【2020年11月6日~】日本からハワイへの旅行が可能に!陰性証明取得の条件付きで

【2020年11月6日~】日本からハワイへの旅行が可能に!陰性証明取得の条件付きで

ハワイ州は、日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NAT)を行うことができる21ヶ所の医療機関と契約を締結し、2020年11月6日のフライトより日本向けの事前検査プログラムが適応されることを発表しました。

これにより、日本を出発する72時間以内に契約を締結した日本国内の21ヶ所の指定医療機関で新型コロナウイルス感染症の検査を受け、ハワイ入国時にハワイ州指定の陰性証明書を提示することにより、ハワイ到着後の14日間自己隔離が免除されます。

▼ホノルル行きの格安航空券はこちら
▼ハワイ島/コナ行きの格安航空券はこちら

目次

【2020年11月6日~】日本からハワイへの旅行が可能に!陰性証明取得の条件付きで

目次を閉じる

11月6日から事前検査プログラムでハワイへの旅行目的での入国が可能に

ハワイの夕焼けを拝みたい

ハワイ州では、すでに10月15日から米国内向けの事前検査プログラムを開始しており、米国以外では日本が初めて事前検査プログラムの対象になりました。この事前検査プログラムは、ハワイ州の「セーフ・トラベルズ・ハワイ・プログラム」の一環であり、すべての旅行者がハワイ到着前の事前検査から到着後の滞在まで安心して過ごしてもらうためのものです。

「セーフ・トラベルズ・ハワイ・プログラム」とは、渡航者およびハワイ州民の安全と健康を守るために2020年9月1日から義務づけられた事前オンライン登録プログラムです。

ハワイ州COVID-19情報サイト
「セーフ・トラベルズ・ハワイ・プログラム」の詳細はこちら

ハワイを訪問するためには事前登録が必要!

ハワイ訪問には事前登録が必要だ

オンラインで登録、渡航情報・健康状態を申請後、取得したQRコードをスマートフォンに保存または印刷し、それをハワイの空港到着時に、パスポートと共にQRコードを提示する必要があります。

また、別途ESTAやビザ(査証)が必要ですよ。

ハワイ州が指定する陰性証明が発行可能な医療機関は21か所!

医師がPCR検査を行う

北海道に1か所、千葉県に1か所、東京に12か所、神奈川県に2か所、愛知県に3か所、大阪府に1か所、兵庫県に1か所です。西日本にはほとんどありませんので注意が必要。

受信可能な病院、クリニックはこちら

オンライン申請フォームはこちら

ハワイから日本帰国時には14日間の自宅またはホテル待機が必要!公共交通機関も使えない

2020年10月28日現在、日本入国時には、PCR検査の実施、14日間の待機要請、公共交通機関の使用制限が求められます。

なお、タクシーも利用できません。なお、空港で陰性判定が出ればマイカーやレンタカー、許可されたハイヤーといった不特定多数の人と接しない交通機関を使って帰宅可能です。

▼レンタカーはこちら

日本帰国後、陰性判定が出たら使えるハイヤー、チャーター機がある!

日本帰国後、陰性判定が出たら使えるハイヤー

いくつかの国土交通省が認めたハイヤーは使えます。

認定されたタクシー事業者の一覧はこちら

下記の記事では成田や羽田から定額利用できる「らくらくタクシー」について紹介していますよ。

らくらくタクシーの利用はこちら

日本帰国後、空港から自宅近辺の空港までのアクセスに使えるプライベート飛行機もある

ご自宅が地方などの遠方にある場合、小型飛行機をチャーター運航する「SKY TREK」も帰国から自宅最寄りの空港まで使うことができます。成田や羽田の場合は青森、仙台、福井などに向かうほかは使用機の関係で埼玉のホンダエアポートまで移動しなくてはいけませんが、中部国際空港や関西国際空港は離発着可能です。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

一刻も早い収束を願いたい

新型コロナウイルスの影響は来年まで続きそうです。海外に行きたくて、うずうずしている方も多いのではないでしょうか。事態の一刻も早い収束を祈りましょう。

提供:PR TIMES
本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。

ハワイの主なskyticket観光ガイド記事

日本のハワイ!スパリゾートハワイアンズがあるいわき市

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ホノルルでおすすめの記事

ホノルルのアクセスランキング