海外航空券はどうやって購入する?安いチケットの取り方をお教えします

画像出典:Scanrail / PIXTA(ピクスタ)

海外航空券はどうやって購入する?安いチケットの取り方をお教えします

GoToキャンペーンバナー

飛行機の航空券の購入は、電車やバスの乗車券に比べて慣れるまでは不安ですよね。どのように選んだらよいのか、あるいはどのように購入したらよいのか。また、少しでもチケット代を安く抑えるにはどうしたらよいのかなど、気になる点がいろいろあります。今回は、航空券の取り方とコツについて説明します。

目次

海外航空券はどうやって購入する?安いチケットの取り方をお教えします

航空券の購入方法は大きく分けて3通り

かつては航空券といえば、旅行代理店を通じて手配するのが主流でした。ですがインターネットが普及した今日、個人がオンラインで購入する方がメジャーとなりつつあります。現在では、航空券の取り方は大きく次の3つの方法に分けられるでしょう。

◆旅行代理店の窓口を訪ねて購入する

昔ながらの方法ですが、今なお根強い需要があります。一番のメリットは、何といっても経験豊富なスタッフに相談しながらプランや飛行機を選べるということ。とくに海外旅行の経験の少ない人にとっては、チケットを手配する手間が省けたりアドバイスを受けられたりするのは大きなメリットです。

また、ちょっとわがまま気味にお願いしたとしても、代理店のスタッフはにこやかに希望に沿った航空券を探してくれることでしょう。旅程も定まっていない段階から気軽に相談できるという安心感もります。

ただし、購入までにコストがかかっている以上、オンライン予約などに比べてチケット代が割高になってしまうのは仕方のないところです。また、店舗を訪ねて航空券を受け取らなければならないという手間もあります。

◆航空会社のHPで直接申し込む

航空会社から直に購入すれば、中間業者を通すよりも安くチケットを手配できる可能性があります。また、タイミングによっては各航空会社が実施する独自キャンペーンなどの割安航空券を利用することもできます。その航空会社の飛行機の席を直接押さえるわけですから、トラブルが最も起こりにくいのもこの方法といえます。

デメリットは、当然ながらその会社の便しかとることができないという点です。就航している会社が限られていたり、特別その航空会社にこだわりたい理由があれば別ですが、国際便では複数の選択肢があることが普通です。したがって他の便やルートも含めた相場の価格を調べてからでないと、より安い航空券があるのに見逃してしまうこともあり得ます。

◆予約サイトを利用する

航空券予約サイトを利用すれば、多くの航空会社やルートを比較・検討し、その中から条件に合った割安のチケットを見つけ出すことができます。各社それぞれチケット料金を安く抑える工夫をしているので、航空会社で直接申し込むのとほとんど変わらない価格で購入することができます。

また、同じ便でも予約媒体によってチケット代が異なることが往々にしてあるので、各予約サイトの価格をさらに比較するメタサーチと呼ばれるサービスを行うサイトもあります。日本では、スカイスキャナーというメタサーチが最も知られています。こうしたサイトを駆使すれば、容易に最安値の航空券を見つけ出せるでしょう。

デメリットは、サイトごとに支払い方法や手数料、キャンセルの条件などが大きく異なるので、慣れていないと混乱やトラブルにつながりやすいことです。利用する際は予約前に、ひと通りの要件を確認しておくことが大切です。

航空会社のHPでの航空券の取り方

では実際の航空券の購入はどのようにするのでしょうか。まずは航空会社のHPから予約する手順を、JALの公式サイトを例に見ていきましょう。

まずは目的地と日程を入力して、検索ボタンをクリックします。

ここでは国際便のなかから、台北を選んでみます。

便数の多い区間だと、このように選択肢やプランもたくさん出てきます。どれを選ぶかで金額に大きな差があることが分かります。

往復の場合は行きと帰りの便をそれぞれ選んで、次に進みます。

利用者の情報を入力したら、予約は完了です。この後、購入手続きが終われば、オンラインでチケットが発行されます。

また座席指定が可能なプランであれば、購入手続きの前後に選択画面を開くことができます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

航空券でおすすめの記事

航空券のアクセスランキング