和歌山の大門坂(熊野古道)を散策しよう!観光スポットもご紹介

和歌山の大門坂(熊野古道)を散策しよう!観光スポットもご紹介

GoToキャンペーンバナー

大門坂(熊野古道)は非常に美しい石畳の道です。霊地・神話の国、熊野。1000年以上も前から多くの人々が足を運ぶ、熊野古道。神話の国と言うだけあって、各観光地はパワースポットとしても人気があります。今回ご紹介する大門坂から熊野那智大社周辺までのコースは、距離にして約2.5キロと初心者でも安心して歩くことができます。マイナスイオンたっぷりの熊野古道を散策して気持ちをリフレッシュしましょう。

目次

和歌山の大門坂(熊野古道)を散策しよう!観光スポットもご紹介

目次を閉じる

大門坂(熊野古道)とは?

熊野古道

熊野古道は、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社へ通じる参詣道の総称です。2004年にユネスコに認めら世界文化遺産となりました。今では「歩ける文化遺産」として親しまれています。

「蟻の熊野詣」という言葉をご存じですか?これは子供から大人まで、熊野三山の信仰が高い頃に、行列が途切れないほど多くの参詣者が訪れたことが由来となりました。

大門坂は、石畳が美しいことで有名な坂道です。苔むしていたり、滝の音を楽しんだり、散策にはもってこいです。ちなみに、入り口では有料ですが平安時代の衣装を借りて記念写真を撮ることも可能です。

熊野那智大社

熊野那智大社

出典: kouyunosa / PIXTA(ピクスタ)

美しい467段もの石階段を登った先にあるのが、熊野三山の一つ熊野那智大社です。熊野古道の一部となっており、ユネスコ世界遺産に登録されていることでも有名です。

熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)つまりイザナミノミコトを主祭神とします。昔から多くの人々の信仰を集めたの神社には、見逃せないポイントがあります。

熊野の神様のお使いと呼ばれている3本足の烏「八咫烏」の銅像も境内にあります。この八咫烏にゆかりのある「烏石」や、県指定の文化財でもある枝垂れ桜。熊野信仰を学ぶには外せない重要資料を展示する「宝物殿」。

そして、樟霊社での体内くぐり。こちらは樹齢850年の樟の空洞に設けられています。御朱印を集めている方は是非お忘れなく。

那智の滝

熊野那智大社と那智の滝

出典: オフィスK / PIXTA(ピクスタ)

日本三大名滝の一つとして名高い滝です。熊野に訪れるなら、まずこの観光スポットは外せません。
パワースポットとしても非常に有名ですね。那智の滝は、滝自体が飛龍神社(熊野那智大社の別宮)の御神体として崇拝されています。落差日本一の那智の滝は、大きさゆえ遠くから見える景色すら絶景です。

しかし、熊野古道を歩き、御滝本までの長い石階段を登った先に待っている景色は本当に圧巻です。
訪れたことがある人でなければ表現することができません。きっとここに辿り着くまでに疲れてしまっている方も多いでしょう。

実は300円払えば、滝近くまで行くことが可能です。途中「延命水」が飲める場所があるのでこちらも是非飲んでみてください。そして大量に発生しているマイナスイオンを肌で感じてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

那智勝浦町でおすすめの記事

那智勝浦町のアクセスランキング