「台北市立動物園」のアクセス方法と見どころをご紹介!

画像出典:yukkiee / PIXTA(ピクスタ)

「台北市立動物園」のアクセス方法と見どころをご紹介!

GoToキャンペーンバナー

台湾・台北にある「台北市立動物園」は、世界でも有数の大型動物園のひとつ。台湾随一の広大な敷地を誇る園内では、400種類以上の動物が飼育されており、可愛いパンダにも会うことができます。ジャングル気分を体験できるカフェはフォトスポットとしても人気。子供から大人まで楽しめる台北市立動物園のアクセス方法や見どころをご紹介します!

目次

「台北市立動物園」のアクセス方法と見どころをご紹介!

目次を閉じる

1. アクセス方法

出典: CHEN MIN CHUN/shutterstock

台北市立動物園へは公共交通機関でのアクセスが便利です。台北が運営するMRTの「文湖線(路線図が茶色)」に乗り、終点の「動物園」駅を下車。

園内までは徒歩すぐのところにあるのでわかりやすいですよ。台北市の中心部からだと20分~30分ほどで到着します。

2. パンダ館

出典: abogdanska/shutterstock

本園に来たら必ずお目にかかりたいのがパンダでしょう。入園してすぐ、シャトルバス乗り場のとなりにパンダ館はあります。休日は人気のあまり整理券が配れることがあるため、入園時にはインフォメーションセンターで確認しましょう。

現在パンダ館には「団団」と「円円」、その子供の「円仔」という3匹のジャイアントパンダがいます。日中は寝てることが多いため、運よく動いている姿を見れたらラッキーです。

格子ではなくガラス張りにされているため、すぐ近くでパンダを見学できるのも魅力。フラッシュを使った撮影は禁止されているのでご注意ください。パンダ館の中にあるパンダグッズを取り扱うショップやカフェも見どころです。

3. コアラ館

出典: catmanc/shutterstock

動物園の目玉として人気があるコアラ館。パンダ館のとなりにあり、屋根付きのため雨でもじっくり見学できます。コアラは夜行性のためお昼間は寝ていることが多く、木に登ってじっとしていることが多いそう。

木から移動したりご飯を食べている姿が見られたらラッキーです。パンダ館同様でガラス張りとなっているため、近くで可愛いコアラを眺められます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

台北でおすすめの記事

台北のアクセスランキング