【金カム】ゴールデンカムイの聖地巡礼ポイントまとめ!原作再現も可能?

【金カム】ゴールデンカムイの聖地巡礼ポイントまとめ!原作再現も可能?

北海道に点在する、ゴールデンカムイ(金カム)の聖地巡礼ポイントをまとめてご紹介します!

ゴールデンカムイ(金カム)とは明治時代の北海道を舞台にした漫画作品で、物語自体はフィクションながら作中には実在する建造物や地名、アイヌ文化に現在も史跡として整備されている公園などが北海道の各地に存在します。

訪れてみると、漫画で見た場面が現実で見られるかも?道内ゴールデンカムイの聖地は各所にありますが、要所を押さえて回ってみると充実した旅行が楽しめるでしょう。ぜひチェックしてみてください!

なお、ゴールデンカムイの聖地は北海道各地に位置しています。移動の際にはレンタカーが便利となっているので、合わせて利用してみてください。

目次

【金カム】ゴールデンカムイの聖地巡礼ポイントまとめ!原作再現も可能?

目次を閉じる

金カムの聖地.1「五稜郭公園」

ゴールデンカムイの聖地

北海道南の重要都市である函館。この函館のシンボルとなっている五稜郭は、ゴールデンカムイの作中でも重要な要塞として登場した聖地のひとつです。

五稜郭は江戸幕府が函館を防衛拠点とするために建造した、国内に残る城郭としてはややイメージが異なる西洋式のお城です。現在は公園として整備され、サクラやツツジが楽しめる観光名所となっています。

戊辰戦争(1868年~1869年)で江戸幕府軍が最後まで抵抗した要塞。ゴールデンカムイの主要人物である土方歳三は、史実ではこの地で倒れています。4月後半は桜のシーズン、5月11日は土方歳三の命日があり、ゴールデンウィーク前後日は多くのファンや観光客が賑わうエリアです。

新選組最後の地でもあり、ゴールデンカムイファンに限らず新選組ファンも訪れる名所と言えるでしょう。

金カムの聖地.2「土方歳三函館記念館」

土方歳三について更に深掘りした観光名所、土方歳三函館記念館も外せない聖地です。

作中では金を狙う勢力の頭となる土方歳三。明治維新後も生き延びて収監されていたというのはフィクションですが、この北海道で明治政府を相手に激戦を繰り広げていた事実は変わりません。土方歳三函館記念館はそんな縁から、多くの資料が展示されています。

土方歳三の愛刀である和泉守兼定、短銃に掛け軸など土方歳三に関わる展示品がズラリ。ゴールデンカムイファン・土方歳三ファンにはたまらないスポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の札幌行き格安航空券

札幌でおすすめの記事

札幌のアクセスランキング