セブパシフィック航空で南国リゾートへ!4時間半の空旅は思った以上に快適

画像出典:ja.wikipedia.org

セブパシフィック航空で南国リゾートへ!4時間半の空旅は思った以上に快適

フィリピンを代表するリゾート地・セブ。日本発の直行便で最短4時間30分でアクセスできることから、人気の旅行先にもなっています。さらに「セブパシフィック航空」というフィリピンのLCC(格安航空会社)も運航していることから、気軽に旅行できることも魅力的です。今回はセブパシフィック航空について紹介します。LCCで行くセブ旅行もおすすめですよ!

目次

セブパシフィック航空で南国リゾートへ!4時間半の空旅は思った以上に快適

目次を閉じる

1. セブパシフィック航空とは?

セブパシフィック航空の飛行機(拡大)

「セブパシフィック航空」は1996年に就航を始めた、フィリピンのマニラとセブに拠点を構えるLCC(格安航空会社)です。フィリピン最大の航空会社でもあります。

黄色を基調としていて、南国らしい爽やかな印象です。

成田国際空港の国際線ターミナル第2ビル

就航先はフィリピン国内をはじめ、東南アジアや中東、オセアニア方面にもルートを結んでいます。日本では成田・中部・関西・福岡の4空港を就航。成田空港はセブ行きの直行便も就航しています。直行便は毎日運航していますが、本数は1日1本です。

2. ゼブパシフィック航空はこんな人におすすめ!

セブパシフィック航空はLCCなので、旅費を抑えたい方にはおすすめです。手荷物も少なく、機内は睡眠を中心に過ごしたい方も最適でしょう。また、フィリピン料理が味わえる機内食や、笑顔が素敵なフィリピン人のCAなど、フィリピンの雰囲気を飛行機から楽しみたい方にもおすすめできますよ。

3. 有料コンテンツなものとは?

セブパシフィック航空はLCCなため、有料コンテンツのものが多いです。それではどのようなものが有料コンテンツに含まれているのでしょうか。

有料コンテンツは事前予約が必要なものと、当日支払うものの2パターンあります。事前に支払いが必要な場合は、航空券の購入時もしくはWEBチェックインのタイミングで行います。また、セブパシフィック航空は飲食の持ち込みが可能です。ブランケットも持参すれば費用もかからないでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

航空券でおすすめの記事

航空券のアクセスランキング