種子屋久高速船で種子島・屋久島へ!トッピー&ロケット、アクセス徹底解説

種子屋久高速船で種子島・屋久島へ!トッピー&ロケット、アクセス徹底解説

種子島と屋久島へのアクセス方法として一般的で手軽に利用できるのが「種子屋久高速船」です。種子屋久高速船で使用している船は、海面から浮上して時速80kmで航行するジェットフォイルという水中翼船!この珍しいジェットフォイルに乗って、桜島や開聞岳を眺めながら種子島、屋久島へ渡ってみませんか?ここでは種子屋久高速船の魅力、鹿児島空港や鹿児島中央駅からのアクセス方法、予約や搭乗手続き、船内の設備と様子など、種子屋久高速船について詳しくご紹介します。

▶skyticketフェリーでかんたん予約!
※skyticketフェリーは現在、種子屋久高速船の予約を調整中です。

▶種子屋久高速船の公式サイトから予約!

目次

[x] 閉じる

種子屋久高速船で種子島・屋久島へ!トッピー&ロケット、アクセス徹底解説

1.「種子屋久高速船」どう読むの?

「種子屋久高速船」は簡単な漢字でありながら「どう読むの?」と思った方はいませんか?

実は、種子島(たねがしま)と屋久島(やくしま)へ行く高速船だから、何の疑問を感じることもなく「たねがやく」と読んでいたんです。実際に乗って船内の放送を聞いたときに、えっ?と気付き、改めて確認!

「種子屋久」は「たねやく」、「種子」は「たね」と読むんですね ^^;

2.種子屋久高速船の魅力|時速80kmのジェットフォイル<水中翼船>

鹿児島~屋久島~種子島をトライアングルで結び、利便性の良い足として鹿児島県民や観光客に親しまれている種子屋久高速船は、ジェットフォイルという水中翼船で運航しています。

出典: show999 / PIXTA(ピクスタ)

ジェットフォイルは、高速航行時には水中翼の揚力で海面から浮上し、推進機によって吸い込まれた海水をウォータージェットとして後方に噴射する推力で航走する仕組み。このことから「海を飛ぶ船」とも呼ばれています。現在、日本で運航しているジェットフォイルは、わずか20隻ほど。珍しいので、ぜひ乗ってみてください。

高速航行時には浮上して航行するジェットフォイルですが、低速時は普通の船と同じように浮かんで進みます。航行は非常にスムーズで、いつ浮上したのか?いつ着水したのか?など全く気付きませんでした。

3.種子屋久高速船|トッピー&ロケット

種子屋久高速船は、6隻のジェットフォイルを保有しています。屋久島名物のトビウオから名付けられた「トッピー」が3隻、種子島らしいネーミングの「ロケット」が3隻の合計6隻です。

船体のカラーは、「トッピー2」がグリーン、「トッピー3」はイエロー、「トッピー7」はピンク。

ロケットは1~3の3隻とも、カラフルなイメージです。どの船に乗れるのかは、乗船する時のお楽しみ!

乗船したら、スーツケースを荷物置き場に置いて、指定の席に座ります。

2Fへは階段を上り下りしなければならないため、不安な方は1F席がおすすめ。荷物置き場は2Fにもありますが、荷物が重い場合は1Fの荷物置き場を利用するとラクです。

種子屋久高速船では基本的に、航行中は常時シートベルトの着用が義務付けられています。そのため、全席指定。着席したらシートべルトして出航に備えましょう。

いよいよ、鹿児島を出港!桜島や開聞岳、本州最南端である大隅半島の佐多岬などの景色を見ながらクルージングで寛ぎ、のんびりしたひと時を過ごしましょう。ちなみに航行中は船外へ出られないため、デッキなどはありません。

出航して45分くらい経過した頃でしょうか。「大隅海峡にはクジラがいるため、低速航行します。」というアナウンスが流れました。しかし特にスピードが落ちた体感はなく、変わらず高速で進んでいるように感じました。気になってしばらく海面を凝視してしましたが、クジラを見かけることは....。

それはさておき、ほぼ定刻に到着。大隅海峡での低速航行は、きっと織り込み済みですね。

航路によって50分から2時間ほどのクルーズタイムは、あっという間。中央部に屋久島や種子島のガイドブックが掛かっているので、観光コースを練るのに利用できます。

ジェットフォイルは揺れる?と心配する声も聞かれますが、実際に乗った感想としては、ほとんど揺れを感じることはありませんでした。逆に「シートベルトなんて大げさで不要では?」とも思いましたが、船内放送で「何かを避ける際など、急旋回や急減速することがあるための安全対策」と説明があり、納得!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の種子島行き格安航空券

種子島でおすすめの記事

種子島のアクセスランキング