瀬戸内に浮かぶ現代アートの島!犬島で産業遺産と芸術に触れる観光の旅

画像出典:papilio / PIXTA(ピクスタ)

瀬戸内に浮かぶ現代アートの島!犬島で産業遺産と芸術に触れる観光の旅

瀬戸内海には700以上もの島があり、そのうち有人島に限っても約160にも及びます。今回ご紹介する犬島は、小豆島と岡山市の中間付近に浮かぶ島。岡山市の宝伝港か直島の家浦港からフェリーで渡ることができます。犬島は人口50人にも満たない小さな島ですが、近年は直島や小豆島などと並ぶ現代アートの島として注目されているんですよ!今回は、瀬戸内の新しい芸術鑑賞の観光名所である犬島の魅力をお伝えします。

目次

瀬戸内に浮かぶ現代アートの島!犬島で産業遺産と芸術に触れる観光の旅

目次を閉じる

1. 犬島アートプロジェクトについて

出典: cotaro70s

瀬戸内のアートといえば、2019年で4回目を迎える瀬戸内国際芸術祭が有名です。その第1回は2010年に開催されましたが、犬島ではそれに先立つ2008年に犬島精錬所美術館が開館!以来モダンアートの島として注目を集めています。

犬島アートプロジェクトは、香川県の直島とともに直島福武美術館財団が推進する芸術推進計画。その場所でしか見られない「サイトスペシフィック」な作品や施設を重視しているのが特徴です。すなわち、島の風景すべてがアートの源!島は小さいですが、散策するときは注意深く観察しないと、思わぬ作品を見逃してしまうかもしれませんよ。

2. 犬島精錬所美術館

出典: papilio / PIXTA(ピクスタ)

明治から大正にかけて、犬島は銅の精錬で栄えました。最盛期には島の人口は5千人以上にも達しましたが、第一次世界大戦の終結に伴って採算が取れなくなり、犬島精練所は大正14年(1925)に廃止となります。

あれから80年。精錬所の廃墟を利用して設立されたのが、犬島アートプロジェクトの中核をなす犬島精練所美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というテーマのもと、建築家三分一博志氏の設計により、2008年にオープンしました。

煙突や煉瓦をそのままデザインやアートに組み込み、電気を使わずに自然エネルギーだけで館内の環境を保っています。さらには土地に負荷をかけない植物を使った水浄化システムを採用するなど、単なる廃墟アートにとどまらない壮大さが感じられる美術館です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の岡山行き格安航空券

岡山でおすすめの記事

岡山のアクセスランキング