美瑛のおすすめ観光スポット16選!美しい「丘のまち」がそこにある!

画像出典:srinil_photo/Shutterstock

まるで絵に描いたような美しい自然が広がる場所、美瑛。北海道らしい風景を心ゆくまで楽しみたい方は北海道の真ん中、道央の美瑛観光がおすすめです。なだらかな丘陵地帯を長く伸びる直線道路、美しい花畑に牧草地帯、のんびりと草を食べる牛たち…のんびりと観光するには最高の場所ですよ。あたり一面に丘陵が広がる地形から「丘のまち」と呼ばれる美瑛のおすすめ観光スポットを16ヶ所ご紹介します。

[x] 閉じる

美瑛のおすすめ観光スポット16選!美しい「丘のまち」がそこにある!:目次

1.パッチワークの路

出典:まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

最も美瑛らしい風景を感じられるパッチワークの路。美瑛を観光するなら絶対に外すことはできない場所です。丘陵地帯の広大な農地が、まさに大きなパッチワークのようにつなぎ合わされている風景が広がります。ヨーロッパの田園地帯のようにも見え、多くの観光客の心を奪っています。

パッチワークの路はレンタサイクルやドライブで巡るのがおすすめ。夏はラベンダー、秋は黄金色と季節によって違う姿を見せてくれます。特に夕日に照らされたパッチワークの路は、その輝きに思わず息をのんでしまいますよ。美瑛の空気を胸いっぱいに吸い込んで、その美しさを目に焼き付けましょう。

2.ケンとメリーの木

出典:まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

「ケンとメリーの木」とはパッチワークの路内、美瑛の丘陵地帯にある大きなポプラの木のことです。美瑛の丘陵地帯にただ一つそびえ立つケンとメリーの木は、存在感抜群です。

とあるCMシリーズにこの場所がロケ地として使用されていたことから一躍有名になり「ケンとメリーの木」という名前まで付けられました。この木は私有地にあるので、マナーを守って観光しましょう。

3.北西の丘展望公園

北西の丘展望公園は、パッチワークの路内の小高い丘にある公園。ピラミッド型の展望台が特徴的です。売店と駐車場があり、美瑛観光の合間に一休みするにはふさわしい観光スポットです。この売店で人気なのが「美瑛放牧酪農場の牛乳ソフトクリーム」。濃厚なミルクの味わいを感じられるソフトクリームなので、美瑛の自然を眺めながらぜひ食べてみてください。

観光案内所も併設されているので美瑛観光のおすすめ情報を聞いたり、無料で配布している観光パンフレットやロードマップをもらうのも良いでしょう。北西の丘展望公園の展望台からは、遠くにそびえる十勝連峰も見ることができ、美瑛の美しい風景を堪能することができます。

4.ぜるぶの丘・亜斗夢の丘

出典:ふくいのりすけ / PIXTA(ピクスタ)

ぜるぶの丘・亜斗夢の丘は、国道237号線沿いにある花畑です。旭川方面から車で美瑛を目指すと、最初に観光客の目に入ってくるのがこの「ぜるぶの丘・亜斗夢の丘」のお花畑です。きれいに整備されたラベンダーやヒマワリの花を眺めることができ、展望台からはケンとメリーの木も見ることができます。

園内にはレストラン、カフェ、美瑛産の新鮮野菜直売所なども併設。バギーやカート乗り場も用意されており、自分で運転しながら美瑛の風景を楽しむことができます。バギーは、初めて乗る人も楽しめる乗り物ですのでぜひチャレンジしてみてください。

5.白金青い池

出典:まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

青い池は白金街道から入ったところにある池です。その名の通り「青い池」ですが、季節によっていろいろな表情を見せてくれる美瑛の観光スポットの中で最も神秘的な場所です。池の中で枯れたカラマツと相まって幻想的な雰囲気を醸し出しており、写真家の間でも人気があります。

訪れるなら朝早い時間帯がおすすめ。観光客が少ないのでゆっくり見学できることに加え、風も弱く朝の光が青い池を一層美しく見せてくれます。早朝に青い池を見に行く際は、近くの美瑛のホテルに宿泊してくださいね。

また、冬季は期間限定でライトアップを実施しており、昼間とは一味違った美しさを堪能することができます。冬季はライトアップされている時間のみ見学可能なのでご注意を。期間限定で見ることができる青い池は、美瑛観光の特別な思い出になりますね。

6.白ひげの滝とブルーリバー

出典:genki / PIXTA(ピクスタ)

「ブルーリバー」は白金温泉付近を流れる美瑛川のこと。美しい青色に見えることから「ブルーリバー」と呼ばれています。そして、ブルーリバー橋から見ることができるのが「白ひげの滝」。白ひげの滝は橋から見下ろすことができ、落差は約30メートル、幅は約40メートルと大きな滝です。

紅葉の季節には、川の青さとの紅葉の赤、そして白い滝のコントラストが絶妙で目を奪われてしまうことでしょう。冬にはライトアップもされているので、より幻想的な雰囲気を楽しめます。

7.十勝岳望岳台

美瑛といえばなだらかな丘陵地帯が有名ですが、十勝岳望岳台から見る迫力ある風景も一見の価値アリですよ!十勝岳は、標高2,077mの活火山。十勝岳望岳台からは、雄大な十勝岳全体を見渡すことができます。

登山客の玄関口にもなっている展望台にはレストハウスも完備されています。登山する場合は、しっかりと準備をしてから臨みましょう。観光地と言えども足場は石でゴロゴロしているので、歩きやすい靴を着用するのがおすすめ。夏には高山植物が観察できますし、運が良ければ野生のかわいいナキウサギに出会えるかもしれません。

8.ファームズ千代田ふれあい牧場

「ファームズ千代田ふれあい牧場」は羊やヤギ、ポニーなどたくさんの動物と触れ合える美瑛の観光スポットです。体験プログラムではエサやりや乳しぼり、乗馬が楽しめます。

また、併設されているレストラン「ファームレストラン千代田」では、ファームズ千代田で育った牛だけに与えられるブランド「びえい和牛」を使った料理が食べられます。美瑛の美しい環境でのびのびと育ったびえい和牛は、日本食肉格付協会から最高評価を受けています!美瑛に来たのならぜひ食べておきたい逸品です。こちらのレストランでは、ステーキやビーフシチューなどのメニューでびえい和牛を味わうことができますよ。

ファームズ千代田ふれあい牧場は、お子様連れでも楽しめる観光スポットです。

9.千代田の丘見晴らし台

「千代田の丘見晴らし台」は、ファームズ千代田内にある展望台。ファームズ千代田ふれあい牧場の風景と、遠くにそびえる十勝岳の景色を同時に楽しめる展望台です。牧場で動物と遊んだり食事をしたりした後に立ち寄って、一息つくのにも丁度いいですよ。美瑛の観光スポットとしては穴場の場所なので、ゆっくり静かにのどかな風景を眺めることができるスポットです。

10.道の駅 びえい「丘のくら」

「道の駅びえい丘のくら」はJR美瑛駅のすぐ近くにある、石造りの倉庫を改装した道の駅です。内部は美瑛産のカラマツを使用しており、こじんまりとした造り。温かみのある雰囲気で美瑛の地元の方や観光客に親しまれています。

「道の駅びえい丘のくら」に立ち寄ったら、ぜひご当地グルメを食べてみましょう!特に人気があるのは、美瑛産のジャガイモを使用したコロッケやチュロス、ソフトクリーム、カレーライスなど。手軽に食べられるものが多いのもうれしいですね。特産品販売コーナーでは、農産加工品や工芸品なども販売。美瑛ならではのお土産も揃っています。

11.白金温泉

白金温泉は美瑛町にある温泉です。もともとは「畠山温泉」と呼ばれていたのですが、大正15年の十勝岳大噴火によって飲み込まれてしまいます。苦労の末、1950年に現在の白金温泉が湧出し、当時の町長が「泥の中から貴重なプラチナ(白金)を見つけた思いがする」と語ったことから「白金温泉」と呼ばれるようになりました。現在は、美瑛の人気観光地として知られています。

白金温泉は天然かけ流し。神経痛などに効果があるとされ、入浴後に思わず杖を忘れて帰ってしまう「杖忘れの湯」とも呼ばれています。日帰り入浴ができる施設が多いのもおすすめできるポイントのひとつ。また、美瑛の人気観光スポットの青い池や白ひげの滝に近いので、美瑛観光の途中に白金温泉でひと休みというのもいいですね。

12.拓真館

拓真館は美瑛の風景に惚れ込んだ写真家・故前田真三がオープンした施設です。前田真三は日本各地の風景写真で知られていて、なかでも美瑛を中心とした丘の風景に魅了され、拓真館をオープンさせるに至りました。館内には、美しい美瑛の丘の写真が展示されており、誰もが足を止めて見入ります。

「丘のまち美瑛」のイメージを全国区にした立役者、前田真三の作品を見ることができる貴重なスポットです。ショップでは絵ハガキやポストカード、写真集が販売されています。美瑛観光のお土産にもぴったりですね。

13.美瑛放牧酪農場

美瑛放牧酪農場は、ジャージー牛とブラウンスイス牛を放牧している牧場です。美瑛の市街地からは車で20分程度。人里離れた場所にあり、美瑛の中でも特に自然豊かな環境にある牧場です。ここでは、動物たちがのびのびと生活している様子を眺めることができます。

美瑛放牧酪農場に来たらぜひ食べてほしいのが、自然の中で育った乳牛の乳から作った乳製品。なかでもソフトクリームがおすすめです。牛乳本来の味を感じられる濃厚さが魅力で、このソフトクリームを食べるためだけに訪れる観光客もいるそうですよ。

14.新栄の丘展望公園

新栄の丘展望公園は、美瑛の丘と十勝連峰を一望できる美瑛でも特に人気の観光スポットです。人気の秘密は、なんといっても夕暮れ時の美しさ!美瑛で最も美しいと言われる夕日を眺めることができます。夕暮れ時には、観光客やカメラマンで賑わいますよ。

15.四季彩の丘

四季彩の丘は、美瑛の地に15ヘクタールもの広大な敷地面積を持つ展望花畑です。その規模はさすが北海道美瑛ならでは!一面のお花に圧倒されること間違いありませんよ。園内一帯に広がるラベンダーやヒマワリ、ポピーなどの花々はたいへん色鮮やかで、特に6月下旬から9月はさまざまな種類の花が咲き乱れます。

園内には、「四季彩ノロッコ号」と呼ばれるトラクターバスが走っています。メルヘンチックな乗り物でお子様にも人気の乗り物ですが、カップルでのデートにもオススメ。途中には記念撮影タイムもありますよ。園内が広いので全部歩いてまわるには疲れてしまう方もノロッコ号を利用すればたくさん楽しむことができますね。

また、冬は色とりどりの花畑から一転、どこまでも続く銀世界を楽しむことができます。厚い雪が積もる園内をスノーモービルで駆け巡ることも可能。ちょっと体験したい方も本格的に長時間楽しみたい方も、それぞれ満足できるようなコースが用意されています。乗り方の指導もしてくれますので、初めての方でも安心ですよ!

16.富良野・美瑛ノロッコ号

出典:河野信紀 / PIXTA(ピクスタ)

美瑛ノロッコ号とはJR北海道が運行するトロッコ列車。トロッコとゆっくりを意味する「ノロノロ」を掛け合わせた車名です。旭川から富良野間をのんびりと走行しており、所要時間は1時間半程度。もちろん美瑛も経由するので、美瑛観光のプランに入れてみましょう。

車内のシートは、木製のベンチ風の作りでレトロな雰囲気。車窓は解放されており、美瑛の美しい花畑を風を感じながら楽しめます。運行期間は毎年6月から9月の4ヶ月間のみ。運行日が決められているので、事前にチェックしておきましょう。リーズナブルなので、ゆったり気分で景色を味わいながら観光を楽しみたいという方におすすめです。

◎まとめ

北海道の観光地の中でも特に自然の美しさに定評のある美瑛は、レンタカーでの気ままなドライブもレンタサイクルでのサイクリングもおすすめです。特に天気の良い日は風が気持ちよく、美瑛の観光を満喫できますよ。美瑛の自然はどの季節に行ってもその時にしか見ることのできない表情を見せてくれます。旭川空港からバスで15分程度ですので、観光客にとってアクセスも抜群。美瑛観光で美しい丘のまちの自然を満喫してくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の美瑛行き格安航空券

美瑛でおすすめの記事

美瑛のアクセスランキング