博多のおすすめ観光スポット17選!グルメだけじゃなかばい!

博多のおすすめ観光スポット17選!グルメだけじゃなかばい!

福岡県の「博多」は、博多ラーメンやもつ鍋などグルメで大人気の観光地です。山陽新幹線の博多駅があるのでアクセスも抜群!さらに、福岡空港から博多駅への移動は地下鉄でわずか6分と、飛行機でのアクセスの良さもトップクラスです。ここでは、博多へ旅行される方にぜひ盛り込んでほしいおすすめ観光スポットを厳選しておすすめします。

目次

[x] 閉じる

博多のおすすめ観光スポット17選!グルメだけじゃなかばい!

1.博多駅周辺の新ビル

出典: GRAND / PIXTA(ピクスタ)

博多駅が「JR博多シティ」としてリニューアル。さらに「KITTE博多」「JRJP博多ビル」と新しい複合商業ビルが次々オープンしている博多駅周辺は、グルメ・ショッピング・観光スポットとして熱い注目が注がれています。

画像左側の大きなビルが「JR博多シティ」、中央右手のビルは「KITTE博多」、その奥が「JRJP博多ビル」。JR博多シティからKITTE博多、JRJP博多ビルへは地上2階の空中回廊(ペデストリアンデッキ)と地下1階の通路でつながっているので、雨でも傘をさすことなく移動できます。

◆JR博多シティ

出典: ja.wikipedia.org

2011年3月にオープンしたJR博多駅の新駅ビル「JR博多シティ」は、博多駅舎やアミュプラザ博多、阪急百貨店からなる複合商業ビルで、地上10階・地下3階建て。画像左側がアミュプラザ博多、右側が阪急百貨店で、中央コンコースは3階まで吹き抜けです。

アミュプラザ博多は東急ハンズをメインに、専門店街のAMU(アミュ)、博多デイトス、9階・10階のレストラン街「シティダイニングくうてん」、地下1階のレストラン街「博多1番街」で構成されています。シティダイニングくうてんは8周年を迎え、続々とリニューアル&新店舗がオープンしているので要チェック!

出典: ja.wikipedia.org

屋上「つばめの杜ひろば」は博多駅に到着した観光客に人気の観光展望スポット。10~23時まで無料で利用できます。「こどもシティ」と題したイベントは親子連れで大賑わい。展望テラスからは福岡市街地から博多湾まで一望できるので、夜はロマンチックな夜景スポットとしておすすめです。

9階にある「トレインビュースポット」は、博多駅に発着する列車を上から見られる穴場の観光&休憩スポット。映画館の左手奥にありますがチケットがなくても無料で利用できます。駅の待合室をイメージしたベンチや落ち着いた内装も鉄道ファンや観光客に好評です。

◆KITTE博多

出典: commons.wikimedia.org

2016年4月にオープンした「KITTE(きって)博多」は、1~7階の博多マルイをメインにした複合商業ビル。東京に次ぐ「KITTE」ビル2号店で、日本郵便株式会社が管理・運営。「切手」と「来て」をかけて名付けられています。8階はユニクロとクリニック、最上階は結婚式場のhakatagi(はかたぎ)。

KITTE博多は「いい休憩をしよう。」というコンセプトのもと、ゆったり過ごせるよう全フロアにカフェがあります。9・10・地下1階は「うまいと」というレストラン街で、20店舗以上が九州初出店。上層階の化粧室は展望観光スペースのようにキレイでおしゃれです。

◆JRJP博多ビル

出典: ja.wikipedia.org

JRJP博多ビルは2016年4月にオープンしたJR九州と日本郵便のオフィスビルで、話題の飲食店が入っています。1階は博多郵便局とゆうちょ銀行、ローソン、スターバックスなど。2階はハードロックカフェと「俺のフレンチ」、ビジネスコンビニの「キンコーズ」、3~12階はオフィスフロアです。

地下1階は「駅から三百歩横丁」という名前の飲食店街で、博多グルメからビストロまで10店舗ほどが屋台のように軒を並べます。何を食べようか迷って歩くのも、ほろ酔い気分で駅へ向かうのも300歩くらいがちょうどいい、ということから名付けられた名前がユニーク。雨の日でも手軽に博多屋台の街並みや味覚を楽しめると、観光客やサラリーマンに好評です。

2.キャナルシティ博多

出典: PROHiro - Kokoro☆Photo

博多駅から西(中洲方面)に10分ほど歩くと、外観も内装も個性的なデザインの「キャナルシティ博多」があります。アメリカ人の建築家ジョン・ジャーディ氏がデザインを担当。シネコン(ユナイテッド・シネマ)や劇団四季の劇場、ショッピングモール、飲食店、ホテル(グランドハイアット福岡、キャナルシティ・福岡ワシントンホテル)などが入ったオシャレな複合商業施設です。

キャナルシティという名前のとおり、中央部分の地下1階には約180mのキャナル(運河)があり、キャナルを中心に開催されるダイナミックな噴水ショー「ダンシングウォーター」やイベントが大人気!夜のライトアップや、季節にあわせたイルミネーションも魅力的です。

週刊少年ジャンプやディズニーストアなど常設のキャラクターショップだけでなく、期間限定のショップも楽しみ。ラーメンのテーマパーク「ラーメンスタジアム2」では、日本を代表するラーメン店が出店してバトル。あまり人気のなかったラーメン店は年に数回入れ替わるという、まさにラーメンスタジアム!建物・内装・イベント・ショップ全てに趣向を凝らしたキャナルシティ博多は、観光客だけでなく大人から子供まで1日中楽しめる楽しい空間です。

もっと詳しく知りたい方はこちら!↓
▶ 博多のビッグショッピングスポット!キャナルシティ博多の魅力

3.東長寺

出典: abeshigeki / PIXTA(ピクスタ)

博多駅周辺にある有名な神社と寺を1つずつご紹介します。まずは、弘法大師空海が日本で最初に開山した密教寺院である真言宗の別格本山「南岳山東長寺」。東長寺は福岡藩主黒田家の菩提寺で、博多の歴史観光スポットの代表格。

一番の見どころは、日本最大の木造座像「福岡大仏」。大仏堂にあるひのき造りの釈迦如来坐像は、高さ108m。木造なのに、高さ約113mの鎌倉大仏とほぼ同じ大きさなのには驚きですね。108mのゆえんは、人間の煩悩(ぼんのう)の数と同じ108。大仏の台座は「地獄・極楽めぐり」になっていて、暗い通路の途中にある「仏の輪」に触れると極楽にいけるという言い伝えがあります。ちょっと怖いですが挑戦してみる価値アリです。

国の重要文化財に指定されている千手観音菩薩像、空海が持ち帰ったとされる仏舎利が納められた総ひのき造りの五重塔、織田信長が本能寺の居間にかけていた弘法大師筆「千字文」などもぜひご覧ください。大きな一本桜が有名で、桜の観光名所としても親しまれています。東長寺へは博多駅から歩いて10分ほど、地下鉄空港線の祇園駅下車すぐとアクセスも良好です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

博多でおすすめの記事

博多のアクセスランキング