苫小牧と周辺の観光スポット14選!一度訪れたらリピートしたくなる!

画像出典:合同会社トレビス / PIXTA(ピクスタ)

フェリーで行こう 最大1,000円お得なプラン

苫小牧と周辺の観光スポット14選!一度訪れたらリピートしたくなる!

苫小牧は札幌から高速道路で1時間ほど、鉄道で1時間半ほどにある港町です。新千歳空港からもバスで1時間ほどですから、空港出発前に立ち寄るというプランも可能な魅力的な立地です。苫小牧と言えば明治後期から続く王子製紙苫小牧工場が有名で、工業都市として近代以降北海道経済を支えてきた歴史があります。北海道らしい雄大な自然を体感できたり、新鮮な海の幸を堪能できたり。さらに歴史マニアにとっておいしいスポットも多かったりします。今回はそんな苫小牧のおすすめ観光スポットをご紹介します。

目次

[x] 閉じる

苫小牧と周辺の観光スポット14選!一度訪れたらリピートしたくなる!

1.樽前山

苫小牧市北西部に位置する「樽前山」には登山ルートがたくさんありますが、7合目から頂上を目指す形が一般的な観光ルートです。頂上までの道のりには80種類以上にも及ぶ高山植物を目にすることができますよ。

頂上では明治42年の噴火の際にできた溶岩ドームが出迎えてくれます。樽前山は山の上に更に溶岩ドームというドーム状の山が乗っかった特徴的な形の山なのです。登山愛好家の方はもちろん、登山初心者にもハードルが低いことから人気を集めています。

樽前山は活火山なので、溶岩ドーム付近は高温の蒸気が上がっており立ち入り禁止です。また季節や気候により登山状況が左右されるため、観光前のリサーチはお忘れなく。

2.樽前ガロー

「登山はちょっと苦手」という方でも樽前山の魅力を味わうことができる観光スポットが、樽前山南麓にある「樽前ガロー」です。樽前ガローは樽前山から流れる清流が、長い年月の中で岩を侵食させてつくりあげた崖のこと。林の中に現れるほぼ垂直に切り立った岩の壁は、色鮮やかな苔に覆われ、その様子はまさに自然による彫刻作品といってもいいでしょう。

聞き慣れない「ガロー」というのは東北地方の言葉で「崖の間に川が流れている場所」という意味。その名の通りの風景が広がる観光スポットです。川のせせらぎを聴きながら散策すれば、マイナスイオンをたっぷり浴びて癒されること間違いなしですね。

ただし、このエリアは階段などの整備がなく非常に滑りやすいので、登山靴などで訪れることをおすすめします。またヒグマの生息地でもあるため朝夕の立ち入りは避け、音を出して観光するようにしてください。

3.ウトナイ湖サンクチュアリ

ウトナイ湖の白鳥

出典: Takeshi Kawai

「あばら骨の川の沼」というアイヌ語由来の名前の通り、「ウトナイ湖」を水源として数多くの小河川が平らな湿地帯の四方へと広がっています。ウトナイ湖と苫小牧周辺の湿地帯は、260種類以上の鳥類が保護される、日本初のバードサンクチュアリでもあり、渡り鳥の中継地点としても知られています。3月から4月には白鳥も降り立つことから、この美しい渡り鳥を目にしようとバードウォッチャーや観光客が苫小牧へ数多く訪れます。

湖畔にはウトナイ湖の自然を更に楽しめる観光スポットが用意されているので、こちらもお忘れなく。ネイチャーセンターでは、野鳥や渡り鳥について楽しみながら学べるので、苫小牧に観光の際にはぜひ立ち寄ってみてください。レンジャーも待機しているので、気軽に質問ができるのもいいところですよ。

実際にバードウォッチングがしたくなったら、双眼鏡や長靴レンタル(有料)もあるので、手ぶらでも問題ありません。ラムサール条約にも登録されているウトナイ湖畔でのバードウォッチングはきっといい観光の思い出になりますよ。

バードウォッチングなど観光したら、小腹がすいたら「道の駅ウトナイ湖」へどうぞ。道の駅ウトナイ湖では、苫小牧市内で採れた新鮮な野菜や水揚げされたばかりの苫小牧の海の幸を楽しめるショップとレストランがお客さんを温かく迎えてくれます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

苫小牧でおすすめの記事

苫小牧のアクセスランキング