の絶景をぜひご覧ください。

10. 銚子マリーナ海水浴場

出典:daibass / PIXTA(ピクスタ)

屏風ヶ浦のすぐ近くにある観光スポットが「銚子マリーナ海水浴場」。「東洋のドーバー」を眺めながら海水浴ができるなんて、なんとも贅沢な海水浴場ですね。比較的波が穏やかなので、小さなお子さんとも安心して海水浴を楽しめますよ。また、隣接する銚子マリーナや名洗港海浜公園から眺める夕陽もおすすめ!オレンジ色に染まる空と海が、ロマンチックな気分にさせてくれること間違いなしです。

11. ヤマサ醤油株式会社 工場見学案内所

「ヤマサ醤油」は1645年に銚子で創業して以来、醤油を中心とした調味料を発売し、人々の暮らしを支えてきました。江戸幕府からも品質の良さを認められたこどがあるなど、たいへん歴史も深い会社です。そんなヤマサ醤油では、工場見学を実施しています。東京ドームのおよそ4倍という広大な敷地を回りながら、醤油ができるまでの工程を学ぶことができるんです。最後には美味しいお土産も貰えちゃいますよ。

また、予約なしでも見学できる「しょうゆ味わい体験館」では、自分で焼いたせんべいに醤油をかけて食べることができるコーナーも!観光客に人気の商品、しょうゆソフトクリームも試す価値アリです。

12. ウオッセ21

日本屈指の水揚量を誇る銚子漁港。銚子に来たからには、やはり海の幸は外せないでしょう!そこでおすすめなのが「ウオッセ21」。館内の水産物即売センターには、新鮮な魚や加工品を取り扱うお店がズラリと軒を連ねます。明るく親しみやすい店員さんとのやり取りも、楽しみのひとつです。

また、隣接する「シーフードレストランうおっせ」では、銚子港で水揚げされた新鮮な海の幸を味わうことができます。海鮮丼などの定番料理はもちろんのこと、オリジナルの創作料理もありますよ。銚子でのランチはぜひウオッセ21でどうぞ。

13. 銚子ポートタワー

出典:kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

「銚子ポートタワー」は犬吠埼灯台、地球の丸く見える丘展望館と並ぶ銚子のビュースポットです。ツインタワー構造の建物も印象的で、思わず写真に収めたくなるでしょう。展望室と展望ロビーからは太平洋や利根川、銚子港などを見ることができます。ガラス張りになっているので、ちょっとしたスリルを味わえるかもしれませんね。

銚子タワーには他にも展示ホールや売店、喫茶店も併設されています。時間に余裕があれば、ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?ウオッセ21と結ぶ連絡通路があるので観光もしやすいですよ。

14. 圓福寺

出典:助さん / PIXTA(ピクスタ)

銚子電鉄「観音駅」から歩いて約2分のところにある「圓福寺」。古くから「飯沼観音」の呼び名でも親しまれ、かつて銚子は圓福寺の門前町として栄えました。境内に入ると朱色の仁王門や五重塔、大仏がひときわ目を引きます。また、「日本における河川測量の原点」とされ、学術的にもたいへん価値がある飯沼水準原標石もあるのです。

そして、夜の観光もおすすめです。境内はライトアップも行なわれているんですよ!趣のある幻想的な光景は、息をのむほど美しいです。毎月8・18・28日と土日に行なわれています。

15. 銚子カメラ博物館

「銚子カメラ博物館」には、およそ1150台ものカメラが展示されています。これは、山口卓郎が約40年かけて収集したコレクションの一部です。コレクションの総数は、およそ3000台にものぼるというから驚きですよね。

館内は明治・大正・昭和の時代ごとにカメラが展示されています。大型暗箱カメラや機関銃カメラなどな、かなか見ることのできない珍しいカメラの数々に思わずワクワクするでしょう。カメラ好きの方はもちろん、カメラに詳しくない方でも十分に楽しめる博物館です。なお、夏の時期(例年6月~9月)は休館しているため、訪れる際は気をつけてください。

◎ まとめ

雄大な太平洋を見渡せる絶景スポットに海鮮グルメなど、銚子には魅力的な観光スポットがたくさんあります。また、どこか懐かしさを感じる町並みと地元の人々の温かいおもてなしも、銚子の魅力の一つです。次のお休みにはぜひ、銚子電鉄に揺られながら、そして海風に吹かれながらのんびりと銚子観光をしてみませんか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

銚子でおすすめの記事

銚子のアクセスランキング