青森県八甲田山周辺の観光スポット32選!定番から穴場まで魅力いっぱい!

画像出典:なっちゃん / PIXTA(ピクスタ)

青森県八甲田山周辺の観光スポット32選!定番から穴場まで魅力いっぱい!

目次

青森県八甲田山周辺の観光スポット32選!定番から穴場まで魅力いっぱい!

目次を閉じる

22. 八甲田山雪中行軍遭難資料館

八甲田・十和田エリアは、青森の伝統や歴史、文化などがぎゅっと詰まったエリア。「八甲田山雪中行軍遭難資料館」は、山岳史上最大の悲劇といわれる「八甲田山雪中行軍遭難」を、史実に基づき展示・解説している資料館です。建物は歩兵第五連隊本部兵舎をイメージしたルネッサンス風。館内には事故の背景や、当時の装備や服装、生き残った兵士の話をパネルで展示しています。ビデオでも丁寧に学べ、今からおよそ100年前に起こった遭難事件を改めて教えてくれます。

資料館の隣には「幸畑陸軍墓地」があり、八甲田の雪中行軍で遭難した兵士それぞれの墓標をみることができます。資料館まわりは公園のように整備され、市の史跡天然記念物「多行松」やソメイヨシノを植樹。春には兵士たちに冬の終わりを告げるように、美しく桜の花が咲き誇ります。

八甲田山と聞くと、高倉健氏や北大路欣也氏など豪華俳優陣が主演した映画『八甲田山』が頭に浮かんだ方も多いのではないでしょうか。映画では雪中行軍遭難にフィクションを織り交ぜていますが、八甲田の厳寒の中、俳優陣も凍傷になりながら過酷な撮影に臨んだといわれています。

23. 雪中行軍遭難記念像

県道40号線沿いの駐車場から少し登った小高い丘に、八甲田雪中行軍遭難(せっちゅうこうぐんそうなん)記念像があります。

雪中行軍遭難記念像は、八甲田山での雪中行軍ゆかりの銅像です。1902年(明治35年)1月に行軍した210名のうち、生き残ったのはわずか11名。その時に発見の目印になったのが、この銅像の人物「後藤房之助」です。八甲田の猛吹雪の中、仮死状態で立ち尽くしていたといいます。遭難現場に建てられた銅像のため、当時の壮絶な姿が思い偲ばれます。ふもとにある資料館とあわせて観光し、冥福を祈りましょう。

24. 八甲田国際スキー場

出典: lotus / PIXTA(ピクスタ)

八甲田国際スキー場は、日本有数の山岳スキー場。八甲田ロープウェー「山頂公園駅」のある田茂萢岳山頂が起点で、コースは全5本。八甲田の自然のままの斜面を楽しめます。特に全長約5kmもある「フォレストコース」は、中・上級者に好評です。

八甲田ロープウェーがあることからも、眺望のよさは観光客の折り紙付き。八甲田の美しい樹氷やブナ林はもちろん、遠くには津軽・下北半島まで一望できます。12月中旬~5月中旬頃まで滑走できるシーズンが長いのも特徴。青森市内から車で約40分の好アクセスも人気の理由。温泉付きの宿泊施設もあるので、泊りがけで八甲田のウィンタースポーツを満喫しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

十和田市でおすすめの記事

十和田市のアクセスランキング