北海道の味を届けたい!新千歳空港の人気お土産決定版まとめ16選

画像出典:yoppy

「新千歳空港」は北海道の空の玄関口。北海道の名物や名店のスイーツ、グルメのお土産がたくさん揃うスポットです。新千歳空港でのお土産巡りは、旅の最後の一大イベントといっても過言ではありません。定番のお土産はもちろん、新千歳空港でしか購入できない限定のお土産も多数あるので、旅の最後には外せないお土産スポットでもあります。今回は新千歳空港でおすすめのお土産を様々なジャンルから厳選しました。

[x] 閉じる

北海道の味を届けたい!新千歳空港の人気お土産決定版まとめ16選:目次

1.白いブラックサンダー

今、新千歳空港で人気急上昇中のお土産が、有楽製菓から発売されている「白いブラックサンダー」。全国のコンビニでも発売されている人気商品「ブラックサンダー」のホワイトバージョンで、北海道限定で発売されている人気のお土産です。

「ホワイトサンダー」ではなく、「白いブラックサンダー」と名づけられた「ブラックサンダー」のホワイト版。ココアクッキーのクランチをホワイトチョコで包み、まろやかなチョコとザクザクとしたクッキーのバランスがマッチして美味しいです。通常サイズだけではなく箱入りやミニサイズもあり、お土産をあげるシーンに応じて購入することができますよ。

インターネットの通販でも「白いブラックサンダー」を箱単位で販売していますが、ネット販売のものと北海道限定のものでは仕様が違います。北海道のお土産店で販売している「白いブラックサンダー」は、北海道に行かなければ手に入らない特別なお土産品なのです。

2.ロイズ ポテトチップチョコレート

ロイズで看板商品のお土産と言えば、塩味と甘さが融合することで格別な味を生み出す、新千歳空港でも人気商品の「ポテトチップチョコレート」です。メディアにも多く紹介され、ハマる人続出の話題商品なので知っている方も多いでしょう。

じゃがいもを薄切りにスライスし、そのまま揚げたものにまろやかなチョコレートを包んだものです。波型にカットされたポテトチップスは、断面も分厚く食べ応えがあります。味は定番のオリジナルチョコ以外にも、キャラメルや少し苦めのマイルドビターなども。新千歳空港のターミナル内の直営店や売店でお土産として購入可能です。ぜひお店でチェックしてみてくださいね。

3.ロイズ 生チョコレート

ロイズの定番のお土産として新千歳空港で人気の「生チョコレート」。シンプルなこの生チョコレートは、多くの人々から親しまれお土産として屈指の人気を誇っています。こだわりの特製ミルクチョコと、北海道産の生クリームを合わせて作られているため、濃厚でまろやかな味わいに仕上がっていますよ。食感はしっとりとしていて重厚感を感じるでしょう。口の中でゆっくりとろける上品な後味を残します。

おすすめの食べ方は室内にしばらく置いてから食べることです。生チョコレートを室温により近づけると、口どけがさらにまろやかになります。ロイズの定番の味「生チョコレート」をぜひ新千歳空港で購入して、旅の帰りを待つ家族や友人に、このまろやかな至福の味を届けてみませんか?

4.白い恋人

「白い恋人」は昔から愛され続けている北海道の定番のお土産。白いクッキーの周りにきれいな焼き色をつけたサクサクのクッキー「ラングドシャ」に、自家製のホワイトチョコレートをはさんだものです。まろやかでほんのり甘い味わいになっています。60年以上と愛され続けている変わらない美味しさです。

この変わらない伝統の味には、職人のこだわりがたくさん詰まっています。生地に生クリームを加えるタイミングが違うだけで、クッキーのサクサク感が変わってくるなど、一つ一つの作業が気をぬくことなく丹精込めて作られているのです。職人のこだわりが詰まった伝統ある味は、お土産には欠かせません。ホワイトチョコレートとブラックチョコレートの2つのタイプが入ったセットがおすすめですよ。

新千歳空港内では「白い恋人ソフトクリーム」も販売しているので、これも要チェックです!北海道産の生乳と「白い恋人」のホワイトチョコレートを混ぜ合わせて作られたものなので、すっきりまろやかな味わいを楽しむことができます。北海道旅行のお土産の味として、その場で味わってみるのもおすすめです。

5.マルセイバターサンド

新千歳空港でのお土産の中でも首位を競うほど人気を誇るのが、六花亭の「マルセイバターサンド」です。これを買っておけば間違いなしな北海道の人気かつ定番のお土産となっています。4個入りのお手軽のセットから大容量のものまで幅広く用意しているので、自分へのごほうびや、職場・学校に持っていくなど様々なシーンに合わせて選ぶことができますよ。

自家製の小麦粉で作られたビスケットにホワイトチョコとバター、レーズンで作られたクリームをはさんだものです。バターは北海道産生乳100パーセントを使用。食べればまろやかで芳醇な味わいに思わず虜になってしまいます。涼しい場所で9日から10日保存できるので、帰ってからもゆっくり少しずつ味わえますね。

6.ドゥーブルフロマージュ

一口食べれば至福の味が口の中で広がると、特に女性に人気の小樽銘菓「ドゥーブルフロマージュ」。やわらかな丸いフォルムが可愛らしく、見た目からふわふわ感を感じます。食感も見た目通りふわふわのスポンジと、口どけのいいミルク感たっぷりのクリームが口の中に入れた瞬間とろけますよ。

特徴は2層に分かれていること。上の層にはイタリア産マスカルポーネチーズを使用し、このチーズを冷やして固めることでほんのり甘くミルキーな仕上がりになっています。下の層はオーストラリア産のクリームチーズを約50%も使用し、ベイクドにしているのでしっとりとコクのある味わいを楽しめるでしょう。この2つを合わせて食べることで、しっとり芳醇なハーモニーを生み出しているのです。

7.ドラえもんたい焼き

お子さんには特に喜ばれること間違いなしの、新千歳空港でしか食べることのできない「ドラえもんたい焼き」が今人気のお土産になっています。国民的人気キャラクター「ドラえもん」がかたどられたこのたい焼きは、他では見ることができない新千歳空港限定品です。新千歳空港のスカイパークカフェで食べることができ、テクアウトも可能なためお土産としておすすめですよ。

新千歳空港内にある「ドラえもんわくわくスカイパーク」で販売されています。そのフォルムを見て思わずお土産として買って帰るお客さんも多いです。みんなが大好きなドラえもんのお土産は、お子さんからお年寄りの方まで幅広い世代の方に親しまれています。賞味期限が購入日当日と日持ちは長くないので、帰り際に新千歳空港で購入したらすぐ渡して召し上がりましょう。

8.夢ぷくぷく

新千歳空港限定の和菓子のお土産も豊富にあります。「北菓楼」の「ぷくぷく丸」も新千歳空港限定のレアなお土産。北海道産のもち米と100%十勝産の小豆を取り入れているおまんじゅうで、一口サイズが可愛らしくて食べやすいと好評です。種類は「ごまのこしあん」と「よもぎのつぶあん」の2種類。どちらも小さいサイズですが満腹感の得られる一品です。

温めると中のあんこがとろーりとして、ホクホク食べることができます。時間帯によっては、出来立てのものが並べられている時もありますよ。あんこを使ったお土産はお子さんからお年寄りまで幅広い世代の方に喜ばれるお土産なので、ぜひ旅の余韻に新千歳空港で買ってみてください。

9.メロン熊グッズ

夕張市のゆるキャラ「メロン熊」は、「全然ゆるくない」と評判の人気ゆるキャラです。そのゆるキャラらしからぬ風貌は、口コミで広がり話題になり現在人気急上昇中。「夕張の美味しいメロンを食い荒らして変貌したフルーツアニマル」という細かな設定がされ、北海道の中でも異端児という扱われぶりです。

今話題の「メロン熊」には様々なグッズがあり、定番のストラップやマグネット、靴下などがあります。伸びる熊の手やサシホルダーなど、実用性も備えたグッズもあり面白いですよ。マスクはメロン熊の鼻と口が描かれていて、かけるとメロン熊風の顔になってしまう面白いグッズです!旅の思い出に新千歳空港でメロン熊グッズをお土産として持ち帰れば、盛り上がること間違いないでしょう。

10.じゃがポックル

北海道のお土産と言えば、新千歳空港でもこの「じゃがポックル」は外せないでしょう。一時はお店から在庫がなくなったというほどの人気ぶりで、他の有名なお土産に負けず劣らず、定番土産になっています。カルビーが「ポテトファーム」というブランド名で作っているスナック菓子で、素材や製法にこだわり抜いた北海道ならではの一品です。

使われているじゃがいもはもちろん全て北海道産。皮をそのままにカットされ、じゃがいものそのままの旨味を生かしながら作られているものです。外はカリッと中はホクホクとした食感を味わうことができます。

味付けにもこだわりが詰まっていますよ。サロマ湖産のオホーツクの焼塩と昆布エキスパウダーを合わせたものを使用し、調味料まで全て北海道産という徹底ぶりが、多くのお客さんを魅了させる人気の秘訣です。お子さんも大人も大好きなスナック菓子、小袋で配りやすいという面もあります。新千歳空港でお土産を選ぶ際に忘れてはならない一品です!

11.花畑牧場 生キャラメル

花畑牧場の有名な「生キャラメル」も新千歳空港で買うことが可能です。種類は豊富でプレーンやチョコレート、メロンやいちごなどがあって、新千歳空港限定では「ハスカップ味」の生キャラメルも用意されています。2011年から5年間毎年モンドセレクションで金賞を受賞していて、味も折り紙付きです。

この生キャラメルは職人のこだわりが詰まっていて、キャラメルに使用している食材にはニュージーランド産の厳選したはちみつと北海道産の中から厳選された牛乳と生クリームを使っています。火にかけるときも約40分間手を休めることなく、均等に煮詰めていくという徹底したこだわりが、このキャラメルの濃厚な味を生み出しているのです。

また、新千歳空港限定で「ホットキャラメルソフトクリーム」を販売しているので、お土産を買う際にぜひ試してみてください。花畑牧場の「生キャラメル」、新千歳空港でチェックすべきお土産として外せない一品になっています。

12.きのとや 焼きたてチーズタルト

年間約600万個も販売され、メディアでも取り上げられるほどの根強い人気を持つ「きのとや」の「焼きたてチーズタルト」。「新千歳空港職員が選ぶ、自腹でも買いたいお土産スイーツNo.1」に選ばれるほど話題のスイーツです。新千歳空港1店舗からはじまり、全国の北海道物産展で期間限定で販売されていたものを新千歳空港店の店長が改良に改良を重ね、誰からも愛されるスイーツへと成長させました。

タルト生地は二度焼きをすることにより、サクサクの食感を実現。チーズムースは軽い風味の函館産のチーズと濃厚な別海産のチーズを3種類ブレンドすることにより、チーズ本来の味を引き立たせています。さくっとした生地と、とろっとしたチーズムースのコンビがたまらない一品になっています。

また、食べ方によって様々な味の楽しみ方ができるのも魅力の一つです。まず、美味しさが凝縮されている冷凍のチーズタルトをオーブントースターで温めることにより、さくっとした生地ととろっとしっとりしたムースの焼きたてそのままの美味しさを味わうことができます。

冷蔵庫で解凍することにより焼きたてとはまた違い、ムースの重厚感を楽しむことができますよ。冷凍のままだと、しっとりしたアイスのような食感を楽しむことができるのです。二通りも三通りも楽しめる人気のお土産。家族や友人にも届けたくなってしまう極上のスイーツです。

13.ポテトファーム ほっとポテト

「じゃがポックル」で有名なブランド、カルビー「ポテトファーム」が販売しているポタージュスープ「ほっとポテト」も北海道のお土産として人気です。新千歳空港でおすすめの商品になっています。かさばらないので、まとめ買いをして気軽に持って帰れますよ。

北海道産のじゃがいもを100%使用し、男爵いもを裏ごしをするなど1つ1つの作業を丁寧にこだわり抜いているので、じゃがいもの素材をそのまま堪能することができるんです。じゃがいものほくほく感と、とろりとした食感を楽しむことができます。

シンプルであるゆえにアレンジが自由自在。自分好みのオリジナルの料理で楽しむことができます。つぶして「マッシュポテト」にしたり、お鍋で野菜と一緒に煮込むだけで「シチュー」が完成したり、オリジナルの味を作ることで魅力が多彩に広がるでしょう。

14.本日のスープカレーのスープ

自分で様々なアレンジができると人気のお土産が、「本日のスープカレーのスープ」という名前のスープの素です。北海道ではおなじみの大泉洋さんがプロデュースした商品で、北海道のご当地グルメでもあるスープカレーそのままの味を楽しむことができます。この商品は具は一切入ってなくスープだけなので、自分で好みの具を入れるなどアレンジが無限にできるのが魅力です。

このスープカレーにはこだわりがたくさん詰まっていて、ダシは鶏がらや野菜でじっくりと旨みを引き出し、数10種類のスパイスをブレンドさせた至極の逸品。北海道ならではの本格的なカレースープを持ち帰ることができ、新千歳空港でも多くの観光客から好評です。このスパイシーなスープに入れるおすすめの具材は鶏肉と、素揚げした野菜が良く合いおすすめです。

公式のサイトでもおすすめのアレンジレシピや、お客さんの実際に試して美味しかったレシピが載っているので食べる際にはぜひ参考にしてみてください。味わいの楽しみ方が広がりますよ!

15.カップシュー 夢風船

「夢不思議」などのシュークリームで屈指の人気を誇る和洋菓子店「北菓楼」。新千歳空港限定で発売されているお土産が、カップで楽しめるシュークリーム「夢風船」です。その名の通り、風船のようにふくらんだシュー生地と甘さ控えめのクリームが可愛らしいカップの中に入っています。新千歳空港の職員の方にもファンがいて、リピート買いする人も多いのだとか。

この「夢風船」は何層にも味を楽しめることが魅力です。シュー生地にかかる砂糖の結晶「フォンダン」のカリッとした食感と、シンプルな甘みのクリームとバランス良く絡み合います。シュー生地は外はカリッと中はもっちりしていて下に食べ進めていくとしっとりとした食感を楽しむことができ、全てが絶妙に融合され芳醇な香りが口の中で広がる極上スイーツです。

新千歳空港内ではイートインスペースがあり、無料のコーヒーをサービスで提供しています。その場で味わうのもおすすめです。消費期限が当日のため、帰り際に新千歳空港のお土産店に立ち寄ることをおすすめします。

16.開拓おかき

シュークリームで有名な「北菓楼」ですが、「開拓おかき」も新千歳空港でお土産に購入する観光客が多く、定番のお土産になっています。観光客だけではなく北海道民のファンも多く、長年愛され続けています。職人のこだわりがたっぷり詰まっていて、なんと7日間もの手間暇をかけて作られているのです。

もち米を丁寧に研ぎ、釜で炊き上げ、各種類の味を練り上げる作業に1日を費やすほどのこだわりぶり。約5日間の乾燥工程に入り、冷蔵室で3日間寝かせ、上質なおかきが出来上がります。おかきに使用するもち米は、北海道産でおかきに最適な粘りとコシが「開拓おかき」でしか味わえないもっちり感を表現することができるのです。

味のバリエーションも多彩。ホタテや甘エビ、秋鮭や柳だこなど選ぶのが楽しくなってしまいます。わさびやたらこなど、北海道の各地の名物や名産品とコラボした味も豊富に揃っているので、北海道に行くたびにどの味を持ち帰ろうかワクワクする新千歳空港おすすめのお土産です。

◎まとめ

魅力的なお土産ばかりで、思わず北海道への旅を計画してしまいたくなるくらい北海道のお土産には魅力がたくさん詰まっています。どれもお客さんに北海道の味を楽しんでもらいたい、帰ってからも北海道での楽しかった旅を思い出してほしいという思いが詰まっているため、北海道に対する愛着がさらに湧いてきますね。ぜひ旅の締めくくりには新千歳空港でのお土産巡りを楽しみましょう!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の千歳行き格安航空券

千歳でおすすめの記事

千歳のアクセスランキング