熊本だけじゃない!フェリーを使えば島原半島や天草諸島も観光可能!

熊本だけじゃない!フェリーを使えば島原半島や天草諸島も観光可能!

熊本といえば、九州でも人気の観光エリア!阿蘇の雄大な自然や、日本を代表する名城熊本城、馬刺しにラーメンなどの熊本グルメや可愛らしいくまモンなど、観光の魅力がいっぱいです。そんな熊本旅行で盲点なのが、有明海をちょっと渡ればそこは長崎県だということ。熊本港から熊本フェリーの高速船に乗れば、対岸の島原まではたったの30分!さらに足を延ばして、天草諸島や長崎の街の慣行もできちゃうんですよ。この記事では、そんな便利な熊本フェリーの利用情報と、島原・天草のおすすめ観光スポットをご紹介します!

▶ 熊本フェリーの検索・予約はこちら!

目次

熊本だけじゃない!フェリーを使えば島原半島や天草諸島も観光可能!

目次を閉じる

熊本フェリーの「オーシャンアロー」で島原に渡ろう!

熊本フェリーは、熊本港~島原外港の約20kmを結んでいます。同航路には九商フェリーという別のフェリー会社も就航していますが、熊本フェリーの所要時間は九商フェリーの半分の約30分!なぜこんなに時間の差があるのかというと、その秘密は熊本フェリーの所有する高速船「オーシャンアロー」号にあります。

オーシャンアローは石川島播磨重工業(現IHI)が開発した超細長双胴船で、カーフェリー級の規模をもつ高速旅客船としては日本で初めてのものです。ただ速いだけでなく、船内も快適!広々としたフロアで優雅にくつろぎながら、あるいは甲板で雄大な雲仙岳を望みながら、旅情そそられる航海が楽しめますよ。

◆運航ダイヤと料金について

熊本フェリー(オーシャンアロー)は、朝7:30の熊本発便から夕方17:30の島原発便まで、基本的に1日6往復運航されています。これに加えて、4~12月の土日祝日には熊本18:30発・島原19:20発の第7便が増便されます。

熊本~島原は利用客が比較的多いうえに、同じ航路に2社が就航していることから、料金が格段に安いのも大きな特徴!車長4m未満のコンパクトカーなら、運転手分の運賃込みで3,350円と、フェリーの一般的な相場に比べて破格のお値段なんですよ。往復してもリーズナブルなので、ご家族そろっての旅行にもお得でおすすめです。

(※情報は2019年5月現在のものです)

▶ 熊本⇔島原のフェリーの運賃や時間はこちらで比較!

まずは熊本港へ!

出典: 東奔西走 / PIXTA(ピクスタ)

ここからは、熊本港から島原外港までの実際のルートをトレースしてみましょう。熊本港は、熊本市街の西に突き出た人工島にあります。

◆熊本港へのアクセス

熊本港への行き方および所要時間は、車またはバスで以下のとおりです。

<車>
熊本駅前から    約20分
益城熊本空港ICから 約40分
熊本空港から    約50分

<バス>
熊本駅前2番のりばから九州産交バス     約30分
熊本交通センター2番のりばから九州産交バス 約40分

なお、車両ごと運搬する場合は、出航の20分前までに乗船手続きを済ませてください。

◆熊本港ターミナルはこんな感じ

熊本フェリーも九商フェリーも使用するターミナルは同じです。

駐車場は両社別で、ターミナルの建物を通り過ぎて手前が熊本フェリー、奥側が九商フェリーとなります。

ターミナルの建物では、セーラー姿のくまモンがお出迎えしてくれますよ!

チケット窓口は、両社隣り合わせになっています。

ウッド調のターミナルの2階には、ゆったり座れる待合室もあります。

ターミナルにはカフェや売店もあったのですが、私が始発便に乗る前と終便で戻ってきたころは、残念ながら営業時間外で閉まっていました^^;

徒歩の方は、こちらのゲートからいざ搭乗です!車の方は、駐車場に戻って車内で待機しましょう。

30分の高速船の旅

オーシャンアローの船内は2階建てになっています。こちらは1階の一般席。高速バスのようなゆったりひじ掛け付きのシートで、窮屈感はありません。

さらにプラス400円で、リクライニングの付いた豪華なスペシャルシートが利用できます。予約は必要なく、受付も支払いも当日の船の中で行います。

スペシャルシートの利用者には、平日限定でソフトドリンクの無料サービスも!

景色に加えて、ドリンクや軽食を楽しみながらの船旅もおすすめですよ。

カウンターバー(売店)ではサンドイッチなどの軽食やスナック類、アイスにお菓子と、いろいろ販売されています。フェリーのオリジナル商品やくまモングッズなどもあるので、お土産探しにも利用できます。

スイーツメニューも、充実していておすすめです!

そしてこちらが2階のようす。

2階はテーブル席を中心としたラウンジのような造りになっています。奥の壁にはモネの睡蓮も飾られていてゴージャスですね!

船内はもちろんWi-Fiも完備です。

出典: ぴー / PIXTA(ピクスタ)

天気が良ければ行きは遠く阿蘇の山並みまで、

出典: y.u-stable / PIXTA(ピクスタ)

帰りは雲仙岳に連なる山々を仰ぐことができますよ!

▶ 熊本⇔島原のフェリーを今すぐ比較・予約!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

南島原でおすすめの記事

南島原のアクセスランキング