梓川と穂高連峰の絶景!日本屈指の山岳景勝地「上高地」の観光スポット

画像出典:オフィスK / PIXTA(ピクスタ)

梓川と穂高連峰の絶景!日本屈指の山岳景勝地「上高地」の観光スポット

中部山岳国立公園の景勝地として有名な「上高地」は、長野県中西部に位置する日本屈指の山岳リゾート。北アルプスの穂高連峰・焼岳・六百山・長塀山などに囲まれた、標高1500m前後の高地に広がる盆地です。一般的に上高地の観光エリアは、大正池から梓川(あずさがわ)上流の横尾までの約10km。その中間地点の河童橋周辺が上高地観光の基地であり、最もにぎやかな場所になっています。きれいな空気に包まれ、すがすがしい空間を堪能できる上高地。黒部峡谷とともに、国の特別名勝・特別天然記念物に指定された日本の宝ともいえる山岳景勝地です。

目次

梓川と穂高連峰の絶景!日本屈指の山岳景勝地「上高地」の観光スポット

目次を閉じる

1. 河童橋

出典: Bull / PIXTA(ピクスタ)

上高地バスターミナルに到着した観光客が目指すのは、上高地を代表する観光スポット「河童橋(かっぱばし)」。芥川龍之介の小説『河童』の舞台になったことでも知られています。河童橋は今までに4回架け替えが行われ、現在の橋は1997年に完成した5代目。穂高連峰の雄姿と河童橋のコラボレーションをカメラにおさめたら、河童橋を渡ってみましょう。

透き通る水が清らかな梓川、西穂高岳から奥穂高岳へ続く険しい峰、奥穂高岳と前穂高岳を結ぶラインが美しい吊り尾根、壮大な岳沢(だけさわ)カール。訪れる観光客を感動させ、ため息が出るほどの絶景がここにあります。

2. 焼岳と大正池

出典: オフィスK / PIXTA(ピクスタ)

「焼岳(やけだけ)」は、2018年5月現在「噴火警戒レベル1」の活火山。上高地へ向かうバスターミナルがある平湯温泉など、多くの温泉の源になっている標高2455mの山です。現在は安定しており日帰り登山ができる山として人気がありますが、ヘルメットを持参して火山ガスの噴出に気を付けて登るようにしましょう。

出典: オフィスK / PIXTA(ピクスタ)

1915年に起きた焼岳の大噴火の際、梓川が堰き止められてできたのが「大正池」です。水没して立ち枯れた木々が幻想的でしたが、現在は少なくなってしまいました。

大正池は時間や太陽の光によって色を変え、鏡のように山々を映す美しい池です。上高地の入り口付近にある大正池も、河童橋と並んで上高地を代表する観光スポットのひとつ。河童橋から梓川下流方面に位置し、徒歩で行く場合は1時間あまりかかります。上高地への往路に寄るか、バスやタクシーを利用してもよいでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

上高地でおすすめの記事

上高地のアクセスランキング