種子島のレンタカー情報|借り方・乗り捨てのハウツー、運転のアドバイス

種子島のレンタカー情報|借り方・乗り捨てのハウツー、運転のアドバイス

宇宙に一番近い種子島を気ままに回るならレンタカーがおすすめ!美しく広大な種子島宇宙センターへ行くのもレンタカーなら快適です。ユニークな岩肌、海蝕洞や奇岩の景勝地が続く海岸線など、好きな場所で停まって写真を撮れるのもレンタカーの特権。今回は、鹿児島や屋久島から種子島へ高速船で渡ってレンタカーを手配する、という想定で、レンタカーの借り方や道路情報、乗り捨て、ガソリンスタンドなど、種子島でのレンタカーのハウツーをアドバイス。ドライブ中の「楽しみ」についてもご紹介します。

▶鹿児島・屋久島・種子島をフェリーで往来するならskyticketフェリーでかんたん予約!

目次

[x] 閉じる

種子島のレンタカー情報|借り方・乗り捨てのハウツー、運転のアドバイス

1.運転のしやすさ

種子島の形は、南北に長くて全体的に平坦なのが特徴。低い山や丘はありますが、高い山がないため高低差が緩やかです。また、ほとんどの道路は片側一車線で対面通行が可能。大きなカープもあまりないため、初心者ドライバーでも安心して運転できるでしょう。

標識や案内表示が丁寧な上、レンタカーにはほとんどナビが付いているため迷う心配もありません。

種子島の西海岸は東シナ海、東海岸は太平洋に面しています。ドライブしながら見る海岸線の景色は美しく、至る所に展望所や案内板が設置されていてとても親切。車から降りて写真を撮りながら休憩できる場所もたくさんあります。

2.海の玄関口「西之表港」でレンタカーを借りる。

種子島の海の玄関口は、北西部にある西之表(にしのおもて)港。ここには、種子屋久高速船とフェリーが発着するターミナルがあります。

▶種子屋久高速船で種子島・屋久島へ!トッピー&ロケット、アクセス徹底解説

種子屋久高速船ターミナル内に「オリックスレンタカー」のカウンターがあるので、オリックスレンタカーを例に種子島でレンタカーを借りる流れをご説明します。

まずは、カウンターで手続きしましょう。

高速船ターミナルの隣にフェリーターミナル、道路をはさんだ北側にはロケットのオブジェが目印の駐車場があります。その右奥に見える青い屋根の「みやげ品センター」周辺が、多くのレンタカー会社共用の駐車場になっています。

オリックスレンタカーの場合は、スタッフと一緒にそこまで歩き、レンタカーのキズ等の確認共有をして、キーを受け取れば出発!

ほかのレンタカー会社でも、ほとんどターミナルまで迎えに来てくれます。送迎車で移動するレンタカー会社の場合は、待ち合わせ場所でスタッフと合流して営業所へ移動し、レンタカーの手続きをします。

3.西之表港と種子島空港で、「乗り捨て」できる?

種子島への行きと帰りで船と飛行機を使い分ける場合には、「乗り捨て」ができるかどうか?は重要なポイントです。

オリックスレンタカーをはじめ「西之表港⇔種子島空港」間は、ほとんどのレンタカー会社が乗り捨て無料になっています。予約の際には料金だけでなく、諸条件や保険等もきっちり確認しておきましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

種子島でおすすめの記事

種子島のアクセスランキング