新日本海フェリーで北陸から北海道へ!贅沢便利なフェリー旅を体験
フェリーで行こう 最大1,000円お得なプラン

新日本海フェリーで北陸から北海道へ!贅沢便利なフェリー旅を体験

本州からフェリーで北海道に行ってみる旅はいかがですか?短時間で到着できる飛行機もいいですが、海を眺めながらのんびり楽しめるフェリーもおすすめです。自由に船内を移動することができて、飛行機より安く行けるのがお得なところ。今回は新日本海フェリーに焦点を当て、フェリー旅の魅力とその港情報についてお届けします。

▶ 敦賀⇔苫小牧のフェリーはこちらで検索・予約!

目次

[x] 閉じる

新日本海フェリーで北陸から北海道へ!贅沢便利なフェリー旅を体験

1. 新日本海フェリーとは?

新日本海フェリーは北陸・北近畿地方から北海道間を結び、1日1便運航している大型客船です。京都の舞鶴や新潟、北海道の小樽などにも港を構えています。今回ピックアップした航路は福井県の敦賀港から北海道の苫小牧東港までを結ぶ「すずらん」です。

約20時間におよぶ長旅ですが、実際に乗船してみるとあっという間。露天風呂付きの大浴場やおしゃれなレストラン、ホテルのような個室など、便利な設備や豪華な施設が完備されています。もっと乗っていたいと思えるくらい快適な船旅が楽しめますよ。

2. 敦賀港までのアクセス方法

敦賀港の最寄り駅はJR敦賀駅です。新大阪駅・名古屋駅・金沢駅から特急線を利用すると、約1時間30分で到着します。しかし駅から港までは離れているため、駅から移動する際はタクシーかバスを利用しましょう。タクシーの場合は約1690円です。所要時間は約10分で到着します。また、駅から車で移動する場合も、タクシー同様約10分です。

▶ 雰囲気バツグン!絶景ビーチや歴史的名所など敦賀の観光スポット8選

バスは敦賀駅前広場にある「6番バス乗り場」から運行しています。直行便のバスで所要時間は約15分。運賃は大人350円となっています。22時発の便しか運行しないため、間違えのないようにしてくださいね。なお、このバスは苫小牧東港行きの運航日のみ運行しています。送迎や港の見学のみなどで訪れる場合は注意しましょう。

3. 敦賀港について

敦賀港にある施設や設備について紹介します。建物はモダンな造りできれいです。1階にはレストランや売店、乗船手続きを行う受付窓口などがあり、2階は待機場所、3階はフェリー乗り場となっています。

■ 敦賀港外

敦賀港入口前にはバス・タクシー乗り場と駐車場があります。

駐車場はとても広いスペースなので、多くの車が駐車できるようになっています。車利用の乗船客も多いです。なお、ここは乗船や送迎といった短時間用の駐車場となっているため、お預かりや長時間の駐車はできません。

敦賀港に到着した乗船客が主に利用するタクシー乗り場。多くは敦賀駅へ移動しています。

敦賀港にあるバス乗り場は、敦賀駅へ行く便のみ運行しています。敦賀港に到着した時間に合わせて出発しているため、乗り場には時刻表がありません。

車用の入口です。北海道の土地を自分の車で移動することもできますよ。また、ここから乗船できるのはドライバーのみ。同乗者はフェリー乗り場から乗船します。

公衆電話や郵便ポストもあります。

■ 敦賀港 1階

1階にはレストランや売店、喫煙所や受付窓口など多くの施設や設備があります。乗船する方は出港時間の1時間前(GWや夏休み、年末年始の繁忙期は90分前)には到着してください。

受付窓口です。予約の確認や料金の支払い、乗船する際に必要な「e乗船券お客さま控」の発券・手渡しなどを行います。既に「e乗船券お客さま控」を持っている場合は受付窓口に行く必要はありませんが、割引できる証明書や予約変更による差額の返金など、必要な手続きがある場合は受付窓口に行きましょう。

見やすい電子案内板。車を利用しない乗船客は、出発の1時間15分早く船内に入ることができます。

有料充電器やタクシー会社へ連絡する専用電話もあります。

ドライバーは乗船せず、車のみを船で送る際に必要な「無人車航送申込書」を記入する台です。

喫煙所の外観です。透明でわかりやすい造りになっています。

中は広くゆっくりすることもできます。また、入り口の外にも灰皿がありますよ。

手前にドリンク類の自動販売機、奥にはコインロッカーがあります。

軽食コーナーではジンギスカンセットやヒレカツセット、平日限定のランチセットなどが食べられます。

軽食コーナーの奥には売店があり、お土産やスナック菓子などを販売しています。

■ 2階

2階には待機場所として多くのベンチがあります。お手洗いや自動販売機もありますよ。

反対側にもベンチがあります。

3階にあるフェリー乗り場へ行くエスカレーターです。乗船時間になるまで3階には行けません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

苫小牧でおすすめの記事

苫小牧のアクセスランキング