宮古島の東平安名崎を観光し尽くす。息を飲む美しさの魅力と展望スポット

画像出典:www.shutterstock.com

宮古島を代表する観光地、美しい海に囲まれた「東平安名崎」をご存知でしょうか?イムギャーマリンガーデンや伊良部大橋など絶景スポットが目白押しの宮古島の中でも、東平安名崎は国の史跡名勝天然記念物に指定された観光名所。灯台付近からのパノラマビューは一生に一度は見てみたい感動の絶景です。今回は東平安名崎を観光する上でのポイントやおすすめ情報をご紹介していきます。

[x] 閉じる

宮古島の東平安名崎を観光し尽くす。息を飲む美しさの魅力と展望スポット:目次

どう読むの?どこにあるの?「東平安名崎」

出典:atsushi / PIXTA(ピクスタ)

「東平安名崎」ってどう読むの??知らないと絶対読めないこの地名の読み方は「ひがしへんなざき」。東平安名崎は、宮古島の東南端にある細長い半島です。どのくらい長ーい半島なのかというと、宮古島南東部の付け根部分から南東へ約2km!

出典:JIRI / PIXTA(ピクスタ)

岬の先端は遮るものが全くなく、まさに360度のパノラマビューを見渡せます。

出典:Jake Images / PIXTA(ピクスタ)

強く吹き付ける海風から特有の植物群が多く見られる東平安名崎は、隆起珊瑚礁海岸風衝植物群落として沖縄県の天然記念物にも指定されています。テッポウユリ、ハマユウ、ヒルガオ、テンノウメ、アザミなど野生の花々を観賞しながら、のんびりとした島時間を堪能してください。

魅力①:細長い半島と琉球石灰岩の海岸地形

出典:Jake Images / PIXTA(ピクスタ)

東平安名崎は宮古島の最東端に細長く突き出た地形をしています。東平安名崎の岬は、地殻変動によって珊瑚が隆起してできた石灰岩が、約20mの海食崖となったダイナミックな景勝地。水平線から朝陽が昇ってくる景観は素晴らしく、その絶景は一度見たら忘れられないものとなるでしょう。

魅力②:美しい海とサンゴ礁

出典:二匹の魚 / PIXTA(ピクスタ)

東平安名崎の周囲は、幅約2kmにもおよぶサンゴ礁やリーフなどが多数見られ、宮古ブルーの海に美しいグラデーションを生んでいます。

海がこんなにも青く見える秘密は、海底がサンゴ礁と琉球石灰岩に覆われていること。太陽光に輝くブルーの海の色は、言葉で表現できないほどキレイです。晴れた日に観光したいのはもちろんですが、砂浜と違ってサンゴ礁の海底を持つ海では、曇っていても青色が見られます。

魅力③:点在する岩塊「津波石」「パナリ」

出典:pixta.jp

東平安名崎周囲の海に浮かぶゴツゴツとした巨石群は、「津波石」と呼ばれています。エメラルドグリーンのリーフ内に巨石が点在する光景はインパクトがありますよね。

これらの無数にある岩石は、断崖が崩落したもの、または、1771年に起こった「明和の大地震」の際の津波によって打ち上げられたものと言われており、東平安名崎の魅力的な景観を特徴付けています。

出典:Rise / PIXTA(ピクスタ)

東平安名崎の沖に見える離礁は、「パナリ」と呼ばれる岩礁群。かつて聖地として崇められていたパナリには、大昔、村があったという伝説が残っています。東方沖に望むパナリに陸地があったかもしれないと思うと不思議な気持ちになりますね。

魅力④:遊歩道を散策 or 人力車で観光

出典:www.shutterstock.com

東平安名崎は、岬の途中にある駐車場から灯台まで遊歩道が整備されています。駐車場から灯台まではゆっくり歩いて10分ほどと、散策に最適。遊歩道脇には南国の植物が200種類以上も自生しています。岬の東西で雰囲気の異なる海の景色を見ながら、のんびりと南国のお散歩を楽しみましょう。

出典:www.shutterstock.com

上の画像は、岬の先端にある平安名埼灯台から、宮古島方面を見た景色です。メインの遊歩道はこのように舗装されているので、駐車場から灯台まで人力車の「灯八(とうや)」で観光することもできます。

岬に自生する植物群や津波石のことなどをユーモラスに紹介してもらえる人力車は、空いていて乗れればラッキー!地元の方にガイドをしてもらうと、思いがけない情報やネットには載っていないお話などを聞けてとても良い経験になります。

魅力⑤:マムヤのお墓

出典:Rise / PIXTA(ピクスタ)

遊歩道沿いある大きな岩は「マムヤのお墓」。巨岩をくりぬいた内側に、悲劇が語り伝えられるマムヤのお墓があります。『マムヤのあやぐ』という民話によると、絶世の美女であったマムヤは、妻子ある野城按司と恋仲になるも裏切られ、平安名崎の断崖から身を投げたと伝わります。

魅力⑥:平安名崎灯台

出典:www.shutterstock.com

岬の先端に建つ白亜の「平安名崎灯台」は、晴れた日には青空と白い灯台のコントラストがとてもフォトジェニック。美しい外観を堪能した後は、いよいよ灯台に登ってみましょう!灯台の上から見渡す景色はまさに息をのむほどの絶景。一面に広がる宮古ブルーの海を独り占めしているような気分を味わえます。

魅力⑦:東平安名崎見晴台から半島全体を見渡す!

出典:www.shutterstock.com

岬の入り口を左側に入る小道を上がった先にある絶景スポット、それが「東平安名崎見晴台」です。ここから見る景色は、宮古島を紹介するパンフレットなどで見たことがあるあの絶景!

東平安名崎見晴台からは、東シナ海に細長く突き出た半島の全景を見渡すことができます。東平安名崎の周りには美しい「宮古ブルー」の海が広がり、遠く半島の先には、灯台も小さく見えますね。半島とサンゴ礁の海と灯台が織り成す絶景は宮古島を訪れたなら是非見ておきたい景色のひとつ。ぜひとも寄り道してください!

◎アクセス・駐車場情報

東平安名崎へのアクセスは、宮古空港から車で30分あまり。東平安名崎だけでなく、宮古島の観光はレンタカーが便利です。県道235号の海岸線は、美しい景観や東平安名崎を望みながらドライブできてオススメ。

東平安名崎の無料駐車場には、複数のお店や自販機、トイレもあります。駐車場から先にはトイレがないので、ここで済ませてから散策しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

宮古島でおすすめの記事

宮古島のアクセスランキング