金沢のおすすめ観光スポット20選!加賀百万石が育んだ和の伝統を訪ねて

画像出典:ooaco / PIXTA(ピクスタ)

金沢のおすすめ観光スポット20選!加賀百万石が育んだ和の伝統を訪ねて

石川県の県庁所在地にして、北陸最大の都市でもある金沢市。江戸時代に加賀百万石のおひざ元として発展し、「北陸の京都」とも呼ばれる美しい街並みが随所に残っています。日本三名園の1つ兼六園や、外国人にも大人気のひがし茶屋街、今も武家街の趣が漂う長町など、和の伝統と格式が感じられる観光スポットが満載です。北陸新幹線の開通により、東京からも約2時間半ほどでアクセスできるようになったことから、金沢は日本を代表する観光地としてさらに注目を浴びています。この記事では、定番から穴場まで、また歴史ある名所から新しいスポットまで、金沢でイチオシの見どころを20か所一挙にご紹介します!

目次

金沢のおすすめ観光スポット20選!加賀百万石が育んだ和の伝統を訪ねて

目次を閉じる

1. 兼六園

出典: Anesthesia / PIXTA(ピクスタ)

岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並ぶ日本三大名園の1つ兼六園。加賀藩4代藩主前田綱紀が延宝4年(1676)に別荘を建てたのが始まりで、文政5年(1822)に大規模な大名庭園として完成しました。「兼六園」の名称は老中松平定信が考案したもので、「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望」のの6つの景色を兼ね備えた名園という意味です。

とくに有名なのが、大きな霞ヶ池のほとりに佇む徽軫灯籠(ことじとうろう)。二又の細い足で支えられている石の灯篭の風景は、日本人なら誰もがどこかで目にしたことがあるでしょう。また兼六園は、日本初とされる噴水があることでも知られています。霞ヶ池から金沢城側へ一段下がったところにあり、池の水を高低差だけを利用して吹き上がらせる仕組みになっています。

さらに、冬には園内の松に名物の雪吊がかけられ、兼六園を代表する景観ともなっています。純白の雪化粧が施された庭園は、万緑の夏や紅葉の秋とはまた違った美しさで訪れる人を魅了するでしょう。春夏秋冬それぞれ期間限定で行われるライトアップも、四季折々の幻想的な眺めが楽しめておすすめですよ。

2. 金沢城

出典: TAKEZO / PIXTA(ピクスタ)

兼六園と双璧を成す金沢の観光名所といえば、金沢城でしょう。とくに兼六園と向かい合うように建つ石川門は、加賀百万石のシンボルともいえる存在です。

なまこ壁の石川門をくぐると、広大な三の丸と二の丸が続き、復元された菱櫓や橋爪門、橋爪門続櫓などが圧倒的な迫力で現れます。天守こそないものの、広い城内には随所に石垣や建物があり、観光の見どころとなっています。

また金沢城内で近年注目を集めているのが、二の丸の西麓の玉泉院丸です。ここには美しい池泉式庭園が復元され、池と緑越しに望むお城の高石垣の景色は新鮮ですよ。玉泉院丸では、お殿様がほとんど趣味で築かせたという色紙短冊積石垣も見逃せません!色とりどりの石がモザイク様に積まれていたり、石垣の間から小さな滝が流れていたりと、まるで石垣のアート作品のようです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の金沢行き格安航空券

金沢でおすすめの記事

金沢のアクセスランキング