種子屋久高速船で種子島・屋久島へ!トッピー&ロケット、アクセス徹底解説

種子屋久高速船で種子島・屋久島へ!トッピー&ロケット、アクセス徹底解説

GoToキャンペーンバナー

種子島と屋久島へのアクセス方法として一般的で手軽に利用できるのが「種子屋久高速船」です。種子屋久高速船で使用している船は、海面から浮上して時速80kmで航行するジェットフォイルという水中翼船!この珍しいジェットフォイルに乗って、桜島や開聞岳を眺めながら種子島、屋久島へ渡ってみませんか?ここでは種子屋久高速船の魅力、鹿児島空港や鹿児島中央駅からのアクセス方法、予約や搭乗手続き、船内の設備と様子など、種子屋久高速船について詳しくご紹介します。

▶skyticketフェリーでかんたん予約!
※skyticketフェリーは現在、種子屋久高速船の予約を調整中です。

▶種子屋久高速船の公式サイトから予約!

目次

種子屋久高速船で種子島・屋久島へ!トッピー&ロケット、アクセス徹底解説

目次を閉じる

1.「種子屋久高速船」どう読むの?

「種子屋久高速船」は簡単な漢字でありながら「どう読むの?」と思った方はいませんか?

実は、種子島(たねがしま)と屋久島(やくしま)へ行く高速船だから、何の疑問を感じることもなく「たねがやく」と読んでいたんです。実際に乗って船内の放送を聞いたときに、えっ?と気付き、改めて確認!

「種子屋久」は「たねやく」、「種子」は「たね」と読むんですね ^^;

2.種子屋久高速船の魅力|時速80kmのジェットフォイル<水中翼船>

鹿児島~屋久島~種子島をトライアングルで結び、利便性の良い足として鹿児島県民や観光客に親しまれている種子屋久高速船は、ジェットフォイルという水中翼船で運航しています。

出典: show999 / PIXTA(ピクスタ)

ジェットフォイルは、高速航行時には水中翼の揚力で海面から浮上し、推進機によって吸い込まれた海水をウォータージェットとして後方に噴射する推力で航走する仕組み。このことから「海を飛ぶ船」とも呼ばれています。現在、日本で運航しているジェットフォイルは、わずか20隻ほど。珍しいので、ぜひ乗ってみてください。

高速航行時には浮上して航行するジェットフォイルですが、低速時は普通の船と同じように浮かんで進みます。航行は非常にスムーズで、いつ浮上したのか?いつ着水したのか?など全く気付きませんでした。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の種子島行き格安航空券

種子島でおすすめの記事

種子島のアクセスランキング